首都圏 関西 東海 九州
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. JR横浜タワー開業でますます賑わう横浜駅エリアは、”横浜グルメ”不毛の地!? 街事情と飲食店出店のポイント

JR横浜タワー開業でますます賑わう横浜駅エリアは、”横浜グルメ”不毛の地!? 街事情と飲食店出店のポイント

2020年7月16日

画像素材:PIXTA
横浜駅の乗降客数は1日あたり約230万人、これは新宿・池袋・渋谷に次いで世界第4位といわれています。長らく建設中だった駅ビル「JR横浜タワー」「JR横浜鶴屋町ビル」が2020年6月に同時オープン。リニューアルした「CIAL横浜」とJR系の「NEWoman横浜」やホテル、映画館、オフィスなどが開業しました。ますます賑わいを増す横浜駅周辺の街事情と、飲食店出店を検討する際のポイントについてご紹介します。

「帷子川」と海に囲まれた埋立地に、多くの商業施設

横浜駅にはJR東海道線、東急東横線、みなとみらい線、京浜急行線、相鉄本線、横浜市営地下鉄ブルーラインの6路線が乗り入れているので、平日・休日を問わず多くの人が駅を利用します。2004年にはみなとみらい線が開通、2019年には相鉄線とJR埼京線の直通運転が可能になり、新宿まで直結。今後相鉄線は東急線とも直通予定があり、横浜駅は現在も進化中です。

明治時代は現・桜木町駅が横浜駅でしたが、その後移転。現在の横浜駅は昭和3年に設置された三代目です。横浜駅は地図で見ると、周囲をぐるりと「帷子(かたびら)川」に囲まれた立地。横浜駅東口側は河口が海へと続いていて、地形を見ればこのエリアが埋立地であることがよくわかります。このため、駅前は計画的に開発されました。

横浜駅西口には以前から「ジョイナス」「横浜高島屋」「横浜モアーズ」、少し離れて「横浜ビブレ」があり、今回オープンした2つの駅ビルを加えて巨大な商業ゾーンとなっています。もう一方の海側に面した東口には「横浜そごう」「横浜ポルタ」「ルミネ横浜」「横浜ベイクォーター」が終結。西口とともに、こちらもかなりの賑わいです。2019年には横浜駅の西口地下街と中央通路を結ぶ地下通路が完成し、移動がさらに便利になりました。

このような環境なので、飲食店の多くは商業施設のテナントです。非常に多くの人が横浜駅を利用しますが、食事をするのは駅ビルやデパート内の飲食店ということが一般的です。

“横浜グルメ”といえば・・・? じつは名物料理に乏しい横浜駅エリア

ところで、”横浜グルメ”といえば何を連想するでしょう?

横浜観光案内などに紹介されているのは、「横浜中華街の肉まん」「ホテルニューグランド発祥のスパゲッティナポリタンやプリン・ア・ラ・モード」「明治時代創業の洋食店」などなど。しかし、これらはいずれも横浜駅エリアではなく、横浜港寄りの桜木町、関内、石川町近辺にあります。桜木町以南は明治時代から外国人居留地などがあり栄えたのに対し、横浜駅周辺はあとからできた埋立地で老舗レストランが少ないのです。

しかし横浜駅にも唯一といっていい、“横浜駅で食べられる横浜グルメ”があります。それは「崎陽軒のシウマイ」。崎陽軒は明治41年に初代横浜駅構内の売店として創業し、昭和9年に横浜駅東口にレストランを開業。常に横浜駅とともに歩んできた飲食店です。

現在の横浜駅周辺には、駅ビル店舗だけでなく一般店舗も多数

横浜名物が少ない横浜駅エリアですが、エリア全体が巨大な商業地域であり、かつ多くの人の需要があるため、市内で最多の飲食店が営業しています。デパートやホテルには高級レストラン、商業ビルには手頃な価格の店やフードコート、さらにその周辺には一般的なビルに入居する店舗も多数あります。

最も駅近くで一般の飲食店が集積しているのが、横浜駅西口を出て左方向、「ジョイナス」と「横浜高島屋」のビルの西側の一角です。居酒屋のチェーン店が多くを占めますが、「なか一」「酒とったり」「炭火焼ホルモン ジンギスカン たたら」など人気の単独店舗もあります。

そこから帷子川を越えると「横浜ビブレ」があります。この周辺にはさらにちょっとこだわりのあるバーやカフェなどの個人店が増えてきます。行列ができるラーメン店「家系総本山吉村家」の近辺にはいくつかのラーメン・つけ麺店も。さらに少し先のやや静かな一角に、口コミ人気の高いイタリアン「OSTERIA il FUOCO」があります。

また、横浜駅西口から右方向にある駅ビル「横浜モアーズ」周辺も飲食店が多いエリアです。こちらもチェーン店が多いですが、安価で人気の中華料理店「龍味(りゅうまい)」、焼肉の「焼肉問屋 横浜醍醐」、イタリアン「カンブーザ」など特色あるレストランもいくつか存在します。

一方の横浜駅東口には「崎陽軒本店」がある以外は、一般の飲食店が多くありません。しかし、崎陽軒より南の帷子川を越えた新高島駅に近い一角に飲食店が集まっています。海鮮居酒屋「〇う(まるう)商店」の本店・別館、その先には老舗蕎麦店「角平(かどへい)」、自然派ワインと中華の「カントナ」などがあります。
画像素材:PIXTA

横浜駅周辺に出店するには?物件数は多いので、条件に合う店舗をじっくり探そう

横浜駅周辺に個人で出店を考えるなら、上記で紹介したような一般の飲食店があるエリアで探すか、駅商業施設のテナント出店という2つの方法が考えられます。

商業施設のテナントとして出店するには一定の実績や資金力が必要となりややハードルが高いですが、横浜駅には古いビルや地下街を含めて非常に商業施設が多いので、検討の余地はありそうです。一般の店舗物件への出店の場合は駅から少し離れた場所となりますが、横浜駅の集客力を考えれば問題はありません。

横浜駅の賃料相場を見ると、平均で約25000円/坪となっています。こまめにチェックすることで、穴場の物件が出てくることもあるので、じっくり探しましょう。

横浜駅で出店するなら、たとえば以下のような業態が考えられます。

■価格帯は手頃で、ジャンルとしては特色がはっきりした店
横浜駅周辺にはチェーン店が多いので、チェーン店にはない特徴やこだわりを明確にした店なら集客しやすいでしょう。アジアンテイストの居酒屋、内装がお洒落な居酒屋、ひとり焼肉など、フード・インテリア・演出にこだわってみましょう。

■手軽に食事ができるB級グルメなどの店
横浜駅は乗り換え駅なので、短時間で手軽に食事したいというニーズがあります。ラーメンやうどん、丼物など、一人でも利用しやすくてランチはもちろん夜も気軽に食事ができる店が喜ばれそうです。

■目指せ横浜グルメ!横浜らしさをアピールする店
ご紹介したように、横浜駅には「崎陽軒」以外に横浜グルメと呼べるものがあまりありません。横浜らしさを意識して、志高く「横浜駅発祥の横浜グルメ」を目指してみるという案もあります。

横浜駅周辺には非常に多くの飲食店がありますが、食の多様さや地域色という点ではやや乏しく、個人店が参入できる余地はありそうです。検討に値するエリアのひとつといえるでしょう。


<飲食店.COM>横浜駅の店舗物件を探す

<飲食店.COM>店舗物件を探す
<飲食店.COM>譲渡情報を探す

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ