飲食店の正社員/アルバイトの求人募集はお任せください!
求人広告掲載についてトップ > 採用お役立ちコンテンツ >  求職者アンケート > 求人サイトは根強い人気。今後は…

求人サイトは根強い人気。今後は…イマドキの仕事探し、その方法は?

2016年2月9日 求職者アンケート

目次

求人@飲食店.COMが、お仕事探し中のユーザーに、仕事探しの手段や利用媒体についてアンケートを実施しました。今後の採用活動にお役立てください。

【調査概要】
◆調査期間:2016年1月21日~2016年1月26日
◆調査対象:求人@飲食店.COMを利用しているユーザー(有効回答人数:426名)

このレポートのポイント

  • 仕事探しの手段として最も多く使われているのは「求人サイト」。
  • 社員希望者は「知人紹介」、アルバイト希望者は「フリーペーパーなどの紙媒体」も利用している。
  • 仕事探しの方法は多様化しており、約6割が複数の手段で仕事探しをしている。

飲食店の仕事を探している人は、求人サイトを見ている




飲食店で仕事を探している人が最も利用しているのは「求人サイト」で、雇用形態や年齢に関わらず、96.2%が求人サイトを利用していると回答。2つ以上の手段で仕事探しをしているのは全体の58.5%で、2つが34.0%、3つが17.8%、4つが4.9%、5つ以上が1.6%という結果でした。

雇用形態別でみると、アルバイト希望者は、社員希望者よりもフリーペーパーなどの紙媒体や求人アプリを利用している人が多く、社員希望者は、知人紹介や人材紹介会社を利用している人が多数。アルバイト希望者はエリア情報を求めており、社員希望者は人脈や紹介会社など第三者の支援も活用し、慎重な転職活動をしていると言えそうです。
その他の意見では、ハローワーク、SNSでの告知、レストランのHPなどの回答がありました。

20代は求人アプリ、30代は知人紹介も活用




仕事探しの手段を若手の正社員希望者でみると、20代は求人アプリを利用する人が多く(20代の求人アプリ利用率は30代の2倍以上)、30代では知人紹介で仕事探しをしている人が多いという傾向がありました。

今回の結果から、現時点では、飲食店の仕事探しの方法として最も使われているのは求人サイトと言えます。 しかしながら、アプリ、SNSなど、仕事探しの方法は今後よりいっそう多様化していくでしょう。

飲食店経営のヒントをメールマガジンで配信中
飲食店.COMでは、採用、組織などをテーマに、
実践的で役立つ情報を会員様へ定期配信しています。
登録は簡単1分!
会員登録してメルマガを読む(無料)

この記事は、飲食店専門の求人情報サイト『求人@飲食店.COM』が提供しています。

19,800円で30日間の求人募集!

特徴1

社員もバイトもまとめて19,800円

利用者の70%が20代~30代の若手

社員もバイトもまとめて19,800円

特徴2

急募も安心!最短10分スピード掲載

求人のプロが募集をサポート

求人のプロが募集をサポート

お問い合わせ

求人募集、採用に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム
  • 0120-409-656
    (関東/九州/北海道・東北)
  • 03-5708-5811
    (混雑でつながらない場合はこちら)
  • 06-6147-3533
    (関西)
  • 052-485-9061
    (東海)

電話受付:平日10:00〜19:00

ページトップへ↑