首都圏版 関西版 東海版
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. インバウンド需要で急上昇! 大阪「心斎橋」東西南北のグルメ事情

インバウンド需要で急上昇! 大阪「心斎橋」東西南北のグルメ事情

2017-12-26 12:22:57.0

Photo by iStock.com/bee32
大阪の中心地であり、関西随一の繁華街「心斎橋」。老若男女の人たちが行き交い、最近では海外からの来日客が増え続けている観光地です。飲食店の需要も高く、以前よりも増して激戦化。今回の物件タイムズでは、そんな大阪のミナミ=心斎橋の魅力をご紹介します。

メインストリートは心斎橋筋商店街

面長の大阪府を頭上から見下ろすと、心斎橋は真ん中辺りに位置します。北を向けば「グランフロント」のある梅田、南を向けば「あべのハルカス」のある天王寺、両者の中継地となっていることも、多くの人たちが訪れる理由です。

特に賑わっているのが「心斎橋筋商店街」。長堀通の南側から宗右衛門町通まで、南北を貫く約580mの商店街です。最新のグルメやファストファッションだけでなく、老舗茶屋、洋服・雑貨店など、約180店舗が軒を連ねています。休日の来街者数は、国内外から17万人以上。インバウンド需要の勢いが止まる気配はなく、さらに増えていくと予想されます。

そんな心斎橋エリア、人気向上と共に賃料相場も値上がりしています。当サイトの「駅別賃料相場ランキング-大阪編-(2016年1月〜12月)」のデータによると、心斎橋の賃料相場(坪単価)は16,080円。10位中7位にランクインしています。

順位成績だけみると見逃しがちですが、注目すべきは前年(2015年)との比較です。前年は10位でしたが、翌年は7位へと上昇。他のエリアよりもインバウンド顧客が増えたことが理由として考えられ、今後はホテルや宿泊施設の新設も見込まれることから、注目必至のエリアといえるでしょう。

Photo by iStock.com/SeanPavonePhoto

東西南北で特色が変わる心斎橋

心斎橋の特徴は、大きく4つのエリア、東西南北に分けることができます。それぞれのエリアに特色があり、それに合わせて来客層も異なっています。以下、エリアごとに心斎橋の特徴をさらに詳しくご紹介しましょう。

■「北エリア」はビジネスマン行き交うオフィス街
心斎橋の北側には、「本町」や「堺筋本町」があります。かつては繊維産業の中心地として栄え、オフィスビルが立ち並んでおり、多くのビジネスマンが行き交うエリアとなっています。飲食店の傾向としても、ビジネスマンをターゲットにした居酒屋や弁当屋、テイクアウト専門店が軒を連ね、ランチタイムには争奪戦です。一方で土・日・祝日は閑散期。平日のみ開店している飲食店が多いのも特徴的です。安くて、早くて、うまい、3拍子が揃っていることに加え、それぞれの飲食店がオリジナリティを出しているのが特徴的なエリアです。

■「南エリア」は食い倒れの観光地
心斎橋の南側を歩いていくと「難波」につながります。特に賑わっているのは「道頓堀」の辺り。戎橋、グリコやかに道楽の看板があり、大阪らしい雰囲気が全面に押し出された、関西を代表する観光地です。訪れる客層も国内外からの観光客が多く、たこ焼き、お好み焼き、串カツ、ラーメンなど、いわゆる「粉もん」のお店がひしめきあっています。例えば、昭和20年に創業して以来、ソースの味を守り受け継いでいる老舗・お好み焼き屋さん『美津の』は、遠方から足を運ぶ常連さんがいるほどの人気店。大阪の名物を売りにしながら、それぞれが独自のアレンジを加え、若者や観光客の集客を狙えるエリアです。

■「東エリア」はネオン輝く大人の街
心斎橋の東側は「東心斎橋」と呼ばれています。東は「堺筋」、南は「ヨーロッパ通り」までのエリアを指し、他のエリアに比べて落ち着いた雰囲気があります。しかし、夜になるとネオン輝く大人の街へと一変。居酒屋やBARが軒を連ね、夜飲みスポットとして賑わいます。客単価も少々高めで、創作料理やオリジナリティのあるメニューを提供している飲食店が多く、料理人が腕を振るいたくなるエリアです。

■「西エリア」はオシャレで落ち着いた雰囲気
心斎橋の西側には「アメリカ村(通称:アメ村)」があります。個人経営の古着屋やカフェが多く、音楽や芸術などのアートも盛ん。たこ焼き屋の『甲賀流』が人気で、10代〜20代前半の若者が食べ歩きしている姿が多く見かけられます。また、さらに西に進んだ先にある「南堀江・北堀江エリア」では、アメリカ村の独特な雰囲気とは反対に、ハイセンスかつ落ち着いた街並みが広がっています。カフェやオーガニックといった若者向けの個人店を経営するなら、おすすめのエリアです。

心斎橋筋商店街や道頓堀のある心斎橋は、世界中から観光客が訪れる注目のスポット。飲食店を経営する側としては激戦区となるのは必至です。しかし、その反面、あらゆる可能性が眠っているエリアでもあるでしょう。まずは心斎橋の各エリアの特徴を見定めた上で、自分の強みを活かせる場所を探ってみてはいかがでしょうか。

心斎橋駅の店舗物件一覧

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM 【首都圏版 | 関西版 | 東海版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ