ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

月商500万円の繁盛店『新宿寅箱』。ジビエ×鰻のレア業態で周囲と差別化

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

『新宿寅箱』のオーナー・杉山亮さん

新宿五丁目の裏通りに、ジビエと鰻を串で手軽に食べられる珍しい店がある。池袋西口の『ジビエとくずし割烹 和ガリコ寅』を運営するIBUQLO(代表取締役・杉山亮氏)の2号店として2017年にオープンした、『串打ちジビエと鰻串 新宿寅箱』だ。

代表の杉山氏は、『とろわる』(江古田)、『雛家』(中野)で約8年、そして『アガリコ 池袋』、『アガリコ 中野』の立ち上げを経て、BigBelly(代表取締役・大林芳彰氏)の社員独立第一号店として「和ガリコ 寅」を2014年にオープンさせた経歴の持ち主。

今回は、ジビエ料理を扱う珍しい業態で月商500万円の売上を誇る『新宿寅箱』の魅力、そして繁盛の裏にある店の工夫について話をうかがった。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
河田早織

About 河田早織

フリーライター・記者。人、物、コトと社会をつなぐ媒体として、インタビュー・取材レポート等の記事を執筆。主な執筆媒体は、日本の食、教育、医療、不動産など。