首都圏 関西 東海 九州
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. 開業者の声「Silent Cafe」

開業者の声「Silent Cafe」

2014年6月18日

お店情報

店主/渡邊 由貴(ワタナベユキ)
業種/カフェ
立地/181-0013 東京都三鷹市下連雀4-17-10 ひだりまきビル1F
最寄駅/JR 三鷹駅
URL/https://www.facebook.com/SilentCafe.jp

店舗データ

店舗面積/21.78坪 72.0m2
客席数/20席
開業日/2014年4月28日
営業時間/10:00〜19:00(夜間は予約制)
定休日/火または木
ターゲット層/20代〜50代
客単価/1000円
月商/200万円

開業資金

開業資金(総額)/400万円
開業資金(自己資金)/200万円
開業資金(借入金)/200万円

開業資金について

借入先:西武信用金庫、政策金融公庫
融資申し込みから承認までの期間:1 ヶ月程度

■開業資金の内訳
物件取得費:150万円
内装費(家具・看板含む):90万円
厨房機器:60万円
運転資金:100万円

スケジュールについて

サイレントカフェ様では、耳が聞こえないスタッフが手話や視覚を利用して接客を行っています。障がい者と健常者の架け橋となることを目指して2011年に開業されました。

【開業のきっかけ】
「以前から、障がいを持った方がもっと活躍できる社会にしたいという思いを持っていました」そう語るのは代表の渡邊様。障がいをひとつの個性として、全ての人が活躍できる社会になってほしいとの思いから、このカフェを考案されたとのこと。この事業計画が高く評価され、「株式会社まちづくり三鷹」主催のビジネスコンペティションでみごと優秀賞を受賞。この受賞が大きな自信となったこと、支援金を得たことが後押しとなり開業を決意されたそうです。

【開業に至る経緯について】
同店は、はじめは「三鷹市公会堂別館」の中の一区画で営業を行っていました。以前より公会堂別館でカフェを営んでいた個人経営のオーナー様に頼み、そのカフェのスペースを間借りするところからスタート。ただ、半年後に公会堂別館が建て替えを行うことが決まっていたので、それまでの期間限定での営業でした。その後、公会堂建て替えのために一旦閉店するものの、2 ヶ月後には吉祥寺にあるカフェ・雑貨複合店舗「グランドキオスク」で土日限定で営業を再開。グランドキオスクでの営業やイベントなどを行いながら物件を探し続け、2014 年4 月、ついに新店舗にて再スタートを切りました。

【2011 年7 月】三鷹市公会堂別館にて開業
【2011 年12 月】公会堂別館が改築工事のため一旦閉店となる
【2012 年2 月〜7 月】カフェ・雑貨複合店舗(キオスク)にて土日限定で再オープン
【2012 年11 月〜2013 年10 月】「起業家空間i-office 吉祥寺」で月に1回の独自イベント開催や朝市、お祭りなどに出店しながら、次の事業展開を準備
【2013 年6 月】創業補助金交付が決定される
【2013 年10 月】株式会社設立
【2013 年11 月】物件申し込み
【2013 年12 月】物件契約
【2014 年4 月28 日】移転完了、再オープン

業者選定について

物件探し:インターネット
デザイン・設計施工会社:有限会社和晃(設計はなし)
厨房機器・備品:飲食店.COM厨房備品を探そう
食材・ドリンク仕入れ:株式会社スズアコーヒー店(※その他のドリンク・食材は業者選定中)
人材:自社メディア・人材紹介サービス
販促・PR:Facebook、Twitter

開業までに困ったこと

物件がなかなか見つからなかったことだと渡邊様は振り返ります。物件が決まるまでに、2 年以上もの時間がかかったそうです。

物件探しについて

渡邊様がいちばん重視したことは、家賃(初期費用)の安さと路面店であること。また、車いすの方の来店も想定し、段差がなく広いエントランスであることが条件でした。はじめは吉祥寺駅のみで探していたけれど、予算に合う物件がなかなか見つからなかったためエリアを三鷹まで広げることにしたのだそう。この店舗は駅から少し歩くという難点はあるものの、条件は全てクリアしていたのでこちらに決定されたとのこと。

オープン後について

同店の看板メニューは「バナナミルク」。バナナに混ぜ合わせる材料をチョイスして、自分好みのバナナミルクをオーダーできるシステムとなっています。これは、お客様に材料を選んでいただくことで、お客様と店員との間に自然とコミュニケーションが生まれるようにするための工夫として考案されたもの。今ではほとんどのお客様が注文するほどの人気商品となっています。

コアターゲット層は20代〜50代の女性。実際に30代〜50代の主婦の方や近くの企業にお勤めの方に多くご来店されているのだとか。さらに、前述の「バナナミルク」は元々高校生や20代の若者層に向けて開発した商品だということもあり、若い人たちの来店も少なくないそうです。

今後の意気込みについて、渡邊様はこう語ってくれました。「オープン直後からお弁当についてのお問い合わせや、夜間も営業してほしいなどのご要望が多く寄せられているので、こういったお客様の声をどんどん取り入れていきたい。また、ゆくゆくはこの店舗だけではなく、移動型カフェや出張イベントなどにも取り組んでいきたいと考えています。」

今後開業を考えている方に向けて、メッセージをお願いします

飲食店は増加傾向にあるのに、飲食業界の人材不足は進むばかりです。当店では、カフェでの経験をお持ちの健聴者の方を探しているのですが、なかなか見つかりません。人材採用については、一工夫が必要かもしれません。また、当社の事業はちょっと特殊ですが、どんな飲食店でも、他のお店にはないような新しいサービス(アイデア)があるといいと思います。

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ