ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店の「キャッシュレス決済」導入率は55.2%。加速する外食業界のキャッシュレス化

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

近年、現金を使わない「キャッシュレス決済」への注目が高まっている。弊社が行ったアンケート調査からは、外食業界でもキャッシュレス決済を前向きに捉えていることが明らかになった。

「日本は現金志向」は一昔前のこと

現金志向が根強い日本では、キャッシュレス社会は実現できない……。数年前まで、こう考える人はたくさんいたはずだ。しかし、電子マネーやスマホのタッチ払い、QRコード払いなどの多様なサービスが続々登場し、飲食店側も消費者側も使い勝手の良いものを選べるようになった。

また、キャッシュレス決済は「人手不足対策」「精算作業や釣銭準備などの軽減」「会計ミスの防止」「お客さまが価格をあまり気にしないようになり、単価が上がる」など、飲食店にさまざまなメリットをもたらしてくれる。さらに、通貨を両替しなくても活用できることから、外国人観光客への対応としても有効だ。外国人観光客対策として政府主導でキャッシュレス化を進める動きもあるため、これを機に導入を検討している店舗も多いのではないだろうか。

キャッシュレス決済を導入している店舗は全体の55.2%

飲食店におけるキャッシュレス決済の導入率は55.2%

では、実際に外食業界ではどれくらいキャッシュレス決済が普及しているのだろうか。弊社のアンケート調査では、キャッシュレス決済を「導入している」店舗は55.2%、「導入を検討している」店舗は16.8%という結果が得られた。

飲食業界でもキャッシュレス決済は今後さらに浸透していくと見られている。時代に合ったスムーズな店舗運営に繋がることを期待したい。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
岩﨑美帆

About 岩﨑美帆

1982年生まれ。NPO活動に没頭した 大学時代、塾講師、広告営業を経て、フリーライターに。食・健康・医療など生と死を結ぶ一本線上にある分野に強い関心がある。紙媒体、Web媒体、書籍原稿などの執筆の他、さまざまな媒体の企画・構成の実績がある。好きな言葉は「Chase the Chance!」