首都圏 関西 東海 九州

商圏調査2

商圏データの見方


お店を出す際には、商圏範囲に「ターゲットとする顧客がどれ位いるか?」という事が重要になります。

顧客のボリュームを把握するための代表的な指標として、
・居住者を対象にする場合は「人口総数」
・会社員を対象にする場合は「第2次・第3次産業従業者数」
・買物に来る人を対象にする場合は「小売業年間販売額」
・学生を対象にする場合は「生徒学生数」
・駅の影響が大きい立地であれば「駅乗降客数」
といったデータが挙げられます。

もちろん、20代の1人暮らし男性がメインターゲットであれば「人口総数」に加え、
「1人世帯数」や「20代男性人口」も合わせて考慮する等、お店のコンセプトに沿ってさらに
細かく見ていく必要があります。


商圏データの活用


商圏データを入手するだけでは、その商圏が良いか悪いか判断できません。
複数エリアの商圏データを入手し、「比較」する事が必要になります。

今、仮に、A駅・B駅のいずれかで飲食店の出店を考えているとします。
商圏人口と競合店を調べてみると、以下の通りでした。
A駅・・・・商圏人口20,000人(競合店無し)
B駅・・・・商圏人口10,000人(競合店有り) 

出店候補物件の立地や賃料条件が同程度の場合、A・Bどちらの駅で出店すべきでしょうか?
このデータのみで実際の出店を決定するのは危険ですが、この例だけで判断すると、どうやら
A駅の方に出店余地がありそうです。

このように「比較」する事で商圏の良否を判断する一つの基準を得る事ができます。

次回は「競合」について説明させて頂きます。

飲食店.COMでは、飲食店舗物件件を公開中です!!

ページトップへ↑

飲食店.COM  【首都圏版 |  関西版 |  東海版 |  九州版

居抜き情報.COM 物件を掲載したい不動産会社さまへ