ボジョレ・ヌーボー解禁間近! 飲食店はイタリアのノヴェッロや日本ワインの新酒にも注目を

スマホでかんたん発注
  1. 食材仕入先探しトップ
  2. 食材バイヤーズマガジン
  3. ボジョレ・ヌーボー解禁間近! 飲食店はイタリアのノヴェッロや日本ワインの新酒にも注目を

ボジョレ・ヌーボー解禁間近! 飲食店はイタリアのノヴェッロや日本ワインの新酒にも注目を

11月の第3木曜日はボジョレ・ヌーボーの解禁日。2017年は11月16日が解禁日です。ボジョレ・ヌーボーといえば、解禁日に合わせたイベントの様子がメディアで紹介されることもあり、普段ワインは飲まないという人も、その話題性から飲食店で見つけるとついオーダーすることも。また、ボジョレ・ヌーボー以外にも各国から登場する新酒ワインは多くあり、愛好家はその時を楽しみにしています。そこで今回は、解禁日に店にそろえておきたいボジョレ・ヌーボーをはじめ、注目の新酒ワインを紹介します。

Photo by iStock.com/Natalia Van Doninck

知名度抜群! 爽やかで果実味たっぷり「ボジョレ・ヌーボー」

フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレ地区で作られるボジョレ・ヌーボー。ワイン好きでなくても、名前だけは知っているという人が多くいる知名度抜群のワインです。

ボジョレ・ヌーボーは、ガメイという品種のブドウで作られます。ロゼもありますが、ほとんどが赤ワイン。ブドウの収穫から40~50日程度で作られるワインで、フランスワインとしては最も熟成期間が短いものになります。そのため、イチゴのような甘い香りと果実味たっぷりのフレッシュな飲み口が特徴。赤ワイン特有の渋みが少ないため、女性やワインに慣れない人でも飲みやすい味わいです。さっぱりとした飲み口から、日常的に楽しめるワインの一つともいえます。

通常、赤ワインは冷やさずに楽しむものですが、ボジョレ・ヌーボーは軽く冷やしたものを提供するのがおすすめです。前菜や鶏肉料理と相性が良いので、ぜひメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

個性豊かなボトルが勢ぞろい! イタリアの新酒「ノヴェッロ」

Photo by iStock.com/Superanry

ワイン好きの間で「ボジョレ・ヌーボーより楽しめる」と人気なのが、イタリアの新酒・ノヴェッロです。ノヴェッロは毎年解禁日が異なりますが、2017年は10月30日に解禁となりました。

日本で有名なボジョレ・ヌーボーが地区やブドウの品種を限定しているのに対し、ノヴェッロは地方もブドウの品種も限定していません。南北に長いイタリアでは北と南でも気候が大きく異なることに加えて、その豊かな環境によりじつに多くの“地ブドウ”が存在します。そのため、一言にノヴェッロといえども赤ワインを中心に白ワイン、ロゼワインもあり、その味はボトルごとに異なりバラエティに富んでいます。なかには新酒とは思えない深い味わいが感じられるものもありますが、多くは軽い口当たりでフルーティーさが楽しめるのが特徴といえます。

もちろん、パスタやピザなどイタリア料理との相性は抜群! トレンドに敏感な女性たちの集まる女子会などで、ボトルワインで楽しむことを提案してみるのもおすすめです。

注目の日本ワインも9月中旬~11月は新酒ラッシュ!

ワインと聞くと、フランスやイタリアなど海外をイメージしがちですが、近年、盛り上がりを見せるのが「日本ワイン」。これまでは欧州に押されていましたが、国内でも個性的なワイナリーが増え、切磋琢磨することでハイクオリティなボトルが見られるようになりました。日本ワインに特化した飲食店も誕生しています。さらに日本ワインの明確な定義や表示ルールが決められた法律が2018年10月30日から施行されるなど、国も後押し。これからますます注目が集まることが期待されています。

そんな日本ワインの新酒ラッシュは9月中旬~11月。各地のワイナリーが丹精込めて造ったワインが登場します。特に日本特有のブドウの品種である「甲州」「マスカット・ベリーA」で作られたワインは、和食に合わせるのにもぴったりです。また店で出している食材が山梨産なら山梨のワイナリーのものを、長野産なら長野のワイナリーのものをなど、産地を合わせてワインを提案するのもおすすめです。

新酒がそろう11月は店にぴったりの1本を見つけたい!

Photo by iStock.com/igorr1

このほか、ドイツの「デア・イノエ」、オーストリアの「ホイリゲ」といった新酒ワインもあります。ボジョレ・ヌーボー解禁で盛り上がる11月は、各国の新酒ワインをそろえて、他店と差を付けてみてはいかが。ビストロならボジョレ・ヌーボー、ピッツェリアやトラットリアならノヴェッロなど店のテイストに合わせて新種ワインを仕入れるのもおすすめです。

とはいってもワインは産地やブドウの品種はもちろん、ワイナリーによっても大きく味が異なるもの。一体どれがぴったりなのか、迷ってしまうこともあります。そんなときはマッチングサービスを利用して、卸業者からおすすめのワインの提案を受けてみるのもひとつの手。「飲食店.COM 食材仕入れ探し」では、ワインを扱う仕入れ会社を多数紹介。ワインの仕入れ先をお探しの方は、ワインに強い仕入れ先一覧をご覧ください。

最新記事

話題の食材・メニューに関する記事

話題の食材・メニューに関する記事をすべて見る⇒

食材仕入先マッチングサービスのご利用はこちら(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

お探しの食材カテゴリを選択してください。

サービスの流れはこちら

食材仕入先マッチングサービス(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

希望条件を入力すると、当サイトへ登録している食材卸会社の中で、お客様の条件に合った複数の仕入れ先から提案がきます。

希望条件を入力する

ピックアップ仕入れ会社

業務用酒販 (株)ヤマロクの会社ロゴ

業務用酒販 (株)ヤマロク
[業務用酒類販売、業務サポート]

プロ専用冷凍食材・通販  ㈱アクティブの会社ロゴ

プロ専用冷凍食材・通販  ㈱アクティブ
[プロ専用冷凍食材・通販]

食材卸、酒類・ドリンク卸の企業様へ

参加企業募集中

当サイトでは、取引先飲食店をお探しの食材卸企業様を募集いたしております。

掲載申し込み お問い合わせ
ページトップへ↑