ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店の資金繰りに心強い味方。リクルートが始めた法人向け融資サービスの魅力とは?

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

リクルートの融資サービス『パートナーズローン』を利用している『Wine & Dining 蔵人』の村岡陽介さん

飲食店を経営していると「資金繰り」に悩まされることも少なくない。急な出費がかさみ、資金の借入れが必要なケースも出てくるだろう。そうした時、必要な資金をなるべく早く貸してほしいと誰もが思うが、銀行などの金融機関の場合、手続きが煩雑で借入れまでに時間がかかることが多い。もっと手軽に「資金繰り」の悩みを解決する方法はないのだろうか?

今回は飲食店の資金繰りにおける課題を振り返るとともに、最短即日融資が可能なリクルートの融資サービス『パートナーズローン』について紹介していく。

飲食店経営者の頭を悩ませる「資金繰り」

資金繰りは、飲食店を経営する上で必ず向き合わなくてはならない問題だ。飲食業は繁忙期と閑散期があり、毎月の売上が安定しづらい。売上が好調だった翌月に急に客足が落ちてしまった経験のある飲食店経営者も多いだろう。また、厨房機器の故障による修理費や、スタッフの退職による求人広告費など、思いがけない出費に直面することもある。

そうした時、飲食店が利用する資金調達方法として一般的なのが、「銀行からの借入れ」や「ビジネスローン」だ。どちらも多くの飲食店が取り入れる資金調達方法だが、スムーズに融資を受けられないケースも少なくない。特に銀行からの借入れは入金まで時間を要するため、すぐに資金を調達したい時には不向きな方法だと言えるだろう。

また、法人向けの資金調達方法は複数の書類を準備する必要があったり、担保が求められたりと、融資を受けるまでの手続きが何かと面倒な場合も少なくない。もっと簡単に融資を受けたい、と考える飲食店経営者も多いだろう。

このような従来の融資サービスが抱えていた課題を解消しているのが、リクルートが手掛ける法人向け融資サービス『パートナーズローン』だ。ここからは、パートナーズローンの魅力について、利用者の声とともに紹介していく。

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

リクルートの法人向け融資サービス『パートナーズローン』の特徴

パートナーズローンは、ホットペッパーグルメなどを運営するリクルートが手掛ける招待制の融資サービス。トランザクションレンディングという仕組みを導入し、リクルートが持つ取引データを利用した審査を行っている。

ホットペッパーグルメなどリクルートのサービスに参画する法人が対象で、申込みはパソコンやスマホから簡単にでき、オンラインのみで手続きは完結。平日16時までに本人確認が完了すれば、最短で当日中に融資を受けることが可能だ。

また法人融資では使途を申告しなければならないケースもあるが、パートナーズローンはその必要がなく、資金使途自由。運転資金や税金の支払い、突発的な出費への対応など自由に活用できる。代表者個人による保証も必要なく、無担保・無保証で融資を受けることが可能だ。

借入れの方法は、「リボ払い(極度型)」「分割払い(証書型)」「一括払い(証書型)」の3種類があり、貸付利率は実質年率2.0%~14.9%。契約額は10万円~最大500万円までとなっている。

『パートナーズローン』利用者の反応は?

実際、パートナーズローンにはどのようなメリットがあるのだろう。ここからは、パートナーズローンを利用している飲食店オーナーの声をお届けしていく。

■『Wine & Dining 蔵人』村岡陽介さん

「パートナーズローンの利用により心にゆとりが生まれた」と語る村岡さん

まずご紹介するのは、千葉県松戸市にある隠れ家レストラン『Wine & Dining 蔵人』のオーナー村岡陽介さん。売上が一時的に低迷したことをきっかけに、パートナーズローンの「リボ払い(極度型)」と「分割払い(証書型)」を利用したそう。

村岡さんは、借入れ前はお金のことばかり考えていたと言うが、「借入れにより、心のゆとりが生まれたのが大きかったですね。キャッシュフローに余裕ができ、店のメニューや接客サービスなど、資金繰り以外の改善策を考えられるようになりました」と振り返る。

パートナーズローンはオンラインのみで申込みが完了するため、書類の準備や来店する手間を省くことができる。村岡さんも「手続きが簡単」と語るなど、何かと忙しい飲食店経営者にとってメリットが大きいサービスと言える。

また、村岡さんが「借入れ後はサイト上であといくら借りられるのか、いくら金利を払ったのかすぐに確認できます」と話す通り、パートナーズローンは、マイページで借入れ状況を把握することが可能だ。「サイト上で取引履歴がいつでも確認できるので、PDFでダウンロードして税理士に渡すだけでスムーズに会計処理が行えるのもありがたい」と利便性の高さに満足しているようだった。

■『アトリエNS人形町』西田直史さん

「ユーザーフレンドリーな仕様が魅力」と語る西田さん

続いてご紹介するのは、東京の人形町で洋食店『アトリエNS人形町』を切り盛りする西田直史さん。「ここ数年は売上の波が大きく、繁忙期以外の売上予測を立てることが難しかった」と話す西田さんが借入れを決めたのは、「リクルートの招待制サービスなら安心」という信頼感から。ホットペッパーグルメを利用したことがある飲食店経営者ならば、リクルートの信頼度の高さは言うまでもないだろう。

西田さんは、運転資金を調達する目的で「リボ払い(極度型)」を利用。「手続きがあまりにも簡単で、入金も早くてびっくりしました。マイページでいつでも支払い額が確認できて分かりやすいし、ユーザーフレンドリーだと感じました」と、パートナーズローンの印象を話す。

西田さんは銀行からも融資を受けていたが、銀行の借入れは審査のための書類準備に時間がかかり、また希望していた少額の借入れが叶わなかったため、月々の返済額が高く大変だったという。一方でパートナーズローンは小額の借入れも可能と、飲食店経営者にとって嬉しいメリットが豊富だ。

「正直、パートナーズローンの金利は銀行より高めではあるものの、“利便性をお金で買っている”と思っています。お店の課題や今後のことを考える気持ちの余裕が生まれました」と西田さん。パートナーズローンの利用により、資金繰りに関するストレスから解放され、調理に集中できるようになったと話している。

パートナーズローンは、ホットペッパーグルメを手掛けるリクルートの融資サービスということもあり、信頼性の高さは言わずもがな。「オンライン申込み」や「最短即日融資」など、飲食店経営者にとって嬉しいメリットも多い。資金繰りに悩む飲食店経営者の心強い味方となってくれるだろう。

パートナーズローン商品概要
●ご契約額:【極度型】【証書型】10万円~最大500万円
●貸付利率:【極度型】【証書型】実質年率2.00%~14.90%
●返済方式:【極度型】貸付時残高スライド元利均等リボルビング返済方式【証書型】元利均等返済方式・期日一括返済方式
●返済回数/返済期間:【極度型】最長30回/最長2年6カ月【証書型(元利均等返済方式)】3回・6回/3カ月・6カ月【証書型(期日一括返済方式)】1回/1カ月~3カ月
●返済方法:口座振込、口座振替
●遅延損害金:実質年率20.00%
●担保:不要
●保証:不要(代表者保証も不要)
●取扱手数料/繰上返済手数料:なし
※お申込みには所定の審査があり、審査結果によってはご希望に沿えない場合があります。
※パートナーズローンは株式会社リクルートファイナンスパートナーズの商品であり、同社へのお申込み・ご契約となります。

■「パートナーズローン」のお申込み・導入相談はこちらから
[提供] 株式会社リクルートファイナンスパートナーズ
貸金業登録番号:東京都知事(2)第31621号
日本貸金業協会:会員番号 第005970号

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店.COMが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。