ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

サンマが不漁で価格高騰。メニュー提供を延期する飲食店も

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

秋の味覚のひとつである「サンマ」。今から食べるのを楽しみにしている人も多いかもしれないが、今年は大不漁で価格も高騰しており、スーパーや飲食店では確保するのに苦労しているという。

なぜサンマが不漁に?

これから旬を迎えるサンマが過去にないほど深刻な不漁となっている。2008年は34万トンあった日本のサンマの水揚げ量だが、2015年以降は10万トン前後と不漁続き。さらに、昨年は8,893トンだったのに対し今年は1,007トンと、8分の1に激減した。

また、それに伴い価格は去年のおよそ2倍に高騰。スーパーなどでは、1尾300円以上の値をつけているところも多い。水産庁では、日本近海の海水温が上昇し、温かい水を嫌うサンマが近づかなくなったこと、中国や台湾の漁獲量が増えたことなどが原因だとみている。

画像素材:PIXTA

人気イベント「目黒のさんま祭り」にも影響

目黒駅前商店街振興組合が落語の「目黒のさんま」にちなんで始めた「目黒のさんま祭り」は、毎年、家族連れが行列を作る人気イベントで今回で24回目を迎えた。

これまで岩手県宮古市が水揚げしたばかりの生のサンマをおよそ7,000匹用意し、炭火焼きにして無料で振る舞っていたが、今年は数を確保できず冷凍もので対応。冷凍サンマを使ったのは、サンマの提供を始めた1999年以降で初めてのことだという。

サンマの価格を見た人達の反応は?

ネット上には高騰したサンマの価格に驚きの声が上がっている。

「スーパーのサンマ高すぎ!」
「サンマ1尾300円は高い…」
「まさかサンマが高級魚になる日が来るなんて」
「サンマが好物で秋は毎年食べるんだけど、今年は高すぎて買えない」
「今年はサンマが高そうだから、サバとイワシを堪能しようと思う」

コメントとともに値札の写真をアップする人も。高値だからと食べるのを諦める人が多いようだ。

画像素材:PIXTA

飲食店の対応は?

スーパーではサンマの売り場を縮小し、サケなど比較的水揚げ量が多い魚の販売を強化する方針のようだが、飲食店ではどのような対応をしているのだろうか。

◼️大戸屋
定食チェーンの『大戸屋』は、毎年9月初旬から提供している「さんま炭火焼き定食」の販売を延期することを決めた。これまで北海道根室市の根室港で水揚げした生サンマを仕入れていたが、今年は漁獲量が10分の1以下に減っており、十分な量を確保できないと判断。9月下旬の販売開始に向けてサンマの確保を進めているが、例年より値上げする可能性もあるという。

◼️さくら水産
東京都内を中心に約40店舗を展開する居酒屋『さくら水産』は、サンマの仕入れがあった時だけメニューに加えることにした。9月上旬の姿造りの価格は税抜きで399円。2年前に比べて100円ほど高くなったそうだ。

秋の味覚として人気の食材だけに、今年の不漁・高騰ぶりは、飲食店はもちろん家庭においても与える影響は大きい。代案メニューを提供するか、それともあえて目玉メニューとして扱ってみるか、店舗によってその対応は分かれそうだ。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌、テレビ情報誌の編集、求人サイトのライター、ディレクターを経て独立。幅広いジャンルで取材や執筆を行なっている。肉食、ビール党、猫背。最近は落語がブーム。写真は友人とのタイ旅行にて。