飲食店の正社員/アルバイトの求人募集はお任せください!
求人広告掲載についてトップ > 採用お役立ちコンテンツ >  求人トレンド調査レポート > 発表!飲食で働く正社員の平均休…

発表!飲食で働く正社員の平均休日数(掲載実績データより)

2015年6月4日 求人トレンド調査レポート

目次

“休めない”ことが定説化されている飲食業界において、「休めるお店(会社)」は魅力的なポイントの一つです。
求人@飲食店.COMが行ったアンケート結果において、20代ユーザーにとって『最も重視する』項目の第2位に「休日数」が挙がっています。

若手正社員希望者がお仕事探しで重視すること(アンケート結果より)

どのくらいの休日数が現在の主流なのか…実際に求人@飲食店.COMに掲載された募集内容をもとに調査いたしました。

【調査概要】
◆調査期間:2015年11月1日〜2015年4月30日
◆調査対象:求人@飲食店.COMに掲載された東京都の飲食店の正社員求人(14,950職種)

このレポートのポイント

  • 週休1日+αが現在の主流!

「週休●日」現在の主流は・・・


修行中はとにかく働く、人手が足りない等、様々な理由で「飲食業=休めない」という認識が浸透しており、また事実でもありました。
しかしながら昨今、飲食業界に限らず労働基準法に沿わない“ブラックな労働環境”が社会的な話題や問題になり、休日制度をしっかり設ける企業・飲食店も増えてきつつあります。

さて、採用担当の方々によく聞かれるのですが…「休日数って何日が一番多いですか?」という質問。
求人@飲食店.COMに掲載されている求人においては、以下3パターンが主流です。
今回は過去1年間で掲載された正社員募集のなかで、どれが最も多いのかを調査してみました。

●完全週休2日(土日定休店舗・月8日以上休み含) ⇒ 20%
●月6〜7日休み(週休1.5日・隔週2日休み含) ⇒ 43%
●週休1日 ⇒ 37%

まだ完全週休2日制は一般的ではない、というところでしょうか。
しかしながら、週休1日+シフトで月に2日休み、毎週1日休み+半休など、「週休1日に+α」というお店が最も多いという結果でした。

飲食店経営のヒントをメールマガジンで配信中
飲食店.COMでは、採用、組織などをテーマに、
実践的で役立つ情報を会員様へ定期配信しています。
登録は簡単1分!
会員登録してメルマガを読む(無料)

この記事は、飲食店専門の求人情報サイト『求人@飲食店.COM』が提供しています。

19,800円で30日間の求人募集!

特徴1

社員もバイトもまとめて19,800円

利用者の70%が20代~30代の若手

社員もバイトもまとめて19,800円

特徴2

急募も安心!最短10分スピード掲載

求人のプロが募集をサポート

求人のプロが募集をサポート

お問い合わせ

求人募集、採用に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム
  • 0120-409-656
    (関東/九州/北海道・東北)
  • 03-5708-5811
    (混雑でつながらない場合はこちら)
  • 06-6147-3533
    (関西)
  • 052-485-9061
    (東海)

電話受付:平日10:00〜19:00

ページトップへ↑