飲食店がPOSレジを選ぶ際の注意点

飲食店がPOSレジを選ぶ際の注意点
POSレジの種類は非常に多く、初めて検討する場合はどれを選んだらいいか迷うのが現状です。自分のお店に合ったPOSレジを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。ここではPOSレジを導入する際に注意すべきポイントについて説明していきます。

数社を比較した上で選びましょう

POSレジは一度導入すると、場合によっては10年以上同じものを利用します。一度導入したPOSレジを変えるにはコストもかかりますし、店舗のオペレーションや過去の売上データも一からの出直しになるので、かなりの労力を必要とします。
そのため、慎重に検討した上で導入することをおすすめします。自分のお店に必要な機能をよく考え、価格や機能などをしっかり比較した上で選びましょう。

POSレジを導入する際に注意すべきポイント

POSレジを導入する際は、以下のポイントに注意するといいでしょう。

価格

導入時の費用だけでなく、月額の利用料も考慮しましょう。また費用は会社によって異なるだけでなく、同じPOSレジでも、周辺機器や利用する機能によっても大きく上下します。
たとえばオーダーエントリーシステムを利用する場合は、システム利用料やハンディ端末の購入費用が発生します。

操作性

自分にとって使いやすいか、という視点だけでなく、スタッフが最小限のトレーニングで使いこなせるようになるか、という視点でも選ぶといいでしょう。使いやすさの感じ方には個人差があるので、一番良いのは実際に触ってみることです。
会社によってはショールームを用意していたり、無料でトライアル利用できたりするところもあるので、導入の前に一度使ってみる事をおすすめします。

機能

当然のことですが、高機能になればなるほど価格が高くなります。導入後の店舗のオペレーションを十分にシュミレーションした上で、必要な機能と不要な機能を取捨選択することが重要です。

デザイン

レジをどこに設置するかにもよりますが、雰囲気にこだわった店であれば、内装のコンセプトに沿ったデザインのレジを選んだ方がいいでしょう。

保守性・サポート

レジは機械ですから、故障やトラブルが発生することも。営業中のトラブルが長時間解決しない場合は、売上に影響する可能性もあります。トラブルが起きた時にすぐに相談できるサポート体制が取られているかも重要なポイントです。
また、機能追加やアップデートが頻繁におこなわれているか、メニュー変更時・税率変更時等にすぐに対応できるか、などの視点も考慮しておくと良いでしょう。

【参考】飲食店がレジを購入する際に重視しているポイントは?
飲食店.COMでおこなったアンケート(飲食店オーナーが対象)によると、レジを購入するにあたって重視したポイントは、1位:費用(73.7%)、2位:操作性(66.3%)、3位:POSシステムの充実(26.3%)、4位:導入のしやすさ(22.1%)、5位:サポート体制(21.1%)という結果でした。価格面はもちろんのこと、毎日使うものなので、操作性を重視して選んでいる飲食店が多いようです。

モデルケース

ここまでは、レジを導入する際に注意すべきポイントについて説明してきましたが、では実際にどのようにして導入に至るのでしょうか。例として、モデルケースを3つご紹介します。

モデルケース①(新規導入)
運営店舗数
なし(初出店)
業態
和食
席数
20席
導入までの背景
オーナーシェフとして和食店を新規出店する。広いお店ではないので、スペースをとらないレジを探している。
また、経営、店舗管理、調理、接客など自らすべての仕事をやらなければいけないので、効率化できるところは効率化したい。その他、高級店なのでクレジットカード決済の対応もしたい。しかし、コストはできる限り抑えたい。
導入結果
売上の自動集計などのPOS機能が備わっており、かつコストとスペースを抑えられるタブレットPOS数社を検討。どれもクレジット決済に問題なく対応していたので、最もコストの安いタブレットPOSを導入した。
モデルケース②(買い替え)
運営店舗数
1店舗(既存店)
業態
居酒屋
席数
40席
導入までの背景
居酒屋を運営中。客足は好調で、特にディナータイムが混雑している。忙しい上に、アルバイトスタッフの入れ替わりも多いため、オーダーミスが頻発していることが悩み。
また、店長しか会計をすることができないため、店長に負担が掛かっている。オペレーション改善のため、POSレジとオーダーエントリーシステムの導入を以前から検討しているが、費用面で躊躇している。
導入結果
タブレットPOSの会社に見積もりを依頼し、コストが想定よりも抑えられることがわかったので、導入を検討。
デモ機でレジやオーダーエントリーシステムを実際に使ってみて、直感的な操作ができると感じたPOSレジを導入した。またiPod touchをハンディとして使えるシステムだったので、導入費用も抑えることができた。
モデルケース③(買い替え)
運営店舗数
4店舗
業態
カフェ、ダイニングバー等
導入までの背景
5店舗目の出店が決定している。今までは自分の感覚で経営していたが、3店舗目を出店した頃から売上状況の管理が煩雑になってきており、POSの導入を検討している。
また今後も出店計画があるので、安定的に使えるものを、継続して使っていきたいと考えている。
導入結果
数社から見積もりをもらい検討。コスト、操作性、保守性、さらには担当営業マンの対応などを総合的に判断し、POS専用機を導入した。

自分のお店に合ったPOSレジを探しませんか?
無料でPOSレジの比較・一括問い合わせができます!!

簡単な質問に答えるだけで、飲食店に強いPOSレジの中から自分のお店におすすめのPOSレジが紹介され、さらに一括問い合わせができます。

一括問い合わせの流れ

質問に回答する
おすすめの紹介
一括問い合わせ

店舗情報を選択

POSレジの一括問い合わせをご希望の方は、「既存店舗数」「席数」「客単価」を選択し、「一括問い合わせスタート!」ボタンを押してください。(全て必須項目です)

既存店舗数
席数
客単価