アジア料理店(東南アジア)がよく仕入れる食材について

スマホでかんたん発注
  1. 食材仕入先探しトップ
  2. 食材バイヤーズマガジン
  3. アジア料理店(東南アジア)がよく仕入れる食材について

アジア料理店(東南アジア)がよく仕入れる食材について

アジア料理店(東南アジア)の特徴として、
タイやインドネシア、シンガポールなどの東南アジアの料理は、
ほかの地域よりも調味料を多く使用し調理されています。
アジア料理店でよく発注される食材をまとめました。

Photo by iStock.com/ErmakovaElena

【特徴】

アジア料理は、地域によっても食材が変わり地域ごとのメニューに特化した料理店も多く存在をします。
例として、
タイ料理は、香辛料や香味野菜、ハーブなどを多く使い酸味があったり辛みが強かったり組み合わせにより様々な味付けをされています。
シンガポール料理は、多種多様な文化の影響を受け中国、マレー、イスラムなどの調理法を使い調理を行っています。
インドネシア料理は、香辛料を使った煮込み料理が多く、煮込み料理ではココナッツミルクをよく使用しているのが特徴です。

代表的な料理を国別に見ると、
 タイ:
  トムヤンクン、ソムタム、パッタイ、ガパオ、カオマンガイ、ガイヤーン、ヤムなど
 シンガポール:
  海南鶏飯、ラクサ、バクテー、チリクラブなど
 インドネシア:
  ナシゴレン、ミーゴレン、テンペなど


【種類】

□肉・卵・畜産物
 豚肉、鶏肉

□魚・水産物
 エビ、蟹、イカ、貝

□野菜・果物・農産物
 パパイヤ、タマネギ、ジャガイモ、ナス、空心菜、ライム、パクチー
 バナナ、マンゴー、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、パイナップル

□米
 タイ米、ジャスミン米

□調味料・油
 ココナッツミルク、ナンプラー、唐辛子、コリアンダー、ウコン、砂糖
 オイスターソース、レモングラス、クミン、ターメリック、八角

□酒・ドリンク
 ビール、コーヒー


アジア料理(東南アジア)は、辛味・酸味・甘味・塩味・旨味を出すため、
香辛料や調味料を多く利用をされています。
地域により調理方法も変わり、味付けも変わるため地域の特色を出したメニュー作りが必要です。


「飲食店.COM 食材仕入先探し」では、こだわりの食材を扱う仕入れ業者をたくさんご紹介しています。食材の仕入れ先をお探しの方は、、マッチングサービスをご利用ください。

【取扱い会社】

最新記事

仕入れの基本に関する記事

仕入れの基本に関する記事をすべて見る⇒

食材仕入先マッチングサービスのご利用はこちら(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

お探しの食材カテゴリを選択してください。

サービスの流れはこちら

食材仕入先マッチングサービス(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

希望条件を入力すると、当サイトへ登録している食材卸会社の中で、お客様の条件に合った複数の仕入れ先から提案がきます。

希望条件を入力する

ピックアップ仕入れ会社

株式会社アラカルトフーズの会社ロゴ

株式会社アラカルトフーズ
[業務用総合食材卸]

食材卸、酒類・ドリンク卸の企業様へ

参加企業募集中

当サイトでは、取引先飲食店をお探しの食材卸企業様を募集いたしております。

掲載申し込み お問い合わせ
ページトップへ↑