電話でのお問い合わせ

窓口:株式会社ウィット

03-6452-2190

  1. 飲食M&Aトップ
  2. M&Aマニュアル
  3. 飲食M&Aマガジン一覧
  4. 8/28(木)「事業売却という経営戦略」セミナーレポート
飲食店M&Aマガジン
  • 売り手

8/28(木)「事業売却という経営戦略」セミナーレポート

LINEで送る
Pocket

2019年09月13日

8/28(木)「事業売却という経営戦略」セミナーレポート 株式会社ウィット代表取締役 三宅宏通氏

飲食事業者にとって有効な戦略として注目を浴びるM&Aですが、どのように始めればよいかわからないという方が多いのが現状です。そこでシンクロ・フードでは「事業売却という経営戦略」のセミナーを開催し、飲食業界のM&Aの基本的な知識や、実践的な内容について解説しました。

【第1部】『~1店舗から譲渡・買取り可能~ 飲食業界で今求められている飲食店M&A』

株式会社シンクロ・フード 飲食M&Aグループ マネージャー 荻原健太

近年の飲食業界の状況についてや、飲食店M&Aに関しての基本的な情報をお伝えしました。
業績や資金面だけでなく、人材不足や後継者不足などの課題からそれらの解決策としてM&Aが増加しています。一方、これらの課題解決だけではなく、事業拡大のために売却を検討するケースもあります。売却をする際は検討ポイントは専門的かつ多岐に渡るため、プロに相談することをオススメします。

『~1店舗から譲渡・買取り可能~ 飲食業界で今求められている飲食店M&A』 弊社社員の荻原よりM&Aの基礎知識について解説

【第2部】『実例から学ぶ、M&Aのチェックポイント』

株式会社ウィット 代表取締役 三宅宏通

実際の成約事例を挙げつつ、売却価格の査定についてなど、より実践的な内容について解説しました。
飲食店の売却価格は、基本的にキャッシュフローの3年分ほどが目安ですが、その他に買い手にとってのメリットがあれば価格が上がる可能性もあります。ただし、近年はM&A案件数自体が増えてきているので、今後は2~2.5年分くらいに下がるのではとも言われています。直近3年の売上から査定するため、売上が比較的上がっているタイミングで売却を検討することが望ましいです。売却が成功しても引継ぎ時のトラブルのケースは少なくないので、引き継ぎて体制の共有や譲渡造作設備の説明は怠らないように注意しましょう。


参加者の状況

・M&Aの検討状況

売却を検討している : 26.8%
買収を検討している : 26.8%
今は検討していない : 42.9%

具体的な検討フェーズでないかたでも事業の今後のために早めに選択肢の一つとして入れるために情報収集を始めている傾向が見られました。

・M&Aの経験

経験有り:13.3%
経験無し:86.7%

参加者の多くはM&Aの経験がない状態での参加でした。初めてのM&Aに向けて知識をつけるためにプロの話を聞くケースが多いようです。

・参加者の声の一部

資産の算出方法を聞くことができて良かったです。
成功例には心躍りました。逆の失敗例も拝聴したいと思いました。
M&Aについてのトラブルの話がとてもわかりやすかったです。
全体的にまだ知らない事が多かったので来てよかったです。

次回開催のセミナーはこちら。
10/10(木)開催 「M&Aの価格設定方法を教えます」経営者向け勉強会

事業の譲渡、売却をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
専門のスタッフが丁寧にご対応させていただきます。

  • 相談無料
  • 秘密厳守

電話でのお問い合わせ

03-6452-2190

受付時間:10-19時(土日祝祭日を除く)
窓口:株式会社ウィット

ページトップへ↑
飲食 M&A は株式会社シンクロ・フード
(証券コード3963)が運営しています