首都圏 関西 東海 九州

データ分析方法1

データ分析の目的


現地調査データを収集した後は、データを分析し、立地を評価します。
立地のデータを得点化し、総合評価を算出するのですが、データを単純に合計するだけでは不十分です。(不十分である理由は次回説明します)

様々なデータから何らかの結論を出す場合にはデータを扱うための基礎的な知識が必要になります。


データ分析で用いる用語


データ分析には様々な指標が用いられますが、ここでは代表的なものを紹介します。

?平均
?分散
?標準偏差
?標準化されたデータ
?相関係数

平均とはデータの合計をデータ数で割ったものです。
あるデータを平均と比較する事で全体の中での位置が把握できます。

分散とは各データと平均との差の二乗和(偏差平方和)をデータ数(またはデータ数-1)で割ったものです。
分散を用いるとデータの散らばり具合(データの持つ情報量)がわかります。

標準偏差は分散の平方根です。データの単位に左右されるという分散の欠点を補うもので、イメージ的にはデータの散らばり具合の平均を表す指標になります。

標準化されたデータとは、あるデータと平均との差を標準偏差で割ったものです。
標準化する事により、異なる単位を持つデータ間の比較が可能になります。

相関係数とは2つのデータの共分散をそれぞれのデータの標準偏差の積で割ったものです。
相関係数は2つのデータ間の関係の強弱を表します。

次回はこれらの指標を用いたデータの分析方法について説明させて頂きます。



飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ