飲食店の正社員/アルバイトの求人募集はお任せください!
求人広告掲載についてトップ > 採用お役立ちコンテンツ >  求職者アンケート > 応募者が希望する連絡手段は? …

応募者が希望する連絡手段は? メール、電話、それともLINE?

2016年3月9日 求職者アンケート

目次

求人@飲食店.COMが、お仕事探し中のユーザーに応募先との連絡方法についてアンケートを実施しました。今後の採用活動にお役立てください。

【調査概要】
◆調査期間:2016年1月21日~2016年1月26日
◆調査対象:求人@飲食店.COMを利用しているユーザー(有効回答人数:426名)

このレポートのポイント

  • 1位は「メール」、2位「求人サイト内のメッセージ機能」、3位「電話」。
  • 「LINE」を希望する人はわずか。
  • 若手の社員希望者では、20代は「電話」、30代は「メール」を希望する。

メールは根強い人気、LINEはごく少数




「応募先とのやりとりで希望するツールは?」という問いに対し、1位はメールで68.8%、2位は求人サイト内のメッセージ機能で60.1%、3位は電話で59.6%、4位はLINEで14.6%という結果でした。(※複数選択あり) LINEは今や20代~30代にとって最もポピュラーなコミュニケーションツールですが、プライベート感が強く、気軽であるが故に、応募先とのやりとりにはあまり好まれないようです。



雇用形態別でみると、アルバイト希望者の57.2%が電話連絡を希望したのに対し、社員希望者では44.8%。社員希望者の中では、20代の72.6%が電話連絡を希望したのに対し、30代では58.2%と、年代別でも違いが見られました。電話連絡を希望する人がアルバイト希望者や20代の社員希望者に多いのは、離職中などですぐに働きたい人が多く、よりスピーディに選考を進めたいという気持ちの表れでしょう。
一方、30代の社員希望者は在職中の人が多く、仕事の休憩中や休みの日など、時間にしばられないメールやサイト内のメッセージ機能を好む傾向にあるようです。

いずれにしても、応募したお店からは合否に関わらず早く返答がほしいもの。電話、メール、サイトのメッセージ機能を併用しながら、スピーディに連絡をとることで採用確率を高めましょう。

※参考※
面接に来ない理由は?ドタキャンを防ぐ方法はある?

飲食店経営のヒントをメールマガジンで配信中
飲食店.COMでは、採用、組織などをテーマに、
実践的で役立つ情報を会員様へ定期配信しています。
登録は簡単1分!
会員登録してメルマガを読む(無料)

この記事は、飲食店専門の求人情報サイト『求人@飲食店.COM』が提供しています。

19,800円で30日間の求人募集!

特徴1

社員もバイトもまとめて19,800円

利用者の70%が20代~30代の若手

社員もバイトもまとめて19,800円

特徴2

急募も安心!最短10分スピード掲載

求人のプロが募集をサポート

求人のプロが募集をサポート

お問い合わせ

求人募集、採用に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム
  • 0120-409-656
    (関東/九州/北海道・東北)
  • 03-5708-5811
    (混雑でつながらない場合はこちら)
  • 06-6147-3533
    (関西)
  • 052-485-9061
    (東海)

電話受付:平日10:00〜19:00

ページトップへ↑