求人広告掲載についてトップ > 採用お役立ちコンテンツ >  人材採用コラム >  人材教育 > 飲食店に多い支配型リーダーは古…

飲食店に多い支配型リーダーは古い? スタッフに好かれるサーバントリーダーシップとは

2021年7月8日 人材採用コラム 人材教育

目次

飲食店の求人を探すなら

店舗運営を行う上で、マネジメント及びリーダーシップは重要な要素。リーダーシップといえば、これまで日本で一般的だったのは、リーダー自らが先頭に立ち指示を出す「支配型リーダーシップ」でした。しかし近年、メンバーを支援しながら個人の能力を発揮できる環境づくりを行う「サーバントリーダーシップ」が注目されており、飲食業界においても取り入れる価値あり。今回は、この2つのリーダーシップスタイルの特徴やメリット、デメリットを紹介します。


画像素材:PIXTA

支配型リーダーシップとは?

支配型リーダーシップとは、リーダーが主体となり目標を達成するスタイルのマネジメントをいいます。リーダー自身の知識やスキルを活かして、部下に指示や命令を出しメンバーを動かすやり方で、日本で従来から馴染みのあるものです。

多くの従業員を一括でマネジメントする際には適したスタイルともいえ、大量生産大量消費が主だった高度経済成長期では支配型リーダーシップは向いていたでしょう。また、スキルや経験の浅い新人が多い環境にも適しているといえます。

一方で、リーダーのワンマンになり現場にまとまりが出ない、職場の雰囲気が重くなりがち、リーダーの指示や命令ありきで動くいわゆる「指示待ち状態」になり従業員の自主性が育ちにくいといったデメリットがあります。

サーバントリーダーシップとは?

一方、サーバントリーダーシップは、仕える、奉仕するという意味である「serve(サーブ)」という英語の通り、「まず相手に奉仕し、その後に相手を導く」というリーダーシップスタイルです。これは、1970年にアメリカのロバート・グリーンリーフ博士が提唱した哲学です。一言で表すと「支援型のリーダーシップ」といえます。

支配型のリーダーシップが主に義務感で行動し、リーダーに従うといったスタイルなのに対し、サーバントリーダーシップは、メンバーは主に自身のやりたい気持ちで行動し、リーダーと一緒に活動するイメージです。

サーバントリーダーシップは日本でも近年注目されており、その背景としては、価値観の変化によりリーダーに倫理的な信頼感が求められていることや、IT化やグローバル化といったビジネス環境の急激な変化があります。より柔軟に、そして迅速に対応することが求められている現代において、リーダーのみが判断を下し指示や命令をするやり方では、対応しきれない場合が多くなってきたのです。

そこで、リーダーがメンバー個人の特性と資質を理解し、一人ひとりが能力を発揮できる環境をつくり、個人が自ら成果を出せるスタイルが求められるようになりつつあります。

「NPO法人 日本サーバント・リーダーシップ協会」によると、サーバントリーダーの特性として、「傾聴、共感、癒し、気づき、説得、概念化、先見力、予見力、執事役、人々の成長に関わる、コミュニティづくり」という10のキーワードを掲げています。

これらのキーワードによれば、サーバントリーダーは、メンバーの話に耳を傾け、共感したり励ましたり、時に説得を試みます。また、現場をよく観察し未来を予見すること、目標を可視化すること、メンバーのことを考え、メンバーの成長を喜びとし、メンバー同士が協力しあえる職場環境をつくることが求められています。

サーバントリーダーシップの注意点

ただし、気をつけなければいけないのは、サーバントリーダーシップはあくまでも利益を生み出すためのものだということ。単に優しくてものわかりの良いリーダーになることではありません。

例えば、メンバーがミスをしたり目標が達成できなかったりしたときには、「なぜそうなったか」「次に成功するにはどうしたら良いか」を、メンバー自身が気づいて新たに行動できるところまで意見交換したりアドバイスをしたりすることが大切。細部まで指導しないと、生産性が下がる、従業員の緊張感がなくなるなどの懸念があります。

また、どんな環境にも適しているわけではなく、経験が浅くスキルが身についてないメンバーが多い環境や、短期間で結果を出さなければいけないプロジェクトにはあまり向いていません。そのような場合は、どちらかといえば支配型リーダーシップのほうが適しているでしょう。

飲食店運営でも取り入れたいサーバントリーダーシップ

飲食店の運営は短期で行うものではありません。また、メンバー同士のチームワークや風通しの良さは重要な要素となっており、顧客への対応では従業員それぞれの自主性や柔軟性が求められる職場でもあるため、比較的サーバントリーダーシップが向いている業種といえます。

サーバントリーダーシップという言葉は知らずとも、一部を取り入れている店も少なくないはず。そういった店では前述した10のキーワードを参考に、さらにサーバントリーダーシップのスキルを磨いてみましょう。

支配型リーダーシップでやってきた店舗は、これを機会に取り入れてみてはいかがでしょうか。生産性アップだけでなく、スタッフの成長やモチベーションアップにもつながるでしょう。

飲食業界専門の求人サイト『 求人@飲食店.COM 』では、飲食業界の求人/採用に役立つコラムなどをご紹介しています。求人募集や採用に関するご相談などもお気軽に お問い合わせください。


【関連記事】

ニューノーマル時代の人材育成、飲食店はどうすべき? 育成方法や研修のポイント
パート・アルバイトのやる気を引き出す! 飲食店の店長が知っておきたい仕事の任せ方
飲食店経営のヒントをメールマガジンで配信中
飲食店.COMでは、採用、組織などをテーマに、
実践的で役立つ情報を会員様へ定期配信しています。
登録は簡単1分!
会員登録してメルマガを読む(無料)

この記事は、飲食店専門の求人情報サイト『求人@飲食店.COM』が提供しています。

19,800円で30日間の求人募集!

特徴1

社員もバイトもまとめて19,800円

利用者の70%が20代~30代の若手

社員もバイトもまとめて19,800円

特徴2

急募も安心!最短10分スピード掲載

求人のプロが募集をサポート

求人のプロが募集をサポート

お問い合わせ

求人募集、採用に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・資料請求
  • 0120-409-656
    (関東/九州/北海道・東北)
  • 03-5708-5811
    (混雑でつながらない場合はこちら)
  • 06-6147-3533
    (関西)
  • 052-485-9061
    (東海)

電話受付:平日10:00〜19:00

ページトップへ↑