1. 店舗クリーニング比較トップ
  2. こんな時ご利用ください

こんな時ご利用ください

店舗クリーニング比較はこんな時便利!

空調の効きが弱くなってきている

店舗のエアコンには、毎日のハードな使用により内部にホコリや汚れがたまり、カビやダニが発生しがちです。
空調の効きが弱くなっているのは汚れによる影響です。
汚れを放っておくと、効きが弱くなるだけでなく、カビやホコリによる臭いが発生したり、故障の原因にもなります。
もちろん光熱費にも大きく影響が出てきてしまいます。
定期的な清掃をすることで、余分な光熱費や故障による交換における大きな出費を抑える事ができます。

経年劣化が気になっている

店舗を長年営業していると、フローリングのワックスの剥離や壁紙のシミ、ヤニ汚れなど、どうしても劣化や汚れが発生してきます。
しかし改装をする程ではない・・・  そんな時はクリーニングを依頼してみてはいかがでしょうか。
表層的な劣化や汚れであれば、クリーニングやコーティングの力で元に近い状態に戻すことも可能です。
開店当初のピカピカの状態を取り戻してみてください。

店舗の大掃除を予定している

年に1回の大掃除、アルバイトも呼んで1日がかりで清掃・・・  しかし1年越しの汚れはなかなか落ちずに結局中途半端に終える。
こういう話、よく聞きます。
こんな時こそプロのクリーニング業者の出番です。
1日分のアルバイト代と比較すると、少し高くなるかもしれませんが、プロの力であれば1日で1年分の汚れを落とすことができます。

厨房の臭いが気になる

厨房内は汚水や油汚れ、食材のカスなど、放っておくと臭いの原因になる要素が多々あります。
特に、排水溝やグリーストラップは定期的に清掃をしないと悪臭の原因だけでなく害虫発生にも繋がります。
厨房と客席が繋がっている場合は、臭いは客席に流れ、お客様に不快なイメージを与えてしまいます。
店舗クリーニング比較では、厨房クリーニングを得意とする業者が多数登録しています。
厨房内で気になる点などをまとめて、お問い合わせをしてみてください。
良いご提案がいただけるはずです。

居抜きで店舗を借りたが汚れが目立つ

居抜き物件での出店を検討しており、運よくそのまま利用できそうな居抜き物件を契約する事ができました。
しかし実際に営業してみると、厨房の汚れはひどく、空調の臭いもひどく、厨房機器の裏は害虫がいっぱい。
一見そのまま使えるように見えたとしても、実際には清掃をしないと厳しいケースが多数あります。
前店舗の清掃状況は分からない為、オープンする前にクリーニングを行う事をおすすめします。

忙しくて掃除する時間がなかなか取れない

飲食店で働くスタッフは日々忙しく、なかなか清掃をする時間が取れない場合があります。
しかし、清掃を怠ると臭いやホコリがたまり、お客様に不快なイメージを与えてしまいます。
スタッフは大丈夫だと思っていても、お客様はしっかりとチェックしています。
そんな時は定期清掃をおすすめします。
定期清掃はスポットで入る不定期清掃よりも安価で済みます。
また、定期的に清掃してもらえる為、きれいな状態を保ち続ける事ができ、お客様の印象も良くなります。

排水溝、グリーストラップが詰まってきた

飲食店では皿洗いや油汚れを洗ったりと、ほぼ毎日水を利用します。 当然、排水溝やグリーストラップも日々汚れが蓄積します。 特に、グリーストラップは定期的に清掃をしないと悪臭の原因だけでなく害虫発生にも繋がります。 また、グリーストラップに溜まっているゴミは、産業廃棄物として処理しなければならなく面倒な清掃の一つです。 店舗クリーニング業者に依頼して、いつも清潔に保つことをおすすめします。

日々の清掃で落ちない汚れがある

厨房のしつこい油汚れや客席のたばこによるヤニなどは、日々清掃をしていても残念ながら落としきれません。
そんな時はプロに依頼してみてはいかがでしょうか。
プロに落とせない汚れはない、と言っても過言ではありません。
依頼したい箇所が決まれば、店舗クリーニング比較の一括見積もり機能を利用して、まずは問い合わせてみてください。

退店・移転を予定していて、造作譲渡を検討している

諸事情で、お店を閉めたり移転をしたりする際に、造作を売買する事ができます。
不動産屋などの専門の業者に依頼する前に、店舗清掃をすることで、売買金額が高くなることがあります。
店舗クリーニング無料一括見積もりはこちらから
お店の場所と業態を選んで、かんたん!一括見積もり

「飲食店.COM」に掲載されている記事、図表、情報等の無断掲載を禁止します
Copyright (C) 2003-2018 Synchro Food Co., Ltd. 店舗クリーニング業者募集

株式会社シンクロ・フード