首都圏 関西 東海 九州
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. 開業者の声「La Goccia Tokyo」

開業者の声「La Goccia Tokyo」

2014-07-01 20:17:03.0

お店情報

店主/龍花 和輝(タツハナ)
業種/カジュアルイタリアン
立地/108-0071 東京都港区白金台4-8-10 立花ビル1F
最寄駅/東京メトロ 南北線/都営地下鉄 三田線 白金台駅
電話番号/03-5422-6889
URL/https://www.facebook.com/LaGocciaTokyo

店舗データ

店舗面積/45.38坪 150.0m2
客席数/49席
開業日/2014年5月24日
営業時間/18:00〜23:00
定休日/月
客単価/5000

スケジュールについて

【開業のきっかけ】
勤めていた商社を辞めてこの店を開業しました。経営経験はもちろん、飲食店で働いた経験もありません。それでも飲食店経営にチャレンジしたのは、人を喜ばせることができて、チームで一緒に喜びを分かち合える仕事がしたかったからです。この想いを実現できる業種はなにかと突き詰めていったら、飲食業にたどり着きました。

構想は5年前から練っていました。元々ワインとヨーロッパが好きでしたので、この2つを題材とすることと、老若男女問わずいろいろな人に、さまざまなシュチュエーションで楽しんでもらいたいというコンセプトは初めから決めていました。
開業決意後すぐに町の特徴や家賃相場などのリサーチを始めるとともに、ワインスクールに通ってワインの知識を磨き、いろいろな店を食べ歩いて知見と人脈を広めるなど、時間をかけて入念に準備してきました。


【物件申込からオープンまでのスケジュール】
【2014年2月】物件申込、物件契約、施工着工
【2014年5月1日】物件引き渡し
【2014年5月24日】オープン

業者選定について

■デザイン・設計施工会社
株式会社インティさんにお願いしました。設計施工会社の選定では、実績が高く評価されている会社10社以上に問い合わせ、そのうちの5社から実際に提案を受けました。決め手になったのは、まるで自分のお店のことのように考えてくれるインティさんの本気度です。いいお店をつくりたいという熱意が伝わってきました。また、こちらの要望に対してどうすれば実現できるか、諦めずに根気強く提案してくれる姿勢に魅力を感じたことも、ここに付け足しておきたいポイントの一つです。

■厨房機器・備品
厨房機器は株式会社インティさん、調理器具は飲食店.COM厨房備品を探そうから購入しました。

■食材・ドリンク仕入れ
基本的に、それぞれ決まったルートから仕入れています。食材については、東京都産のものを積極的に取り入れるようにしています。もちろん、美味しいものがあれば東京だけでなく神奈川や九州、北海道など全国から仕入れていますよ。だけど、東京都産の美味しさをもっとみんなに知ってもらいたいということは当店のコンセプトの一つでもあるので、なるべく東京都産を仕入れるようにしています。あまり知られていないですが、東京都産の野菜は味が濃厚で美味しいんですよ。また、東京都産には特徴的なハーブや見たことのない蕪など、あまり知られていない食材もたくさんあるので、料理のオリジナリティーを際立たせることにも一役買っています。牛もまた、東京都あきる野市で育てられた黒毛和牛A4からA5ランク相当の肉を仕入れています。

ワインはすべて試飲して仕入れています。いろいろなお客様の好みに合うように、自分だけではなくメンバーのみんなで試飲し、自分たちが価格以上だと納得したワインしか仕入れていません。イタリア産やフランス産だけではなく、日本産のワインも多く取り揃えています。日本のワインは生産量が少ないことから一般的に知名度が低いですが、日本にもヨーロッパに引けを取らないワインが数多くあることを知ってもらいたいのです。今後も、私たち日本人が作った日本のワインをどんどん紹介していきたいと思っています。

■人材
求人広告などは一切使っていません。飲食店を食べ歩いているうちに知り合った人や紹介で知り合った人など、自分でいいなと思った人に声をかけて集まったメンバーです。開業を決意してからずっと仲間を捜していたこともあり、スタッフはかなり早い段階から決まっていました。
現在のメンバーは自分を含めて6名。ホール4名、キッチン2名です。キッチンはもう一人増やしたいと考えているところです。

■販促・PR
Facebookはあるものの、そのほか特に宣伝は行っておりません。まずは地元の人に愛されるお店を目指したいという気持ちから、あえて広告は出しませんでした。当店は駅近の路面店なので、住民の方にとっては目につきやすい場所だと思うんです。いまは地域の人を大切にしたいという気持ちが大きいですね。後に遠方の方が来てくれるようになっても、この気持ちを忘れずにやっていきたいと思っています。

開業までに困ったこと

設計施工会社さんがうまくやってくれたおかげもあって、大きなトラブルもなく今日までくることができました。それでも、すべてがイチからスタートの手探り状態でしたので、困ったことと言えば全てに困りましたね。行き詰まったときには知り合いの経営者の方にアドバイスをもらったり、スタッフに相談しながらひとつひとつクリアしてきました。私一人の力だけでは、とても開店までこぎ着けることはできなかったと思います。

オープン後について

店名の「Goccia」は、イタリアで「雫」という意味。 ワインとお料理を最後の一雫まで味わってもらいたいという気持ちを込めています。その後ろに「Tokyo」を付けることで、東京都産の食材を味わってほしいという意味も含ませました。

内装のコンセプトは「アメイジングな世界」。店内はイタリアの街を表現しており、随所に趣向を凝らしました。高い天井と照明効果で空をイメージした太陽神殿のような通路、床には石畳を敷き詰め、街頭ランプやベンチを配置する等々。入り口を開けた時から異空間を感じてもらえるような内装に仕上げました。
また、ところどころに楽しい仕掛けを施しています。たとえば、壁にイタリア語でメッセージを書いたり、ワインを輸送する船の絵を店内のあちこちに描き、どこに描いてあるのか探してもらったり、テーブルやカウンターをワイン樽と同じ材木で作ったり……。訪れた人たちに楽しんで食事をしてもらいたいという気持ちを形にしました。これらの仕掛けは、お客様とコミュニケーションを図るのにも一役買っています。

ターゲット層の性別や年代は特に決めていません。ファミリー、カップル、お一人でもグループでも。普段の食事から記念日、特別な日まで、いろいろな人にいろいろなシーンで来てもらえたら嬉しいですね。

オープンして1週間。いまやっとステージが整ったばかりです。これからみんなの力でサービスを充実させていこうと、メンバー一同意気軒昂です。

今後はランチの営業も視野に入れ、ワインの種類ももっと増やしていきたいと考えています。そういった目に見えるサービスの幅を広げていくことはもちろんですが、お客様にアメイジングなサービスを提供し続けるためにも、メンバーにはもっともっと大きく成長していってもらいたいですね。仕事の上でも、人間としても。
スタッフの自主性を大切にしながら、やりがいをもって楽しく働ける環境づくりにも注力していきたいと考えています。

今後開業を考えている方に向けて、メッセージをお願いします

開業の準備は、焦らずにしっかりと行ってください。私が大きなトラブルもなくスムーズに開店できたのは、綿密なスケジューリングが功を奏したのだと思います。

業者選定については、自分の気持ちと合うかどうか、同じ方向を向いてやっていけそうかどうかをよく見極めてください。どんなに実績があっても、歯車が噛み合わない業者とは上手くいかないものです。

また、プレオープンでは想定外なことが少なからず発生しました。オープン前のシミュレーションは絶対に行っておいたほうがいいですよ。その意味でも、プレオープンを開催されることをおすすめします。

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ