業務用厨房機器・厨房備品の購入なら、飲食店.COMのショッピングサイト「厨房・備品を探そう」

カート

(税込)

すべてのカテゴリ
トレンド・お役立ち

個人飲食店必読!確定申告を見据えた棚卸のポイントとは?

2021年1月7日

個人飲食店必読!確定申告を見据えた棚卸のポイントとは?

画像素材:PIXTA


今年も2月から受付が開始される確定申告。個人で営業されている飲食店では、オーナー自らが申告を行うこともあるでしょう。確定申告に必要な作業のひとつとして「棚卸」がありますが、飲食店の場合、食材や調味料、備品など、様々な種類の商品を扱うため、在庫の把握や仕入れ価格などの点が少々複雑です。そこで今回は、飲食店の棚卸についての基本と、確定申告をする際のポイントを解説します。
飲食店.COM 厨房・備品を探そう

飲食店の「棚卸」とは?

食材やドリンクの在庫の数を調べ、仕入れ価格(在庫単価)に基づき、在庫金額がいくらあるか計算するのが棚卸です。頻度は飲食店によって異なりますが、月に1回、月末などに行う店が多いようです。棚卸は次のようなステップで進めます。

1.棚卸表をつくる
取扱い品目をリストした「棚卸表」を作ります。項目は、品名・種別・在庫数・在庫の形状・仕入れ価格などです。

2.在庫を数える
在庫を数える際には、重さや形状など、品目ごとに何を単位にするかあらかじめ決めておきましょう。また、開封した状態の物や仕込み中の物をどのようにカウントするかなども決めておきます。

3.仕入れ価格をもとに計算する
仕入れ回数が多く、その度に値段が変わる食材もあります。何度も計算をするのは手間なので、多くの場合、直近の仕入れ価格を採用する「最終仕入原価法」が取られます。

在庫を数える際に、消費期限の確認や廃棄、整理整頓も行いましょう。廃棄する場合は、必ず記録をとっておくことも忘れてはなりません。

棚卸の目的は?どんな効果がある?

無駄な仕入れを抑えつつ、品切れが出ないように管理することは、飲食店経営における基本。定期的に棚卸をして出庫と在庫の状況を確認し、前年同月などと比較することで、仕入れの予想を立てやすくなります。また、原価計算も非常に重要な作業。きちんと在庫金額を計算することによって、原価計算の精度を上げることができます。こうした在庫整理の徹底は食材ロスの防止にも繋がり、保存スペースを衛生的に保つ効果も期待できます。

個人飲食店必読!確定申告を見据えた棚卸のポイントとは?

画像素材:PIXTA


在庫が増えると税金があがる!?確定申告のポイントは?

1.在庫も税金に影響する
確定申告では1月から12月の間の所得に応じて税金の額が決まります。そして、売上や仕入、経費だけでなく、12月末の在庫も利益や税金に影響します。単純にいうと、年末の在庫が多いと「売上原価」が下がる⇒利益が上がる⇒税金が上がる、というロジックです。とくに無駄な仕入れや在庫がないよう、月々の棚卸で工夫しましょう。

2.「年末の在庫」とは?
確定申告における「期末商品棚卸高」とは、12月末に残った在庫のうち、翌年1月からの営業に利用できる食材やドリンクなどの金額を指します。なお、日持ちがしないために廃棄した物などは含めません。また、次年度の確定申告の際には、「期首商品棚卸高」となります。

3.在庫には「商品」と「消耗品」がある
確定申告で計上する在庫は、「商品」の在庫です。食材やドリンクは商品にあたります。では、調味料はどうでしょう。実は、調味料は「消耗品」にあたり、納品された時点で経費になります。そのほか割りばしや洗剤なども消耗品の分類に。棚卸表を作成する際には、商品か消耗品か区別する項目を作ると良いでしょう。

4.在庫の金額を求めるには?
仕入れ価格(在庫単価)を決める方法は様々あります。その方法によって確定申告する利益や納税額が変わってしまうので、初めての確定申告と一緒に「所得税の棚卸資産の評価方法の届出」をしなければなりません。届出をしない場合は、直近の仕入れ価格を採用する「最終仕入原価法」が適用されます。

5.棚卸表は保管の必要がある
棚卸で使う棚卸表は、確定申告では提出しませんが、青色申告では7年間、白色申告でも5年間保管する必要があります。

以上のように、棚卸には在庫数と在庫金額の管理という大切な役割があり、確定申告でも必要とされます。最低でも月に1度は棚卸をして、見通しを持った飲食店経営を行っていきましょう。

飲食店.COM『厨房備品を探そう』では、飲食店専門の料理道具、カトラリー用品、消耗品・衛生用品などを多数取り揃えています。
取り扱い商品のカテゴリ一覧はこちら

<関連記事>厨房の業務を「見える化」して共有しよう! 活用されるマニュアルの作り方
<関連記事>繁忙時もスムーズに。厨房の整理収納は動線の見直しから
ページトップへ↑