powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店を狭小空間で開業! 店舗デザインのポイントと狭小店の魅力【店舗デザインマガジン】

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

Photo by iStock.com/Nayomiee

店舗デザインマガジン
最近、飲食業界を賑わせているのが、5坪程度の狭小店でありながらも高い売上を誇る「狭いけど強い店」。わずか4坪で月商1,630万円をたたき出す『立喰い焼肉 治郎丸』、そして3.7坪で月商350万円を売り上げる『アガリコ 餃子楼』など、店の狭さをものともしない繁盛店が度々メディアに取り上げられています。

狭小店は「業態が限定されてしまう」「客席が少ない」「厨房が狭い」等のデメリットがありますが、逆にメリットもたくさんあります。たとえば家賃。店舗面積が狭ければ、当然家賃も下がります。家賃が少なければランニングコストを抑えることができるので、利益が出やすい店舗を作ることが可能になります。

また、業態にもよりますが、例えば『治郎丸』のように立ち食い業態にすれば客の回転率が高まり、狭い店舗でも多くの客を受け入れられるようになります。そして狭小店はカウンターメインの店舗も多く、狭い空間を皆で共有する意識が生まれ、アットホームな店づくりができるのも特徴です。『アガリコ 餃子楼』などはその典型ともいえる店舗と言えるのではないでしょうか。

今回はそんな狭小店について、どんな業態が狭小店に向いているのか、そして店舗デザインを考える上で大切なこととは何かをご紹介していきます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

[PR]
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店.COMが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。