首都圏版 関西版 東海版
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. グルメ激戦区の大阪「谷町四丁目」に飲食店を出店。繁盛店への近道はランチ営業にあり

グルメ激戦区の大阪「谷町四丁目」に飲食店を出店。繁盛店への近道はランチ営業にあり

2018-03-22 15:28:05.0

Photo by iStock.com/coward_lion
大阪市営地下鉄「谷町線」と「中央線」が交差する谷町四丁目エリア。オフィス街の中心にあるため、ビジネスマンの舌をいかに掴むかが成功を左右します。なかでもランチタイムは激戦必至。多くの飲食店が連なるなか、それぞれが創意工夫を凝らしています。今回は、そんな谷町四丁目の特徴と出店のポイントをご紹介します。

谷町界隈の中でもビジネス色が濃い「谷町四丁目」

大阪市内を縦に割って、少しだけ東側に位置するのが谷町四丁目エリア。とはいえ、東西南北でそれぞれ特徴があり、次のように分かれます。

・東側:大阪城や大阪城公園がある観光スポット
・西側:堺筋本町駅〜本町駅が続く、大阪を代表するオフィス街
・南側:谷町六丁目周辺もオフィスビルが多く立ち並ぶ
・北側:警察本部や大阪府庁などがある官庁街

北側から順番に、谷町四丁目、谷町六丁目、谷町九丁目と並ぶ「谷町界隈」のなかでも谷町四丁目周辺は、ほかと比べてビジネス色が強いのが特徴。オフィスビルが密集しています。一方、東側は緑あふれる観光スポット・大阪城がある観光スポットです。そのため、観光客も谷町四丁目に流れてきまが、飲食店の集客のメインとなるのは、やはりビジネスマンといえます。

■主要駅へのアクセスが便利
最寄り駅である「谷町四丁目駅」は、「谷町線」と「中央線」が交差。両者とも交通の便がとてもいいのが特徴です。谷町線は、梅田、新大阪、天王寺、難波方面に繋がっています。大阪の主要エリアにアクセスできるので、通勤ラッシュ時には必ず満員になるほど、多くの人が利用しています。

中央線は、奈良と大阪を結ぶ生命線。奈良に住んでいる人が大阪に通勤する際に利用しています。大阪の真ん中を横断するように敷かれた地下鉄で、谷町線と同じく主要エリアに繋がっているため、とても便利なラインです。

個性豊かなこだわり飲食店が集まる

谷町四丁目はビジネス街の真ん中。飲食店がターゲットとする客層も、当然ビジネスマン寄りです。そのため平日のランチタイムに力を入れて、逆に土・日曜は閉店しているお店もあります。

居酒屋が中心ですが、そのジャンルはさまざま。サンドイッチや和定食を提供するこだわり派のお店もあり、それぞれが自分の強みを活かした工夫を凝らしています。また、グルメ雑誌やTV番組で紹介される店も多く、ミュラン三ツ星を獲得したレストランもあり、まさにグルメ激戦区です。中でも注目したい3つの飲食店をピックアップしてご紹介します。

■三ツ星レストラン『Fujiya 1935』
大阪地下鉄「谷町四丁目駅」から徒歩7分ほど。フレンチレストラン『Fujiya 1935』は、1935年に創業。素材の味を最大限に生かすこと、美しく盛り付けることなど、代々受け継がれているこだわりが光ります。多くの美食家の舌を唸らせ、ついにはミシュラン三ツ星を獲得。オフィス街の中心から少し離れた場所にあることも相まって、非日常の空間を求める人々が訪れます。

■カレー激戦区をけん引する『バビルの塔』
谷町四丁目には「通称:裏谷四」と呼ばれるエリアがあります。谷町筋と松屋町筋に挟まれ、中央大通りよりも北側周辺を指しますが、実は大阪屈指の「カレー激戦区」なのです。そんな裏谷四の名付け親といわれているのが、『バベルの塔』の店主。2012年にオープンして以来、「肉カリー」と「豆カリー」の2種類だけを提供するこだわり派。カレー激戦区をけん引する存在です。

■ランチタイムは行列『そば切り文目堂』
谷町四丁目の稼ぎ時はランチタイム。お昼休憩のビジネスマンを狙って、創意工夫をする飲食店がたくさんあります。なかでも「そば切り文目堂」はミシュラン一つ星を獲得した実力派。関西負の優しい味付けと蕎麦が持つ本来の香りを引き出す調理法が特徴。ランチタイムには行列ができています。

Photo by iStock.com/bee32

「ランチ→ディナー」の流れを作る

谷町四丁目で存続するためには、ビジネスマンの舌を掴むことが必須。その上で出店するポイントとして以下の3点が考えられます。

・まずはランチメニューに力をいれる
・ランチタイムで客を掴み、夜営業への導入を促す
・谷町四丁目周辺で一人暮らしをする人も意識してみる

まずは、「お昼の休憩1時間」が勝負。提供の速さはもちろん、値段の安さ、ボリュームなどを考慮しながらメニューを開発し、一人ひとりの記憶に残るようなおもてなしが必要になってきます。その流れで、夜の集客に結びつけることも大事。ランチタイムは広告塔という位置付けで、ディナータイムで利用できる割引券を配布するなど、1日を通して人が絶えないように工夫していきましょう。また、谷町四丁目周辺には、一人暮らし向きの賃貸マンションが点在しています。夜遅くに会社から帰宅するビジネスマンをターゲットにして、栄養バランスを考えた定食メニューを提供するのも差別化を図る糸口になるかもしれません。

いずれにしても、まずはランチタイムがスタート。そのなかで精一杯のこだわりと工夫を凝らし、谷町四丁目に欠かせない飲食店を目指しましょう!

谷町四丁目駅の店舗物件一覧

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM 【首都圏版 | 関西版 | 東海版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ