ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

外食業界の“今”がわかる。「外食総研セミナー」で語られた消費者の動向と繁盛のポイント

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

左からホットペッパーグルメ外食総研上席研究員・有木真理氏、リクルートライフスタイル執行役員飲食領域担当・金光竜二氏、ホットペッパーグルメ外食総研上席研究員・稲垣昌宏氏、ホットペッパーグルメ外食総研上席研究員・竹田クニ氏

9月25日、ホットペッパーグルメ外食総研主催の「外食総研セミナー」が開催された。同セミナーは、ホットペッパーグルメ外食総研がユーザーに対して行ったアンケートをもとに、外食&中食市場動向を分析するというもの。

今回は、そこで発表された2017年度の外食&中食市場の動向及び、飲食店のリピート実態についてまとめていく。飲食店経営者にとって有益な情報も多いので、店づくりの参考にしてほしい。

2017年度、外食&中食タウンランキング

首都圏の外食市場規模ランキングを見てみると、5年連続で「新宿(代々木)/1,495億円」が1位。2017年度はこれに、「東京・日本橋・大手町(人形町)/1,119億円」、「銀座・有楽町/1,100億円」が続く形だ。同ランキングでTOP10に入った街の市場規模は、軒並み前年度よりプラスとなっているが、6位の「渋谷・表参道(原宿)/745億円」のみ、-8.5%と減少傾向にある。

外食市場規模の「首都圏タウンランキング」。(C)ホットペッパーグルメ外食総研

また、外食市場規模において最も伸び率の高い街は、前年度比+22.4%で「海浜幕張/138億円」。1位の海浜幕張をはじめ、都心部より縁辺部の街のランクインが目立つ結果となった。

外食市場規模の「前年伸び率の高いタウン」。(C)ホットペッパーグルメ外食総研

2017年度、外食&中食動向

2017年度の外食&中食市場では、外食や中食の「利用回数」および「単価」が前年度よりも増加。外食市場は4兆752億円(首都圏、関西圏、東海圏の合計)、中食市場は1兆1,614億円(首都圏、関西圏、東海圏の合計)と、ともに前年度よりも市場規模が拡大している。それぞれの実態について、詳しくみていこう。

年間の延べ外食回数、外食市場規模(首都圏、関西圏、東海圏の3圏合計/推計値)(C)ホットペッパーグルメ外食総研

■外食市場動向
性別、年代別に市場規模のシェア率を見てみると、「男性/40歳代」(13.9%)が高い結果に。業態別の市場規模シェア率では「居酒屋」が高く、全体の22.4%を占めている。

年間の延べ外食回数、外食市場規模(性年代別・3圏域計/推計値)(C)ホットペッパーグルメ外食総研

また、昨今の外食市場動向で着目したいのが、「一人夕食市場(外食)」だ。職場や学校仲間、友人などと一緒に食べる人の割合が減り、1人で夕食を取る人が増加している。一人夕食市場規模は、2013年の結果と比較し、約1.2倍に拡大(2013年=3,019億円、2017年=3,580億円※首都圏、関西圏、東海圏の合計)。性別、年代別に見ると、30代・40代男性の割合が大きいのが特徴だ。

一人夕食の市場規模の推移(首都圏、関西圏、東海圏の3圏合計)(C)ホットペッパーグルメ外食総研

■中食市場動向
中食市場規模は首都圏・関西圏・東海圏の合計で1兆1,614億円。前年度比+5.9%と勢いを感じさせる。中食の購入場所を見てみると、「スーパーマーケット」(62.3%)や「コンビニエンスストア」(28.7%)の需要が高いことがわかる。その一方で、「外食店のテイクアウト」(16.0%)を挙げる人が、2015年から毎年伸び続けていることにも注目したい。売上拡大の一手として、デリバリーやテイクアウト事業に乗り出す店舗も多く、これから一層期待が高まる市場だといえる。

中食の購入場所※多い順(1か月間に中食を購入した人ベース/複数回答)(C)ホットペッパーグルメ外食総研

飲食店のリピート実態&要因調査

続いて、首都圏の男女におこなった「飲食店リピート実態&要因調査」の結果を見ていこう。1週間(調査日:2018年2月23日~2月28日)あたりの外食回数は平均で2.97回。とくに、「昼食」として外食を利用する人が多く、その平均は1.35回であった。また、一週間に利用した飲食店舗数の平均は2.65店で、そのうち平均0.67店が初めて利用したお店だという。

1人あたりの1週間の平均外食回数(0回を含む平均値)(C)ホットペッパーグルメ外食総研

外食における「リピート利用」の割合は、77.5%。男女問わず、年代が上がるほどリピート利用が占める割合が高くなっていくということが分かった。全年代における同調査の「初回利用」の割合は22.5%だが、20代・30代の女性の場合、30%以上が「初回利用」となっており、他の世代に比べると「初回利用」の占める割合が高いのが特徴だ。

1週間の外食回数に占めるリピート利用率(C)ホットペッパーグルメ外食総研

なお、「初回利用」「リピート利用」ともに、店選びで重視されているポイントは、「料理・メニュー」と「価格の安さ・コストパフォーマンス」。美味しいものをお得に食べたい、という消費者の考えが反映された結果と言えるだろう。とくに女性は、「料理・メニュー」を意識する傾向が強いようだ。

「初めて利用」と「リピート利用」における重視点(C)ホットペッパーグルメ外食総研

変化を続ける、外食&中食市場。個性を発揮するのはもちろん大切だが、常にアンテナを張り、消費者の動向を探ることも忘れてはならない。ぜひ今回紹介した調査結果を店づくりに役立ててほしい。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
サトウカオル

About サトウカオル

グルメ、ライフスタイル、ITとさまざまなジャンルの執筆を経験。現在は、ポップカルチャー系のウェブサイトでグルメ関連の記事を執筆中。趣味は、料理とネットサーフィン。ネットで気になった料理を自分流にアレンジして食べるのが最近のマイブーム。