首都圏 関西 東海 九州
  1. 店舗物件探しトップ
  2. 物件タイムズ
  3. 第4次韓流ブーム到来で注目される韓国料理!飲食店出店のメリットと開業のポイント

第4次韓流ブーム到来で注目される韓国料理!飲食店出店のメリットと開業のポイント

2021年10月18日

画像素材:PIXTA
コロナ禍のステイホームで韓国ドラマやアイドルグループが人気となり、今は第4次韓流ブームといわれています。「韓流コンテンツを見た8割の人が韓国フードを食べる機会が増えた」という2020年の調査データ(調査/丸大食品株式会社)も。そこで、今注目したい韓国料理の魅力と韓国料理専門の飲食店開業のポイントを考えます。

カジュアルな店も本格派も。勢いのある韓国料理店

比較的新しい韓国料理業態となると、どんなお店があるかご存知でしょうか。韓国料理といえば、豚バラ肉のスライスを焼いて、野菜やキムチなどといただく韓国の焼き肉・サムギョプサル、野菜と薬膳がたっぷりでヘルシーと女性に人気なスンドゥブ、男女問わず食べたことが多い人気食・ビビンバは王道。最近では、ドラマ「愛の不時着」をきっかけにブームとなった韓国風唐揚げ・ヤムニョムチキンやアメリカンドッグのような見た目のチーズハットグ、見た目が華やかなかき氷・ピンスなど、実に多彩な韓国料理が楽しまれているのです。そのため、韓国料理店といっても、本格的なレストランから、カフェやテイクアウト専門店といったカジュアルなものまで、実にさまざま。ピークタイムには行列ができる人気店も多く存在します。

なぜ今韓国料理レストランなのか、そして中長期的には?

特に若い女性を中心に人気を集める韓国料理。話題を集めるジャンルであり、新たに韓国料理レストランを出店したいと考える方もいるでしょう。とはいえ、一過性のブームに乗るだけでは危険。韓国料理レストランを出店するメリットをしっかりと考えてみましょう。

■韓国料理の代表「焼肉」はコロナ禍も、今後も強い

韓国料理の代表といえば、サムギョプサルをはじめとした焼肉。コロナ禍では、多くの居酒屋が焼肉店に業態転換をはかりました。焼肉店の強みは景気に左右される宴会需要ではなく友人同士、家族、ひとりなど「プライベート需要」がメインだということ。ニューノーマルな時代を生き抜くための一つの選択肢といえます。

■韓国料理の固定ファンをつかみやすい

韓国料理といえば「焼肉」「ピリ辛、激辛」「キムチ」。辛いものと焼肉が好きな人は老若男女問わず一定数いるため、ファンをつかみやすいジャンルです。

■話題メニューを含めてバリエーションが豊富

定番の人気メニューとして石焼ビビンバ、スンドゥブ、冷麺などがあり、ほかにも豚バラ肉のサムギョプサル、薬膳料理のサムゲタンなど韓国料理はバリエーションが豊富。さらにチーズタッカルビ、チーズハットグなど、続々と新たな話題料理が登場しています。しっかりとした市場調査ののち、ひとつのメニューを強化することで、周辺の店との差別化が図りやすいといえるでしょう。

■”韓流“が定期的なブームを経て定着してきた

第4次までくると、ブームというより定番。韓国料理はカレーなどと同じようになじみのグルメになりつつあり、しかもまだ成長する可能性もあります。
画像素材:PIXTA
【飲食FC比較】韓国料理を既存店舗に簡単導入!デリバリー専門フランチャイズ情報はこちら

韓国料理店出店におすすめの立地は?

韓国料理の店を出店するならどんな立地がいいでしょうか。

1)繁華街への出店
他のジャンルの飲食店も多い繁華街への出店であれば、メインの通り沿いから少し入った目立たない立地でも可能です。賃料を抑えながら食の魅力と居心地の良さを提供します。韓国料理の中には、韓国風フライドチキンやチーズハットグなどテイクアウトで提供しやすい料理もあるので、イートインをあえて設けず、狭小物件でも運営しやすいテイクアウト専門店を検討するのも良いでしょう。

2)住宅地の駅前、ロードサイドなど
住宅地の駅前や街道沿いは好立地といえます。地域に住む人の「ときどき食べたい韓国料理」というニーズをつかみ、固定ファンの獲得を目指します。

3)ほかに飲食店のない住宅地
ほかに店舗がない住宅地にぽつんと韓国料理店、というのは昔であれば難しかったかもしれません。しかし今はテイクアウト・デリバリー需要が見込めます。さらに、韓国料理が日常に浸透してきているので、メニューや価格帯を工夫すれば十分に可能性があります。

韓国料理店におすすめの物件のポイントは?

まず検討したいのが居抜き物件です。特に韓国風焼き肉店、サムギョプサル専門店の開業を目指している場合、ロースターやダクトなど、初期の設備投資を抑えられる居抜き物件の存在は必ずチェックしておきたいもの。重飲食で煙や匂いを出す焼肉店の開業を許す家主は少ないので、すでに承諾を得られていた場所を引き継ぐことができることも大きなメリットとなります。また、韓国風フライドチキンやヤムニョムチキン、チーズボールなどのテイクアウトやデリバリー専門店を考えるなら、フライヤーがある唐揚げ店の居抜き物件もありです。

初期投資をかけてゼロから立ち上げるメリットも

ただし、都合のいい居抜き物件が見つかるとは限りません。設備が古い場合は新規工事より修理費用がかさんでしまうこともありますし、居抜き物件では自分の思い描いたコンセプトの実現が難しいと感じることもあるでしょう。そんなときは手間や費用で妥協せず、ゼロから準備する選択肢もあります。

以上のように考えてくると、そもそも「どんな韓国料理店にしたいのか」がとても重要だといえそうです。一言に韓国料理といっても幅広いため、店のコンセプトや看板メニューをどうするかなど、それらを明確にして物件を探し、プランを実現していきましょう。

<飲食店.COM>店舗物件を探す
<飲食店.COM>譲渡情報を探す

<飲食店.COM>フランチャイズを探す

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

物件タイムズについて

飲食店.COMが出店希望者の方々へお届けする店舗物件マガジン。
出店エリアの立地動向、独自の調査データに基づくトレンド情報やランキング、物件探しのコツ、開業者の体験談など、店舗物件探しをテーマに、飲食店舗の物件探しに役立つ情報を定期配信しています。

  • 物件お役立ちコンテンツ集はこちら
ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ