業務用食材、プロ向け食材、酒・ドリンク類の仕入れ先・業務用卸業者探しなら、飲食店.COMの食材仕入先探し

スマホでかんたん発注
  1. 食材仕入先探しトップ
  2. 食材仕入れ先一覧
  3. 株式会社コーセーの会社詳細

株式会社コーセーの会社詳細

コーセー

株式会社コーセーの会社ロゴ
事業概要
業種 中国・東南アジア食品の輸入及び販売
設立 1990年11月21日 代表 日下部 晴彦
取扱食材
カテゴリ
会社所在地 東京都中野区中央1-23-7
担当者 日下部 晴彦
配送 東京都

会社の特色・取扱商品のPR

こだわり派シェフも満足!

会社の特色・取扱商品のPR画像

◆コーセーダイレクト
コーセーの販売方法であるダイレクトセールスも最近では他社に模倣されるほど注目されるようになりました。
当初、問屋を通さない直接販売に対して、同業者からは、問屋を通さずに商品が売れるはずがないと批判的な目で見られていましたし、問屋自身も当社のようなニッチ商品に対して興味を示そうともしませんでした。
ところが最近は状況が完全に逆転し、大手問屋筋から引き合いが来るようになりました。
このような状況はありがたい事ですが、当社では今後とも他社には無い品揃えと味付けにこだわり、ダイレクトにお客様とお付き合いしていく事が重大であり使命であり、それがコーセーの存在意義だと考えています。

◆コーセーの商品特徴
コーセーはネイティブフレーバーの水先案内人です。
コーセーの輸入食品は殆どのものが日本人の口に合わせていません。ようするに原産国オリジナルの味です。
これをコーセーではネイティブフレーバーと呼んでいます。ネイティブフレーバーこそが本物志向の究極の姿だと考えます。
従って本物であるがゆえに、万人受けすることは無く、お客様によって好き嫌いがはっきり分かれる事になります。
また、料理に必要な全ての食品を取り揃えてはいません。既に普及している一般的な食品よりも、より個性的な食品をご提供しています。

◆美味しさについて
よくお客様から「その商品は美味しいですか」と聞かれることがあります。
コーセーでは輸入する全ての食品を事前に試食し、その結果、美味しいと判断されたもののみを輸入してご提供しています。
しかしながら美味しさの基準と言うのは千差万別です。
人間の味覚は思春期ぐらいまでに確定されます。ようするにどの時代に生まれ、どこの国のどの地方で育ったかで美味しさの基準は異なると言うことです。同じ物を食べても全ての人が思うことは稀なことなのです。

≫会社ホームページはこちら

株式会社コーセーと同じカテゴリーの仕入れ先

  • スペシャルティコーヒー専門の自家焙煎店です

    株式会社平村珈琲 (業務用コーヒー豆の卸し)

  • 韓国食品 焼肉材料の丸萬商店です!

    株式会社マルマン (韓国食品 焼肉材料の販売)

  • 新鮮なお魚が集まる鶴橋鮮魚市場に店舗を構える卸問屋です!

    河岡水産 (魚問屋)

食材仕入先マッチングサービスのご利用はこちら(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

お探しの食材カテゴリを選択してください。

サービスの流れはこちら

食材仕入先マッチングサービス(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

株式会社コーセーや、その他の食材、ドリンク仕入れ先から提案を受けたい方はこちらからご希望の商品や条件をご入力下さい。

希望条件を入力する

ピックアップ仕入れ会社

株式会社アラカルトフーズの会社ロゴ

株式会社アラカルトフーズ
[業務用総合食材卸]

食材卸、酒類・ドリンク卸の企業様へ

参加企業募集中

当サイトでは、取引先飲食店をお探しの食材卸企業様を募集いたしております。

掲載申し込み お問い合わせ
ページトップへ↑