ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

「ミシュランガイド東京2020」発表。三つ星は11軒、すきやばし次郎は対象外に

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

13年連続で三つ星として掲載された『カンテサンス』の岸田周三シェフ

2019年11月26日、『ミシュランガイド東京2020』が発表され、発表記者会見と出版記念パーティが行われた。今年も多くの飲食店が掲載されたが、三つ星の常連店が掲載対象外になるなど、波乱の展開も見られた。今回の掲載店とその傾向を詳しく見てみよう。

今年は464軒が掲載。新規掲載は55軒!

2020年、ミシュランガイドは120周年を迎える記念すべき年だ。『ミシュランガイド東京』は2008年にアジア初として発表され、13回目を迎える。今年は464軒の飲食店を掲載。昨年の484軒に比べると減少したものの、新規掲載は55軒と、入れ替わりの激しさも注目すべきところだろう。この掲載数について、ミシュランガイド事業部・事業開発担当部長の伊藤孝康氏は「流行の変化が速く競争の激しい東京の特性を反映しております」と語る。

それでは、今年の掲載店舗を見ていこう。

日本ミシュランタイヤ株式会社・代表取締役社長 ポール・ペリニオ氏(左)とミシュランガイド事業部・事業開発担当部長 伊藤孝康氏(右)

三つ星常連店が掲載対象外に!?

三つ星掲載店は11軒。発表当初からの常連である『カンテサンス』『ジョエル・ロブション』『かんだ』などが並ぶ中、今年二つ星から評価を上げた『かどわき』が初の三つ星掲載店となった。

13年連続で掲載となった『カンテサンス』岸田周三シェフは、今話題のドラマ「グランメゾン東京」で料理監修をするなど、まさに注目のシェフだ。今回の三つ星掲載については、以下のようにコメントしていた。

「今年も評価していただき、ほっとしています。13年、方針は全く変わってないですが、料理についてはどんどん進化させていっているつもりです。そういうところが、お客様に評価されていると嬉しいですね。もし機会があれば、ぜひお越しください」

三つ星は常連店が並ぶものの、驚くべき展開も見られた。これまで同じく三つ星掲載店の常連であった『すきやばし次郎 本店』と『鮨 さいとう』が掲載対象外となったのだ。この2軒は一般予約が不可となったため、ミシュランの掲載基準に満たなくなったとのこと。特に『すきやばし次郎 本店』は『ミシュランガイド東京』発表時から常に掲載されてきた名店であったため、この結果に驚く報道陣も多かった。

■三つ星を獲得した11軒
『麻布 幸村』(日本料理)
『神楽坂 石かわ』(日本料理)
『かどわき』(日本料理)
『かんだ』(日本料理)
『カンテサンス』(フランス料理)
『虎白』(日本料理)
『ジョエル・ロブション』(フランス料理)
『鮨 よしたけ』(寿司)
『まき村』(日本料理)
『龍吟』(日本料理)
『ロオジエ』(フランス料理)

三つ星評価を受けたシェフたち ©MICHELIN

二つ星は唯一のイタリアン『プリズマ』が話題に

二つ星掲載店は48軒。新規掲載店として、先述のドラマ「グランメゾン東京」でライバル店の料理を監修している『INUA』や、一つ星から評価を上げた『銀座 しのはら』などが発表された。なかでも注目を集めたのは、2018年から一つ星として掲載され、2020年に二つ星へと評価を上げたイタリアンの名店『プリズマ』だ。

伊東氏は、「日本で唯一の二つ星イタリアンで、東京でイタリア料理が二つ星の評価を得たのは2011年以来の快挙です」とほめたたえた。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
竹野愛理

About 竹野愛理

食と文学を愛するライター。飲食店取材、食に関するコラム、書評を執筆のほか、食関連のメディアや書籍にて編集者としても従事。趣味は読書と散歩。本を片手に旅行したり食べ歩きをしたりすることが好き。