ラグビーワールドカップでビールが大量消費!? 飲食店の対策、参加国のビールも紹介

スマホでかんたん発注
  1. 食材仕入先探しトップ
  2. 食材バイヤーズマガジン
  3. ラグビーワールドカップでビールが大量消費!? 飲食店の対策、参加国のビールも紹介

ラグビーワールドカップでビールが大量消費!? 飲食店の対策、参加国のビールも紹介

2019年9月、ラグビーワールドカップが日本で開催予定。ラグビーの海外サポーターはビールを大量に飲むことで知られているため、この時期はビールの消費量が増えるといわれています。そこで今回は、飲食店は事前にどのような対策が必要か、参加国で人気が高いビールとあわせてご紹介します!

画像素材:PIXTA

なぜ開催中にビールの消費量が増えるのか

ラグビーファンはビール好きで有名。試合前から飲み始め、試合はグラスを手に観戦し、終了後には店に移動して、さらに飲むというパターンが多いといいます。

ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、今大会で40万人以上の訪日外国人を見込んでおり、通常の4~5倍のビールが消費されると予想。各開催地で飲食業関係者向けに説明会を開催し「ビールの品切れに注意」と呼びかけています。担当者は「期間中はビールを切らさず、大会を盛り上げてほしい」と話しているようです。

前回の大会ではどうだった?

2015年のイングランド大会では、同じ会場で行われたサッカーの試合に比べて、平均6倍以上のビールが消費されました。パブリックビューイングなどが行われるファンゾーンを含めて、消費されたビールはなんと190万リットル。うち130万リットルが会場内で飲まれたそうです。

飲食店が知っておきたい事前の対策方法

想像以上の消費量であるため、飲食店はあらかじめ準備しておく必要がありそうです。では具体的に何をすべきなのでしょうか?

①ビールの発注量を増やす
ビールを大量に発注できる仕入先を確保しておきましょう。追加発注など、柔軟な対応をしてもらえるかも確認しておきたいポイントです。また、1つの仕入先では在庫が切れる可能性もあるため、念の為いくつかの仕入先を探しておくのがおすすめ。

②多言語対応の準備をする
日本語が話せない外国人がほとんどであるため、言語の問題も解決しておきたいところです。今大会だけでなく、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで外国人の来店が増えることを考えると、英字メニューや翻訳ツールの導入も検討する価値はありそうです。

③営業時間を延長する
現在決定している試合のキックオフは、19時台がほとんど。早いもので16時台に始まる試合もあります。通常より早くオープンする、試合終了後も楽しめるよう営業時間を延長するなど、柔軟な対応を行いたいところです。

出場国と代表的なビールを紹介

画像素材:PIXTA


20カ国がプールA〜Dに分かれ、しのぎ削る今大会。それぞれの国でポピュラーなビールをおさえておけば、お客様に喜ばれる可能性大です!出場国とその国の代表的なビールをご紹介します。

【プールA】
■ギネスビール(アイルランド)

日本でも飲まれているポピュラーな黒ビール。きめ細かいクリーミーな泡が特徴で、しっかりとした苦味とコク、ほのかな甘みを感じることができます。

■バルチカ(ロシア)
0〜9まで種類があり、それぞれ度数や味わいが違います。0はノンアルコールで、9はアルコール度数8%。クセがなく飲みやすい3が一番人気です。

【プールB】
■スタインラガー(ニュージーランド)

150年以上の伝統を持つ醸造所のビールで、多くの賞を獲得しています。苦味と甘味のバランスが絶妙で、ほんのりと麦の香りがするのが特徴。

■モレッティ(イタリア)
苦みが少なく、フルーティーでさっぱりとした味わい。原材料に入っているトウモロコシがふわっと香ります。どんな料理とも相性が良いのも人気の理由。

【プールC】
■クローネンブルグ1664(フランス)

ワインのイメージが強いフランスで、40%という圧倒的なシェアを誇るラガービール。モルトとホップの味がしっかりと感じられ、後味はさっぱりしています。

■バドワイザー(アメリカ)
80ヶ国以上で販売され、世界で一番売れているといわれるビールです。フルーティーな香りで苦味がないのが特徴。薄味で軽い飲み口なので飲みやすいです。

【プールD】
■ヴィクトリア・ビター(オーストラリア)

「VB(ブイビー)」の愛称で、国内外で親しまれています。芳醇な麦の香りとほどよい苦みが特徴。しつこさがないため、“水のように飲める”と言われています。

■ヴォヌ ピュアラガー(フィジ―)
「ヴォヌ」は「ウミガメ」という意味。ラベルと王冠にはウミガメのロゴマークがプリントされています。フルーティで爽やかな、南国を感じさせる味です。

9月20日に開幕予定のラグビーワールドカップ2019。予想される総観客数は約200万人と言われています。過去の大会ではビールの品切れが発生した事も踏まえ、しっかりと今から準備しておきたいですね!


「飲食店.COM 食材仕入先探し」では、こだわりの食材を扱う仕入れ業者をたくさんご紹介しています。食材の仕入れ先をお探しの方は、マッチングサービスをご利用ください。

最新記事

話題の食材・メニューに関する記事

話題の食材・メニューに関する記事をすべて見る⇒

食材仕入先マッチングサービスのご利用はこちら(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

お探しの食材カテゴリを選択してください。

サービスの流れはこちら

食材仕入先マッチングサービス(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

希望条件を入力すると、当サイトへ登録している食材卸会社の中で、お客様の条件に合った複数の仕入れ先から提案がきます。

希望条件を入力する

ピックアップ仕入れ会社

株式会社アラカルトフーズの会社ロゴ

株式会社アラカルトフーズ
[業務用総合食材卸]

食材卸、酒類・ドリンク卸の企業様へ

参加企業募集中

当サイトでは、取引先飲食店をお探しの食材卸企業様を募集いたしております。

掲載申し込み お問い合わせ
ページトップへ↑