業務用厨房機器・厨房備品の購入なら、飲食店ドットコムのショッピングサイト「厨房・備品を探そう」

カート

(税込)

すべてのカテゴリ
厨房用品・調理道具の選び方

カンタン、おいしい!スチームコンベクションオーブンの機能と特徴をご紹介

2013年11月5日(2020年9月15日更新)


スチームコンベクションオーブン(スチコン)とは、スチーム(水蒸気)とコンベクションオーブンによるホットエアー(熱風)を使う多機能加熱調理機器です。
スチームとホットエアーの量や温度などを設定することにより、「焼く」「煮る」「炊く」「炒める」「揚げる」「茹でる」「蒸す」「温める」など、加熱調理の約8割をこなすことができます。
今回はスチコンの特徴と主な機能、代表する2社の商品をご紹介します!


スチームコンベクションオーブンの特徴

●食材の旨味を逃がさない
スチコンでの調理は、水蒸気で食材をコーティングしたまま火を通すことができるので、旨みを外に逃がすことがありません。

●調理時間を短縮できる
加熱に水蒸気を用いることで、熱伝導がよい凝縮熱を利用でき、調理時間を短縮できます。

●温度調節が簡単にできる
簡単な設定で温度調節が可能なので、難しい調理でも失敗を減らせます。

その他にも、煮崩れしにくい、ムラなく焼けるなど、たくさんの利点があります。

スチームコンベクションオーブンの機能

●スチーム調理
スチームにより食材をムラなく加熱できます。温度や設定を変えることによりさまざまな料理に対応可能です。

●ホットエアー調理
庫内温度を設定し、熱風を強制的に対流させることで一定の温度で均一にムラなく焼き上げます。

●コンビネーション調理
「ホットエアー調理」にスチームを組み合わせて、それぞれの長所を活かした調理法です。庫内温度を一定にでき、スチーム量を切り替えることも可能です

●芯温調理
食材の中心部分の温度をセンサーで測定し確認しながら調理できます。生焼けによる食中毒の予防にもなります。

●再加熱(リヒーティング)調理
ホットエアーとスチームを組み合わせて加熱することで、料理の乾燥を防ぎながら素早く再加熱することができます。

●芯温一定調理
食材の芯温を一定に保ちながら調理する方法です。芯温が設定温度に達すると庫内は芯温設定温度をキープするので、低温で長時間調理や保温が可能です。

●一定温度差調理
食材の芯温と庫内温度を一定の差に保ちながら調理する方法です。焼き色は付けたくないが芯温はしっかり上げたい、というデリケートな調理に最適です。

関連商品のご紹介

ホテルパン

DO-EN18-8ガストロノームパン 1/120mm 811.20S

DO-EN18-8ガストロノームパン 2/340mm 823.40S

DO-EN18-8ガストロノームパン 1/120mm 811.20S


トング

SA18-0万能トング 大

クイジプロ18-0ナイロン万能トング 57-588 12インチ

18-0ストッパー付万能トング 4384 大


効率の良い調理には欠かせないスチコン。複数台を導入する店舗もあるほどです。最新機器は機能も増えて便利になっていますが、スタンダードなタイプにも根強い人気があります。店舗の規模や提供する料理に合わせて選んでみてください。

飲食店.COM『厨房備品を探そう』では、飲食店専門の料理道具、カトラリー用品、消耗品・衛生用品などを多数取り揃えています。
取り扱い商品のカテゴリ一覧はこちら

<関連記事>業務用厨房機器の搬入設置・取付工事における注意点
<関連記事>サイズから選ぶ!業務用コールドテーブル(横型冷蔵庫)
ページトップへ↑