求人広告掲載についてトップ > 採用お役立ちコンテンツ >  人材採用コラム >  求人・採用 > 求職者に響く求人広告の書き方。…

求職者に響く求人広告の書き方。自店の魅力を伝える原稿のポイント4つ!

2018年4月24日 (2019年12月9日 更新) 人材採用コラム 求人・採用

目次

飲食店の求人を探すなら

採用活動における有効な募集手段のひとつである求人広告ですが、「人気の業態なのに採用が出来ない」「応募はあるが、求めるターゲットからの応募がない」と悩んでいませんか? 思うような成果が得られない飲食店は、気づかないうちに「ちょっと残念な求人広告」になっているかもしれません。

そこで今回は、採用担当者が知っておきたい求人原稿の書き方を、事例とともにご紹介していきます。自店舗の求人原稿と見比べながら、チェックしましょう。

Photo by iStock.com/peeterv

1.お店の魅力が伝わる写真を選択

求人原稿にはどんな写真を掲載していますか? 提供しているメニューやお店周辺の様子など、お店の雰囲気が分かりづらい写真だけを掲載している場合は改善した方がいいかもしれません。グルメサイトやお店のホームページでは料理の写真をメインに掲載しますが、求人広告ではスタッフの働いている姿や店内の様子など、お店の雰囲気が分かる写真を選択するのがポイントです。

求職者は、求人広告に掲載された文章と写真からイメージを膨らませ、応募をしてきます。そのため、カフェやイタリアンといった人気の業態であっても、料理の写真だけではお店の雰囲気がイメージできず、なかなか応募に繋がらないこともあるのです。写真が求職者に与えるイメージは大きいので、求職者が応募をしたくなるような写真を選びましょう。

2.応募が少ない業態は、待遇以外もアピール

採用が難しいと言われている業態は、ターゲットを絞り、待遇以外もアピール材料にしてきましょう。ではどのように改善をすればいいのでしょうか。焼鳥店の事例を見ていきます。

■求人タイトルの改善例
<改善前>
誰かのために全力を尽くす、それを苦と感じない人を求めます。本気になってみませんか?

<改善後>
8年で15人が独立☆仕事を楽しみながら成長しませんか! 社保完備・家族手当など各種サポートも充実★

改善前のタイトルは、採用ターゲットが分かりにくくお店の魅力もアピールできていませんでした。そこで、独立希望者にターゲットを絞ったタイトルに変更。具体的な実績を盛り込み、独立希望者へアピールする内容へ修正しました。

■求人原稿の内容についての改善例
<改善前>
お店の想いや創業からの経緯を伝える内容

<改善後>
「いつか自分のお店を」というメンバーがここで学び、15名が旅立ちました。そのうち3名は未経験からスタートし、2~3年で独立しています。

原稿内容は、店舗目線で書かれていたものを求職者目線へと修正。独立したスタッフの実績や定着率の良さをアピールすることで、独立希望者のニーズに応える内容になっています。

3.実例を掲載し、求める人材像へアピール

応募はあってもお店が求めている人材から応募が来ていない……という店舗は、求める人材にマッチした求人原稿が書けていないかもしれません。実例を掲載し、求める人材像へアピールしていきましょう。

例えば、あるカレー専門店では、調理未経験の事例を盛り込む記事内容に修正。実際に働く際の想像をかきたてる内容にしました。

<具体例>
「包丁を握れなかったスタッフが『○○』で働き始めました。コツコツと努力した結果、調理師免許を取得しました」
「大手食品メーカーから商品化の依頼を受けるほどに成長しました。食材を仕入れる農家さん、水産業者、百貨店のバイヤーさんなど、個人店でありながら色んな業界の方と関わっています」

さらにお店の内情も添えることで、どんな雰囲気のお店なのかを明確にし、求める人材へアピールしています。

4.新店舗の立ち上げに効果的な募集方法

新店舗の求人広告では既存店にはないメリットや、魅力を盛り込むのがコツです。

<具体例>
「一緒のスタートで面倒な上下関係もなし!」
「立ち上げメンバーとして活躍」
「お店のストーリーは始まったばかり」
「あなたのアイディアも取り入れて一緒にお店を作っていきたい」

上記は一例ですが、どれも新店舗のメリットや魅力を表現した募集アイディアです。これらを効果的に盛り込むことで、既存店と差別化を図った原稿を作成していきましょう。

求人原稿は、写真がいまいちだったり、採用ターゲットが曖昧だったりすると、お店で働く良さがうまく伝わらなかったり、応募者数が伸び悩んだりしてしまいます。そうならないためには、求人原稿を書く前に「採用ターゲット」「採用ターゲットが仕事を探す理由」「採用ターゲットのニーズに応えられるポイント」をまとめておくのがコツ。そうすることで、採用ターゲットに沿った求人原稿を自然と作ることができます。紹介した内容を参考に、自店舗の求人を一度見直してみてはいかがでしょうか。

【それでも原稿がうまく書けない...そんな時は!】
自分で良い原稿を書くことができない場合はプロに原稿作成を依頼することも一つの手です。
求職者を引き付けた求人原稿をいくつも手がけてきたプロであれば、あなたのお店の求人広告を効果がある広告に大変身させてくれます。その上、自身で原稿を書く手間も節約できます。
飲食業界専門の求人サイト『求人@飲食店.COM』には、効果があった求人広告を執筆した実績がある専属ライターが多数在籍してます。
原稿代行の相談から採用に関するご相談なども、お気軽にお問い合わせください!

採用について問い合わせる
飲食店経営のヒントをメールマガジンで配信中
飲食店.COMでは、採用、組織などをテーマに、
実践的で役立つ情報を会員様へ定期配信しています。
登録は簡単1分!
会員登録してメルマガを読む(無料)

この記事は、飲食店専門の求人情報サイト『求人@飲食店.COM』が提供しています。

19,800円で30日間の求人募集!

特徴1

社員もバイトもまとめて19,800円

利用者の70%が20代~30代の若手

社員もバイトもまとめて19,800円

特徴2

急募も安心!最短10分スピード掲載

求人のプロが募集をサポート

求人のプロが募集をサポート

お問い合わせ

求人募集、採用に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・資料請求
  • 0120-409-656
    (関東/九州/北海道・東北)
  • 03-5708-5811
    (混雑でつながらない場合はこちら)
  • 06-6147-3533
    (関西)
  • 052-485-9061
    (東海)

電話受付:平日10:00〜19:00

ページトップへ↑