ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

収益を生む絶妙なメニュー構成! 福岡の“繁盛”立ち飲み屋『ネオメグスタ』の店づくり

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

福岡の人気店『ネオメグスタ』の店長・原義一さん

九州一の商業地・天神のお隣、赤坂駅すぐの場所にある立ち飲み屋『ネオメグスタ』。福岡に立ち飲み文化を根付かせた『メグスタ』の二号店として、2018年3月にオープンした人気店だ。店長の原義一さんに繁盛の秘訣を聞いた。

「疲れる」から「楽しい!」へ。立ち飲み屋のイメージ改革

「立ち飲みをもっと気軽に楽しんでもらいたいんです」。そう話すのは、『ネオメグスタ』で店長を務める原義一さん。「立ち飲みって、少しハードルがあるというか……仕事が終わったあとに、わざわざ立って飲まなくてもって思うじゃないですか」と笑う。

じつは、『ネオメグスタ』は二号店。一号店は、ここから歩いて10分も掛からない場所にある『メグスタ』で、経営母体である株式会社Thinkingforの代表・落水研仁さんが2015年にオープンさせた。スペイン料理を中心に提供する、女性をターゲットにした店だ。

一号店のオープン当初は、立ち飲みがまだ珍しかった頃。当初はなかなか客が入らずに苦労した。それが徐々に人が訪れるようになり、立ち飲みの楽しさを知った人が友人を連れてやってくる、プラスの連鎖が生まれたという。

二号店である『ネオメグスタ』は、クラウドファウンディングで資金を集め、2018年春にオープンした。ビジネスマンが多く利用する赤坂駅から近いということもあり、仕事帰りに一杯……という客が多く訪れる。取材の間にも客がどんどんと暖簾をくぐり、店内のにぎわいは増していく。じつは、この「にぎわい」こそが、原さんが大切にしている店づくりのポイントだという。

間口が広く取られており、外から店内がよく見える

外にも伝わる「活気」を意図して作る

「僕が店づくりで一番大切にしているのは、活気をどう生み出すかです。活気というのは、店の外にいても伝わるもの。活気がない店に、人はなかなか近寄らないと思うんです」

そのために、まず大事にしていることはスタッフが積極的に声を出すこと。もちろん、そう指導することは簡単だが、声を出すための仕組み作りができている点も『ネオメグスタ』が繁盛する所以だ。その仕組みの一つ目は、客として店に入ると渡される1枚のカードにある。名刺よりひと回り大きい程度のカードには、「天神」「赤坂」「室見」など福岡ではおなじみの駅名が書かれている。このカードを卓番の代わりにしているのだ。

「ドリンクは出来上がったらカウンターまで取りに来ていただくのですが、その時に『天神さん』『赤坂さん』など、この駅名でお呼びします。そうすることで、自然にスタッフの声が響くんです」

卓番の代わりに利用されているカード

さらに、働くスタッフの数にもこだわりがある。

「通常、ピークタイムは平日4人、週末は5人でまわしています。これだとちょっとだけ人手が足りなくて、慣れていないともう一人ほしいなと感じるくらい。この人数でまわすなら、スタッフの動きも自然と早くなりますし、業務を効率化するためにスタッフ同士のコミュニケーションも活発化します。こうして自然とスタッフ同士が声かけをするようになり、にぎわいづくりに一役買ってくれるんです」

また活気を生み出すために、もう一つ気をつけているのがBGMだ。原さんは、客が多く入っている時間帯は、BGMのボリュームを少しだけ大きくするという。

「BGMのボリュームが上がると、お客さまも自然と声が大きくなるんです。こうするとたくさんの人が入って、ワイワイと楽しそうにしている感じが店の外にも伝わってきます。お客さまがみんな帰ったあとに、『こんなにBGMが大きかったんだ』と驚くこともありますね」

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
戸田千文

About 戸田千文

広島・東京を中心に活動するフリーランスの編集・ライター。これまでにグルメ冊子や観光ガイドブック、町おこし情報誌などの編集・執筆を担当。地方の魅力を首都圏に発信する仕事をするのが夢。おいしい地酒を求め、常にアンテナを張り巡らせ中。