業務用厨房機器・厨房備品の購入なら、飲食店.COMのショッピングサイト「厨房・備品を探そう」
ショッピングカートを見る

価格(税込)

(点)

すべてのカテゴリー
  1. 厨房備品を探そうトップ
  2. 厨房マガジン
  3. 他の店と差を付ける! アルコール飲料の提供方法をご紹介

全商品カテゴリー

厨房マガジン - 業務用厨房のお役立ち情報 -

他の店と差を付ける! アルコール飲料の提供方法をご紹介

他の店と差を付ける! アルコール飲料の提供方法をご紹介

Photo by iStock.com/Maksymowicz


オリジナリティを追求し、他店と差をつけるためには、看板メニューの工夫やお店の雰囲気づくりなど方法はいろいろと考えられます。なかでも今回は、アルコール飲料の提供方法に注目! 伝統的な手法やお酒そのものを楽しむ工夫、インスタ映えするメニューなどの具体例と、楽しくお酒を提供するアイデアをご紹介します。

これは魅力的! 個性あふれるアルコール提供の具体例

■クラシックスタイルでアブサンを提供『バー トラム』(恵比寿)
19世紀のヨーロッパを席捲したハーブ系のリキュール、アブサン。アルコール度数が約70度と高いため、特別な道具を使って水で薄めて飲みやすくしますが、当時の手法でサーブしているのが『バー トラム』。グラスの底にアブサンを注ぎ、砂糖を乗せた専用のスプーンをグラスの口に差し渡します。そして、ファウンテン型の給水器から水をゆっくりとドリップ。まるで、時空を旅したようなクラシカルで贅沢なひと時が楽しめると評判です。

■日本酒が楽しめる工夫が満載『日本酒バル蔵のや』(新橋)
日本酒を楽しんでもらいたい、というおもてなし心あふれる『日本酒バル蔵のや』。天井には日本酒の奥深さを知ってもらえるようにと、日本酒の工程のイラストが描かれています。またカウンター上には、親しみやすい手書きメニューを掲示します。日本酒を一合注文すれば、好きなお猪口を選べるなど遊び心も満載です。約40種類の銘柄を取り揃え、飲み比べセットなど用意。日本酒を使ったカクテルなどもあり、日本酒の新たな楽しみを教えてくれます。

■クラフトビールと和食のペアリング『SPRING VALLEY BREWERY KYOTO』(京都)
京都の町屋をリノベーションしクラフトビールの醸造所を併設した、和の料理とクラフトビールが楽しめるレストラン『SPRING VALLEY BREWERY KYOTO』。ビールの仕込みの様子を間近に見ることができます。人気は6種類のビールと、それぞれの風味に合わせたおつまみのペアリングセット。色とりどりのビール、おつまみの色味が鮮やかでフォトジェニック! コースターには、ビールの特徴と作り手からのメッセージが添えられ、より深くビールの個性を味わうことができます。また、その時しか飲めない限定品も提供しています。

■50種のワイン樽がセルフで飲み放題が楽しめる『コンロ家』(新宿)
「気軽に肉とワインが楽しめる」をコンセプトに、飲み放題メニューを用意している大衆和牛酒場『コンロ家』。店内はワイン蔵をイメージし、棚にずらっと50種類以上の樽を並べています。フランス・イタリア・スペイン・ドイツ・アメリカ・オーストラリア・ポルトガル・チリ・南アフリカ・日本など世界各国のワインから自分の好みを探し、樽からグラスへ直接注ぐという体験が楽しいと大好評です。

すぐにできる! アルコール提供方法をご紹介

他の店と差を付ける! アルコール飲料の提供方法をご紹介

Photo by iStock.com/macniak

■飲み比べ、利き酒セット
色々な銘柄を試してみたい、というお客様の欲張りなココロに応える飲み比べセット。日本酒やクラフトビール、ワインなどさまざまなジャンルで取り入れることができます。さらに、酒飲みゴコロに火をつけるのがテイスティング力を試す「利き酒」セットです。たとえば日本酒の場合、「色、香り、味」でお酒の質を判断します。醸造家の利き酒は、酒質をみるために行われるので口に含むだけですが、「利き酒競技会」では飲んで銘柄を当てることが多いようです。お店で銘柄当てをする場合には、味の違いがはっきりしているものを組み合わせる、「色、香り、味」について分かりやすいヒントを出すなどすると、より楽しむことができます。

■酒器を選べる
たとえば日本酒では、お猪口などの酒器をお客様が選べるサービスが人気です。その際に一歩進めて、銘柄の個性をより知ることができる工夫をされてはいかがでしょうか。日本酒、ビール、ワインなどの醸造酒は、風味によって合う酒器の形が異なります。形で酒器をグループ分けしてディスプレイし選んでもらうと、よりその銘柄の個性を楽しんでもらうことができるでしょう。

■サーバーからお洒落にサーブ
クラフトビールなどカウンターでグラスに直接注ぐ様子は、お酒が輝いて見えてとても魅力的です。とくに注目したいのが、ワイン樽サーバー。縦型、横型などお店のレイアウトによって選ぶことができます。また、株式会社ドラフトワイン・システムの『樽生スパークリング・ワイン®』やサッポロビールの『Sapporo Wine Polestar ポールスター 樽詰スパークリング』など、現地の風味をそのまま楽しめる樽詰めのスパークリングワインも人気です。

いかがでしたか? お酒を楽しんでもらうためには、客層によって柔軟に対応することも大切です。お客様とのコミュニケーションを取りながら、上記のこともぜひ参考にしていただき、お酒を楽しく美味しく提供してください。

グラスの商品一覧はこちら
酒器・サーバー・フリーカップの商品一覧はこちら

<関連記事>ここ数年人気の「立ち飲み」業態。いま話題の店舗は? 厨房づくりのポイントも!
<関連記事>お手入れラクラク、丈夫で長持ち。コスパ抜群なプロ用製品をご紹介!

最新記事

ページトップへ↑