首都圏 関西 東海 九州
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. 「六本松421」を中心に再開発でにぎわう福岡「六本松」。飲食店出店の可能性は?

「六本松421」を中心に再開発でにぎわう福岡「六本松」。飲食店出店の可能性は?

2019年4月19日

画像素材:PIXTA
再開発が進み、今福岡で一番熱い街ともいわれるのが「六本松」。福岡市営地下鉄七隈線を利用すれば、中心地である天神までは10分とかからない場所にあり、2022年に七隈線の延伸工事が完了すると、博多からの乗り入れも十数分で可能になります。

また、九州大学があったことから、バスでの乗り入れも充実。駅近くにある上下線合わせて4か所の六本松バス停は、西区・城南区・南区などからの利用者も多くいるのが特徴です。

今回は、新たに生まれ変わった街として注目を集めている、六本松の飲食店事情と新規出店のポイントをご紹介します。

再開発で大きく変わり、若い世代に人気の注目エリアに

六本松はかつて、九州大学がキャンパスを置く学生街でした。2009年に九州大学が移設。跡地がUR都市機構に売却されたことで、六本松の再開発がスタートしました。

現在、六本松のにぎわいの中核となっているのが2017年秋にオープンした「六本松421」。福岡市科学館や九州大学法科大学院、さらに蔦屋書店や富裕層をターゲットにしたスーパーマーケット、「ボンラパス トレゾ」などが入る複合施設です。

2018年には、六本松421からすぐのところに福岡の裁判所が移転。新庁舎は全国で初めて高裁、地裁、家裁、簡裁の4裁判所が1カ所に集約されています。

駅前もきれいに整備され、活気にあふれています。また、周りにマンションが多く建設されたことから、若いファミリー層が増えたりと、一躍人気エリアになりました。

六本松の飲食店は、庶民価格で名店ぞろい

そんな六本松の飲食店は、人気店や行列店が多いのが特徴です。駅から歩いて3分の場所にある「京極街」は、スナックやバー、焼き鳥店など、カウンター中心の個性派店がそろう飲み屋街。そのすぐ近くには、福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長行きつけの店として有名な、1988年創業の中国料理店『您好!朋友(ニイハオポンユウ)』があります。

また、若い女性がSNSを見て訪れる店も多数あります。ふわとろの明太子オムライスで勝負する『五穀』、福岡の人気店『パンストック』で修業した店主が開いたベーカリー『マツパン』、ミシュランにも掲載された『うどん日和』など、どこも平日でも行列ができることで知られる注目店です。

老舗店と再開発後に出店した店が混在する六本松。かつて学生街だった名残で、庶民価格の店が多く、若い女性からファミリー、プレミアムエイジまで、幅広い世代が利用しやすい飲食店が多く集まる印象です。

画像素材:PIXTA

六本松に個人経営の飲食店を出店するポイントは?

再開発によりにぎわいにあふれる六本松ですが、駅から5分も離れると住宅地。そのため、飲食店を出店するのであれば、家賃が少々高くても、駅近や大通り沿いなどの目立つ場所を選ぶことが大切です。

駅前は和食系の居酒屋が多く、バルやビストロなどは少ない印象。「洋」を売りにした気軽に楽しめる飲食店であれば、他店との差別化につながりそうです。さらに、六本松421内にある蔦屋書店を訪れる客を中心に、感度が高い若い層が多く訪れる可能性があるため、専門性が高い店や個性派な店も受け入れられやすいでしょう。

また、六本松駅から大濠公園へ向かう人が利用することも多いため、ファミリーが気兼ねなく利用できるカフェやランチが食べられる店、テイクアウトの需要に応えるのもおすすめです。

六本松周辺には大濠や赤坂、桜坂などの高級住宅地があります。赤坂のけやき通り周辺には、アッパー層が普段使いする大人な店が多いですが、六本松駅周辺はまだそういう店がありません。集客が期待でき、かつまだ競合が少ないので、チャレンジしてみる価値はありそうです。


<飲食店.COM>六本松の店舗物件を探す

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ