飲食FC比較

飲食店ドットコムが提供する、フランチャイズ比較サービス

フランチャイズを条件から探す
タイプ タイプ
業態 業態
出店地域 出店地域
キーワードから探す
タイプから探す
出店地域から探す
業態から探す

今週のおすすめフランチャイズ

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ

【永く愛されるカフェバール運営】コーヒーだけでなくアルコール需要も取り込める!

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ

【世界で約400店舗、全国20店舗以上のブランド力】 セガフレード・ザネッティはヨーロッパを中心に世界中で親しまれている、イタリアに本社を構えるコーヒーの焙煎メーカーです。そのクオリティに対する評価は高く、現在では世界で約130,000 トンのコーヒー豆を1年間に焙煎し、セガフレード・ザネッティのコーヒーをメニューに取り入れているバール、ホテル、レストラン、コーヒーショップは約75,000件にも及びます。コーヒーショップの店舗展開をインターナショナルなレベルで行っており、現在トータルで約400店舗を世界で展開しております。 フランチャイズ事業としては、本場イタリアのエスプレッソクオリティを核とし、トレンドや流行りだけに左右されることのない本物の味とサービスを提供することで、永くその場所に存在し、愛されることを目的とした店舗運営を目指しています。

新着!飲食フランチャイズ

飲食フランチャイズ一覧へ
Pick up

人気業態を一斉比較

ピックアップ

ピックアップ

ラーメン

ラーメン

ラーメンの味は固定ファンが開業当初から多数存在する人気のラーメン業態。気になるブランドを一斉比較しました。
居酒屋

居酒屋・ダイニングバー

高い利益率業態で経営したい、お酒が好きなど独立人気の高い居酒屋ブランドを一斉比較しました。

タイプ別ブランド一覧

特集!飲食店ドットコムからイチオシのブランドをご紹介
特集一覧へ

飲食フランチャイズマガジン

マガジン記事一覧へ

飲食FC比較とは

FC経営は、成功モデルをベースに事業をはじめられ、本部からの手厚い補助が受けられるということもあり、市場規模は2015年以降、拡大傾向にあります。
一方で、様々な企業がFC本部として事業展開をはじめているため、世の中には多くのFCブランドの情報が溢れていることも事実です。
そこで、飲食業界で新たにチャレンジすることをご検討されている方にとって、飲食FCの情報を分かりやすく収集でき、比較できる場所を提供できればと想い「飲食FC比較」を立ち上げました。
弊社は、飲食事業者支援プラットフォーム「飲食店ドットコム」を2003年から運営してきました。飲食業界におけるデータやネットワークをフル活用し、業界トレンドを踏まえた情報を中立的な立場で皆様にお届けすることで、業界の更なる発展に貢献できればと思っています。

飲食フランチャイズ一覧へ

フランチャイズとは

開業したい個人や法人がすでに事業を運営している企業と契約を結び、サービスや商品の販売権をはじめ、ブランド、商標、経営ノウハウなどの提供を受けるビジネスシステムのことを「フランチャイズ」と言います。つまり、フランチャイズに加盟することで、すでに軌道に乗っているブランドや商品を活用できるほか、開業時やその後の店舗運営などのサポートを、フランチャイズ本部から受けることができるのです。

「飲食店を開業したいが0からオープンする自信はない」「自分の店を持ちたいという夢があるけれど飲食店の経験が少ない」など、さまざまな方にとってフランチャイズ契約は大きなビジネスチャンスになるでしょう。
開く

フランチャイズの仕組み

フランチャイズで「開業する側」は店舗オーナーや店主、加盟店(フランチャイジー)などと呼ばれ、「提供する側」である本部(フランチャイザー)からさまざまなサポートを受けることができます。その対価として店舗オーナーは契約時に加盟費用を、契約後は毎月ロイヤリティを支払う必要があるのが一般的です。

詳しい事業概要や契約内容については、契約の締結前に書面で提示することが中小小売商業振興法で義務づけられていいます。そのほか約束事をまとめた契約書を双方の合意のもとで交わすのがフランチャイズ契約の流れです。契約をすると「開業する側」は正式に加盟店となり契約上は本部と対等な関係になります。
開く

フランチャイズのメリット

フランチャイズで開業する一般的なメリットは以下の通りです。

1. 成功しているブランドやノウハウを利用できる2. サービスやメニューを考える必要がなく経営に専念できる3. 宣伝広告などでも本部のサポートを受けることができる4. 仕入れについての手間が省ける5. 契約内容に基づき本部からのバックアップを長期的に受けられる6. 金融機関からの融資が受けやすくなるケースがある

もちろん「経営の自由度が個人開業と比べて少ない」「毎月の支払いが負担になる」などのデメリットもありますので、契約前にしっかりとフランチャイズの仕組みを学びましょう。
開く

フランチャイズの選び方

さまざまなフランチャイズのブランドがあるなか、将来の夢やビジネスプランに適したものを選ぶことは簡単ではありません。ここではフランチャイズのブランド選びの際に注意すべき基本的なポイントをご紹介します。

1.収益や利益率
加盟している店舗がどれくらいの利益をあげているのかは必ずチェックしましょう。

2.加盟料金やロイヤリティ
予算に合っているか、後々大きな負担にならないかなど、しっかりとシミュレーションすることが大切です。

3.本部からのサポート内容
自分にないものを本部からのサポートで補えるかどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。

4.経営の自由度
自分の考えを少しでも経営に反映したい場合は、比較的自由度の高いブランドを選ぶなど工夫が必要です。

5.資料のお取り寄せ
資料請求が開業への第一歩。多くのブランドを比較検討すればフランチャイズの知識も自然と身につくはずです。
開く
ページトップへ↑