飲食店の正社員/アルバイトの求人募集はお任せください!
求人広告掲載についてトップ > 採用お役立ちコンテンツ >  人材採用コラム >  求人・採用 > 飲食店が人材不足になる原因は?…

飲食店が人材不足になる原因は?人手不足の解消方法を5つ紹介

2019年12月4日 人材採用コラム 求人・採用

目次

飲食店の求人を探すなら

飲食店の人材不足が長らく課題となっています。今も、自店舗の人材不足で頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?


画像素材:PIXTA

帝国データバンクの人手不足に対する企業の動向調査では、80%近くの飲食店が人材不足を感じているという結果が出ています。また、 商工リサーチの調査では2018年度の「人手不足」に関連する倒産は400件にものぼっており、人気店にも関わらず、人材不足で閉店する例も少なくありません。
どちらの数字も人材不足の深刻さを表しています。

今回は店舗の人手不足に頭を悩ませている方々に向けて、人材不足の原因とその対策方法をまとめました。
人材不足を解消するために必要な準備、制度などをいくつかご紹介します。

飲食店における人材不足の主な原因は?

まずは人材不足の主な原因を挙げてみましょう。

1、求人を出しても人が集まらない

近年、飲食業界では求人広告を出しても「応募が来ない」「採用にいたらない」という声が多く挙がっています。
応募が少ない場合は店の魅力を、採用にいたらない場合はどんな人材を集めたいかを打ち出せていない可能性があります。また、時給や福利厚生など、待遇の見直しが必要なケースもあるでしょう。

2、フルタイムで働ける人材が少ない

フルタイムで働ける人材が極端に少ないことが人材不足の一因となっている店もあります。
今いる従業員のシフトなどをもう一度見直してみましょう。
もし、フルタイムで雇える人材を確保できれば、店舗の人材不足を解消できる可能性があります。

3、従業員がすぐに離職してしまう

せっかく採用しても従業員がすぐに辞めてしまう、というケースも少なくありません。
やむを得ないこともありますが、短期間での離職者が多いのであれば、研修制度や労働環境に問題はないか、入社後のミスマッチが起こらないような面接をしているかなど、制度や採用活動を一度見直してみましょう。

【退職を瀬戸際で防ぐために】
従業員に「辞めたい」と言われたときにすべき対応、引き止める際のポイントは?

4、店の運営スタイルが非効率である

人材が足りない場合には、つい採用にばかり注力してしまいがちです。
しかし、非効率な運営スタイルが人材不足の根本的な原因となっていることもあります。
営業時間やスタッフのシフトを見直す、外注や効率化につながるツールを取り入れる、など一工夫を加えることで人材不足の穴埋めができるケースもあります。

飲食店における人材不足の対策は?

次に、どうしたら人材不足を解消できるか、具体的な対策を紹介します。

1、働きやすい環境を整える

働き方改革が叫ばれる昨今、労働環境を重視し仕事を選ぶ人が増えています。
応募者を増やすためにも離職者を減らすためにも働きやすい環境は整っているか見直しましょう。
もし、自店舗の労働環境に改善すべきところがあれば、制度の見直しなどを実践してみましょう。
具体的には、法令順守はもちろん、有給休暇の制度化、交通費やまかないなどの待遇、シフトの融通は利くか、などが挙げられます。また、アルバイトに社員並みの仕事を任せていないか、OJTなど新人の研修をきちんと行っているか、なども気を付けたい点です。

【今から取り組める!働き方改革の事例】
営業時間短縮、土日休み…飲食業界の働き方改革! 正社員が働きやすくなる事例を紹介

2、運営規模を縮小する

運営規模を縮小するのも人材不足解消の一つの手です。閉店時間を1時間早める、ランチ営業を辞めるなどの決断をし、かつ売り上げをキープしている店もあります。
また、多店舗展開の会社であれば、不採算店舗を閉店するという選択もあります。

3、ITツールを使い、効率化を図る

昨今、ITツールなどを導入し業務効率を図る飲食店が増えています。
うまくITツールを利用できれば人材不足を解消する一手となります。例えば、スマホやタブレットでのセルフオーダーシステム、キャッシュレス決済の他に、掃除ロボットや食材発注ツールなどもあります。
これらの導入にあたっては初期費用がかかるものの、それ以上のメリットはあります。また、調べてみると意外と安価に取り入れられるツールもあるため、一度導入を検討してみる価値ありです。

4、リファラル採用を取り入れる

最近注目されているリファラル採用。
リファラル採用は従業員に人材を紹介・推薦してもらう採用手法です。従業員のつてで採用活動を行うため、求人にかかわる費用がほとんどかからないのが最大のメリットです。
まだリファラル採用を取り入れていない店は従来の採用方法と並行して試してみるといいでしょう。

【関連記事】
人手不足解消の一手に! いま注目を集める「リファラル採用」のメリットとは

5、求人広告を利用する

スタンダードな手段ではありますが、求人サイトに求人広告を掲載して人材を募るのも人材不足の解消に有効です。飲食店で働きたい人材の多くは求人サイトを使って仕事探しをしています。

もし、自店舗が求める人材像が明確になっているのであれば、求人広告の掲載を検討してみてはいかがでしょうか?

【当社運営の求人サイト】
飲食店専門!社員もバイトも19800円で30日間掲載可能!求人@飲食店.COMとは?

求人広告を上手に使い、飲食店の人材不足を解消する方法

求人広告を掲載して人材を募集する際にも一工夫が必要です。
これから紹介する3つのポイントを抑えれば、人材を集めやすくなります。

1、競合店の求人と差別化する

求人広告で多くの人を集めるには、他店の求人と「差別化」できるような内容を打ち出すことが重要です。
求人広告を出す前に競合店の求人情報をリサーチしてみましょう。採用において自社が競合より劣っている部分や逆に優れている部分を把握できます。

優れている点は他社にはない強みとして差別化し、それをしっかりと訴求できるような求人を出しましょう。逆に劣っていると感じた点はできる限り改善を図るようにしましょう。
給与や福利厚生はすぐに改善できないケースもありますが、その場合は「まかないが美味しい」「オーナーから直接経営について学べる」など何かしらの自社の魅力をアピールし、他の店舗との差別化につなげていきましょう。

【関連記事】
「採用競合」を知って採用活動を勝ち抜こう! 他店との差別化を図るポイントは?

2、正社員・フルタイムを積極的に募集する

前述したように、自社の魅力を「差別化」し求職者が集まりやすい訴求ポイントを打ち出せるようであれば、正社員やフルタイムの人材を積極的に募集してみるのもおすすめです。アルバイトやパートタイムの方が一人当たりの人件費は抑えられますが、その代わりに多くの人材を採用しなくていけません。
正社員の採用を優先することで人材不足が大幅に解消されるケースも多いです。

3、外国人・短期バイトなども視野に入れる

今まで採用対象としていなかった人材をターゲットに募集をかけるのも一つの手です。
例えば外国人のスタッフの採用。外国人スタッフの採用は、人手不足に加えインバウンド対策としても強力な助け舟になります。外国人向けの飲食専門求人情報サイト「 Food Job Japan」などを利用してみるのもおすすめです。また、繁忙期のみ短期スタッフを雇うというのも一つの方法です。

【関連記事】
外国人労働者はますます拡大? 飲食業界の外国人スタッフ採用、最新事情を紹介!

まずは自店舗の環境を見直すこと

ここまで、人材不足の原因と対策を説明しました。
人材不足を解決するうえで、まずは自店舗の労働環境を見直してみましょう。
働きやすい労働環境さえあれば、従業員の定着率アップや採用活動を成功させるための土台が出来上がります。
自店舗の労働環境を整えたあとは客観的に自店舗を分析した上で、これまで述べてきた人材不足への対策をおこなってみましょう。
そうすれば、あなたの店舗が抱える人材不足を解消できる一歩になるはずです。


【お急ぎで人員補填する必要がある方におススメのサービス】
・求人@飲食店.COM
19800円から求人広告を掲載可能!
さらに、最短10分で広告を掲載することも可能です!
求人@飲食店.COMに求人募集について相談する


【合わせて読みたい】
飲食店の6割が取り組む「働き方改革」。人手不足解消へ向けた実例をご紹介!
【飲食店の働き方改革】あの店のスタッフ待遇がスゴイ! 飲食店の好待遇事例を5つ紹介
「従業員エンゲージメント」の向上で組織力をUP! スターバックスから学ぶスタッフ教育
すぐ辞めるスタッフがいなくなる!? 飲食店の店長が意識したいコミュニケーションの基本

飲食店経営のヒントをメールマガジンで配信中
飲食店.COMでは、採用、組織などをテーマに、
実践的で役立つ情報を会員様へ定期配信しています。
登録は簡単1分!
会員登録してメルマガを読む(無料)

この記事は、飲食店専門の求人情報サイト『求人@飲食店.COM』が提供しています。

19,800円で30日間の求人募集!

特徴1

社員もバイトもまとめて19,800円

利用者の70%が20代~30代の若手

社員もバイトもまとめて19,800円

特徴2

急募も安心!最短10分スピード掲載

求人のプロが募集をサポート

求人のプロが募集をサポート

お問い合わせ

求人募集、採用に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・資料請求
  • 0120-409-656
    (関東/九州/北海道・東北)
  • 03-5708-5811
    (混雑でつながらない場合はこちら)
  • 06-6147-3533
    (関西)
  • 052-485-9061
    (東海)

電話受付:平日10:00〜19:00

ページトップへ↑