飲食店の缶詰の仕入れ方法と特徴について

スマホでかんたん発注
  1. 食材仕入先探しトップ
  2. 食材バイヤーズマガジン
  3. 飲食店の缶詰の仕入れ方法と特徴について

飲食店の缶詰の仕入れ方法と特徴について

缶詰は、トマト缶・鯖缶・豆類缶・フルーツ缶など様々な種類があり、使用方法もソース・トッピング・主食・デザートなど幅広く用いられます。
生鮮食品と違い安定的な品質と供給量を担保できる点もメリットといえるでしょう。
また、海外の食材など通常のルートでは手に入りづらい食材も缶詰であれば比較的購入できるケースもあります。

Photo by iStock.com/Julie Clopper

【種類/特徴】

缶詰は、元々水分の多い食品を金属管の中に密閉することで、微生物による腐敗や変敗を防ぐために加熱・殺菌した保存食の一種です。

すべての食品を缶詰として保存できるわけではありませんが、多様な種類の中から代表的な種類をご紹介いたします。

□水産缶詰
 まぐろ、かつお、イワシ、さんま、鯖、赤貝、ホタテ貝柱、ヒジキなど

□農産缶詰
 たけのこ水煮、グリーンピース、スイートコーン、マッシュルーム
 トマト、豆類缶詰、みかん、もも、パインなど

□食肉缶詰
 牛、豚、鶏、うずら玉子水煮、コンビーフ、ソーセージなど

□調理缶詰
 ビーフカレー、パスタソース、めんつゆ、中華スープなど

■仕入れ方法と活用術
 飲食店で缶詰を仕入れる場合、缶詰専門の卸会社はほとんどいないため、商品数を多く保有している総合的に食材を取扱う卸会社からほかの食材を合わせて仕入れるのが一般的です。
また、ECサイトなどでまとめて購入しているケースもあるようです。

元々は長期保存を目的とした種類が大半でしたが、近年は缶詰の種類も多様化しており調理済みの高価格帯の種類などもでてきています。
缶詰の食材やメニューをうまく活用することで調理時間の短縮、食材ロスの軽減などにつなげることができるでしょう。



「飲食店.COM 食材仕入先探し」では、こだわりの食材を扱う仕入れ業者をたくさんご紹介しています。食材の仕入れ先をお探しの方は、、マッチングサービスをご利用ください。

【取扱い会社】

最新記事

仕入れの基本に関する記事

仕入れの基本に関する記事をすべて見る⇒

食材仕入先マッチングサービスのご利用はこちら(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

お探しの食材カテゴリを選択してください。

サービスの流れはこちら

食材仕入先マッチングサービス(無料)

ご利用は無料!仕入れ先からのご提案がメールで届きます!

希望条件を入力すると、当サイトへ登録している食材卸会社の中で、お客様の条件に合った複数の仕入れ先から提案がきます。

希望条件を入力する

ピックアップ仕入れ会社

株式会社アラカルトフーズの会社ロゴ

株式会社アラカルトフーズ
[業務用総合食材卸]

食材卸、酒類・ドリンク卸の企業様へ

参加企業募集中

当サイトでは、取引先飲食店をお探しの食材卸企業様を募集いたしております。

掲載申し込み お問い合わせ
ページトップへ↑