電話でのお問い合わせ

03-5768-9522

  1. 飲食M&Aトップ
  2. M&Aマニュアル
  3. 造作譲渡
M&A・事業譲渡の手法
  • 売り手
  • 買い手

造作譲渡

店舗設備(内装造作、厨房設備など)に価格付けをして売却をする手法です。
飲食業界でスタンダードになっている「居抜き」での売却がこれにあたります。
譲渡対象の資産は、厨房機器など、飲食店舗運営にとって有効活用できるものが多く、好条件での造作譲渡が成立すれば、店舗の出店コストを大きく抑えることも可能です。また、売却主にとっても退去時の原状回復費用をカットすることができるため、大きなメリットがあります。
手続きは、事業譲渡・株式譲渡などと比べると比較的簡略化されていますが、売却店舗の賃貸借契約引継ぎなどが必要となるため、テナントの家主、管理している不動産会社とも協議を行う必要があります。
造作譲渡で店舗設備を買収する場合、厨房部分の水漏れなど、見えない部分の劣化や故障・不良がある場合もあります。
すべての設備状況を見るには造作を壊す必要があり、通常では確認することができません。
そういったリスクも含めての売買であることを事前に認識しておくことが重要です。

事業の譲渡、売却をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
専門のスタッフが丁寧にご対応させていただきます。

  • 相談無料
  • 秘密厳守

電話でのお問い合わせ

03-5768-9522

受付時間:10-19時(土日祝祭日を除く)
飲食店M&A 担当者まで

ページトップへ↑
飲食 M&A は株式会社シンクロ・フード
(証券コード3963)が運営しています