業務用厨房機器・厨房備品の購入なら、飲食店ドットコムのショッピングサイト「厨房・備品を探そう」

カート

(税込)

すべてのカテゴリ
厨房用品・調理道具の選び方

シンプルなのに役に立つ!まずは揃えたい「白い平皿」の魅力や盛り付けのポイント

2022年3月16日(2022年8月30日更新)

シンプルなのに役に立つ!まずは揃えたい「白い平皿」の魅力や盛り付けのポイント

画像素材:PIXTA


飲食店ではシンプルな「白い平皿」に人気があります。その理由の1つが、料理が鮮やかに映えるからですが、それ以外にも白い平皿にはさまざまなメリットがあるのです。今回は、白い平皿を使うメリットを中心に、盛り付け方のコツ、選び方のポイントをご紹介します。

飲食店.COM 厨房・備品を探そう

白い平皿のメリットとは?

白いお皿は、料理が映えるのが最大のメリットです。色や柄がないため、器ではなく料理が主役になるのです。また、「白」は光を反射します。そのため、グリーンの野菜はより新鮮に、ソテーの肉はより照りが出るなど、食材本来の良さが際立ちます。店内の明かりを抑えた環境でも、ほんのりと料理を明るく映し出す効果もあります。

また、どんな色のランチョンマットやテーブル上の小物と色を合わせやすいのも魅力。テーブル上をすっきりと見せます。さらに料理が主体となるので、メニューごとに皿の種類を変えずに済み、コストを抑えることができ、メーカーやサイズをそろえれば収納にも便利です。工夫次第で、経営面でも使い勝手がよくなります。

料理が映える盛り付けのコツ

白い平皿は、飲食店の定番アイテムともいえますが、美しくおいしそうに見える盛り付け方のポイントは何なのでしょう。

■「おいしそう!」に見える色を取り入れる
お皿が白いとほかの色がはっきりとします。食欲が増すといわれる緑・赤・黄色の3色を取り入れましょう。色が足りない場合は、ベビーリーフやプチトマトなど付け合わせの色を工夫するとよいでしょう。

■こんもりと高く盛り付ける
同じ料理でも、平たく盛り付けるより立体的に盛り付ける方が、量が多く見えてゴージャスな感じになります。ちょっとしたトッピングも立体感をもたせましょう。

■大きめの皿を使い、余白をもたせる
同じ量の料理でも、余白を持たせた方が上品な見た目に。さらに絵を描くようにソースやドレッシングよりを添えるとおしゃれ感が増します。広いリム(皿の縁)の皿を使えば、中心を決めやすく、おしゃれな盛り付けがしやすくなります。

三日月 27cmディナー
三日月 27cmディナー

白い平皿を選ぶポイント

では、あなたのお店にぴったりの白い平皿とはどんなものでしょうか。一言に平皿といっても、サイズや素材の違いでいくつもの種類があります。選び方のポイントをみていきましょう。

■サイズで選ぶ
洋食器の平皿には、ディナー皿、ミート皿、サラダ皿、パン皿などがあります。メイン料理やアラカルト用にはディナー皿(約27cm)。ポーションが少ないアラカルトは、ミート皿(約23cm)が使いやすいかもしれません。サラダ皿(21cm)はサラダやデザート、パン皿(16cm)はパンなどのほか、料理の取り分け用に使いやすい皿です。

同じブランドでそろえると統一感が生まれ、破損した場合の買い替えや収納にも便利です。また、ディナー皿は特別感を出すため、リムにモダンな模様がデザインされたものや、ワイドリムの皿など別途選ぶのでもよいでしょう。

イストシリーズKILT20cmプレート 20cm
イストシリーズKILT20cmプレート 20cm

■リム皿とメタ皿
リムとは皿の縁のことです。リムがあると余白が取りやすく上品に見えます。リムが広い「ワイドリム」はお洒落な印象で、カジュアルなフレンチやイタリアン、創作料理などに用いられます。メタ皿とはリムのない皿です。開放感があり食材の形を問いません。

スインホワイト 9.5吋メタ皿 23.7cm YM61707-187
スインホワイト 9.5吋メタ皿 23.7cm YM61707-187

■素材で選ぶ
食器には磁器と陶器があります。おおざっぱにいえば、磁器は、主成分が「磁石」で高い温度で焼成したもの、陶器は「陶土」が主成分で磁器よりも低い温度で焼成したものです。白い食器は磁器が多いです。陶器よりも固く、はじくとキンと音がします。電子レンジや食洗器に対応したものが多いのも磁器になります。白い陶器は、真っ白というより温かみのある「白」です。温かい料理や和食に向いています。

アローネ(白磁) 23cmプレート 23cm
アローネ(白磁) 23cmプレート 23cm

■形で選ぶ
平皿にはベーシックな丸型のほか、楕円形のオーバル型や四角いスクエア型などがあります。オーバルはオードブルや盛り合わせ料理などによく利用されています。スクエア型は中華料理や居酒屋などのカジュアルな大皿料理などで活躍するでしょう。

ブランシェII 白 スクエアー24皿
ブランシェII 白 スクエアー24皿

白い平皿は、料理が主役。旬の食材を使って季節限定メニューを作るなど、メニューの幅が広がります。また、汎用性があるのでコスト面でも優しい色です。新しく食器を揃えたり、食器を足したりする際に、ぜひ参考にしてください。

飲食店.COM『厨房備品を探そう』では、平皿などの洋食器の他、飲食店専門の調理器具、カトラリー用品、消耗品・衛生用品などを多数取り揃えています。

<関連記事>料理を美味しく見せるには?メインやデザートなどが映える洋食器の選び方
<関連記事>飲食店の開業時によくある業務用食器のトラブル。皿は何枚そろえる?注意するポイントは?
ページトップへ↑