首都圏 関西 東海 九州
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. お世話になったマスターに背中を押され、独立。理想の飲食店開業までの道のりを取材

お世話になったマスターに背中を押され、独立。理想の飲食店開業までの道のりを取材

2019-03-05 12:09:26.0

アルバイト先のマスターに影響を受け、飲食の道に

「最初は飲食業にこだわっていたわけではなかったんです」と話す代表の村主さん。19歳の時からダーツバーで働いていたものの、独立して飲食店を経営することは考えていなかったという。

「23、4歳の時だったと思いますが、勤め先のダーツバーで知り合った方が飲食店をやるということで、『手伝ってくれない?』と声を掛けられて。草加市谷塚にある和風ダイニングで働くことになりました」

そこから、ダーツバーでの勤務と掛け持ちで和風ダイニングでのアルバイトを始めたそうだ。そこでの仕事は初めてのことばかりだったが、マスターや仲間と共に過ごす時間は何より楽しかった。マスターの人柄にも惹かれ、村主さんもいずれは独立して店を持ちたい、と考えるようになったという。

「和風ダイニングで働き始めて5、6年が経った頃、独立したいと思っていることを知っていたマスターが『そろそろ自分で頑張るときだ』と敢えて店から送り出してくれたんです。その後は、将来出したいお店に近いスタイルの飲食店でいくつか働くことにしました。そのうちの一つが草加市内にある『タンジールカフェ』という場所です」

とりあえずマッチングサービスに登録、物件も運良く見つけられた

だんだんと理想の店のイメージが広がってきたところで物件を探し始めるものの、なかなか目ぼしい場所に出会えず、半年以上立ち往生することに。それでも「何かしら動きたい」と思った村主さんは、スマートフォンで店舗デザイン.COMのホームページを見つけ、物件は決まっていないがデザイン会社マッチングサービスに登録した。登録することで夢に一歩近づいた、という感覚であったという。

「マッチングサービスで知り合った4社の方とお話しさせていただいて、最終的にIDEAL BOXさんに決めました。代表の伊藤裕治郎さんは僕の一個上で話しやすくて、感性が近い気がしたんです。そう遠くない場所に事務所もあって、これから独立するという中で、同世代の人と一緒に店を作ることができるのは心強いなと思いました」

こうして話を進めていた折に、知り合いを通じて現在の物件に巡り合った。

「もともとは、借主が副業ではじめた居酒屋でした。本業が忙しかったので、多忙のため一度店じまいして、そのまま借りっぱなしになっていたそうです。自分の店として使っていいなら貸してほしいと申し出て、譲ってもらう手続きをしました」

人と人との繋がりがこの場所に導いたといっても過言ではない。「今振り返れば、運が良かったんだと思います」と村主さんは語る。

スケジュール

【2018年5月】店舗デザイン.COMのマッチングサービスに登録登録
【2018年6月】内装工事会社決定、打ち合わせ
【2018年7月】物件契約
【2018年10月中旬】内装工事開始
【2018年11月後半】竣工(のべ1か月弱)
【2019年1月4日】オープン

ふわっとしたイメージを形にしてもらった

内装は半スケルトンにして、以前の居酒屋とは一新。意外にもコンセプトは「特になかった」そう。アメリカンな雰囲気は以前働いていた「タンジールカフェ」の影響とのこと。

「イメージをなんとなく伝えて、それを伊藤さんが形にしてくれました。やりたいことを全部言ってしまうと、自分の思っている予算より上にいってしまいますから、やりたいことのなかから取捨選択していきました。例えば天井。本当は躯体を見せたかったんですけど、そこは予算が合わなくて、天井の板を入れました。有孔ボードにしたのは、伊藤さんのアイデアです」

7坪と比較的小さな場所ながらも、入口からの印象が明るく天井が高いため、実に開放的。スタイリッシュではあるが、気取った雰囲気は一切なく、温かな空間となっている。“縁”を大切にしてきた村主さんの人生観と経験が息づいた店構えといえるだろう。そんな『Food&beer Village』のいちばんの売りは、生のクラフトビール。女性にも飲みやすいと評判だ。

「メニューもデザインも全部自分の自由。その代わり全部自分の責任になってしまうけど、自由にできることが今は嬉しいなと思っています。まだオープンして1、2か月なので、これから色々と考えなきゃいけないことは出てくるんでしょうけど……」

これから開業する人へのメッセージ

「今回僕は4社の人と話しましたが、時間が許すのであればいろいろな内装会社さんと話したほうがいいとは思います。ダメもとでもいいので、内装会社さんになんでも言うことが大事かなと。あと、内装工事のスケジュールを組むとき、大型連休は避けたほうがいいです。僕はちょうどお盆を挟んでしまって。IDEAL BOXさんは頑張ってくれたんですが、職人さんがつかまらず、工事が止まってしまいました(笑)。そこは注意してください!」

飄々とした語り口ながらも、出会ってきた人や店に対する思いをしっかりと言葉にしてくれた村主さん。『Food&beer Village』では、これからどんな出会いが訪れ、変化していくのだろう? 今後が楽しみである。

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ