イタリア料理店がよく仕入れる食材について

スマホでかんたん発注
  1. 食材仕入先探しトップ
  2. 食材バイヤーズマガジン
  3. イタリア料理店がよく仕入れる食材について

イタリア料理店がよく仕入れる食材について

イタリア料理店は、料理により専門店があります。
ピッツェリア、スパゲッテリア、エノテカなどが存在し店舗ごとに様々な食材が使用されています。
その中でイタリア料理店でよく発注される食材をまとめました。


Photo by iStock.com/VadimZakirov

【特徴】

イタリア料理店は、イタリアの地域によっても食材が変わり地域ごとに特化したイタリアン料理店も多く存在をします。
例として、南部はオリーブ、トマトが使われる事が多く、北部ではバターやチーズなどの乳製品が多く取り扱われます。
また、地中海に面する地域では魚や貝などの海産物を使った料理が多く存在します。

代表的な料理は、
 パスタ、ピザ、アクアパッツァ、ミネストローネ、リゾットなど


【種類】

□肉・卵・畜産物
 豚肉、鶏肉、仔牛

□魚・水産物
 イカ、エビ、アサリ、ムール貝
 スズキ、イワシ、鯛、鱈

□野菜・果物・農産物
 トマト、タマネギ、ジャガイモ、パセリ
 西洋野菜 (オリーブ、ズッキーニ、トレビス、チコリ、クレソン
      セロリ、アーティチョーク、エンダイブ、ビーツ など)
 香草   (バジル、タイム、ミント、セージ、ローリエなど)

□加工食品
 プロシュット、サラミ、ハム、パンチェッタ

□米・穀物
 米 ※リゾットなどに使用されるケースが多い。

□乳製品
 チーズ、生クリーム

□調味料・油
 オリーブオイル、バルサミコ酢

□製粉・製麺・パン
 パスタ (スパゲッティ、ペンネ、マカロニなど)
 パン (フォカッチャ、グリッシーニ、ロゼッタなど)
 デュラムセモリナ粉

□酒・ドリンク
 赤ワイン、白ワイン、
 ビール、コーヒー

地域などにより使用される食材も様々で店舗により、地域ごとの特色を出したメニュー構成で料理を提供されるケースが多いです。

その為、メインで使用する食材を決め、コストを意識しつつ発注されています。 お店の売りになるような食材については少し割高でも仕入れてみるものいいかもしれません。


「飲食店.COM 食材仕入先探し」では、こだわりの食材を扱う仕入れ業者をたくさんご紹介しています。食材の仕入れ先をお探しの方は、、マッチングサービスをご利用ください。
をご利用ください。


【取扱い会社】

食材の仕入れ先一覧
https://www.inshokuten.com/supplier/company/list
カフェ・イタリアン・フレンチにおすすめ卸会社 https://www.inshokuten.com/supplier/feature/detail/4

【バイヤーズマガジンの関連記事】

ボジョレ・ヌーボー解禁間近! 飲食店はイタリアのノヴェッロや日本ワインの新酒にも注目を
https://www.inshokuten.com/supplier/knowledge/detail/88
繁盛店に「仕入れの極意」を学ぶ。北参道『ボガマリ・クチーナ・マリナーラ』インタビュー
https://www.inshokuten.com/supplier/knowledge/detail/38

最新記事

仕入れの基本に関する記事

仕入れの基本に関する記事をすべて見る⇒

食材仕入先マッチングサービスのご利用はこちら(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

お探しの食材カテゴリを選択してください。

サービスの流れはこちら

食材仕入先マッチングサービス(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

希望条件を入力すると、当サイトへ登録している食材卸会社の中で、お客様の条件に合った複数の仕入れ先から提案がきます。

希望条件を入力する

ピックアップ仕入れ会社

株式会社アラカルトフーズの会社ロゴ

株式会社アラカルトフーズ
[業務用総合食材卸]

食材卸、酒類・ドリンク卸の企業様へ

参加企業募集中

当サイトでは、取引先飲食店をお探しの食材卸企業様を募集いたしております。

掲載申し込み お問い合わせ
ページトップへ↑