ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店に広がるサブスクリプションモデル。『野郎ラーメン』が月額定額制で食べ放題に

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

定額制サービス「1日一杯野郎ラーメン生活」を始めた『野郎ラーメン』

近年、さまざまな業界で注目を集めている「サブスクリプションモデル」。いわゆる継続課金型のビジネスモデルのことを指すのだが、音楽や動画配信業界では今や定番のスタイルとなっており、それが今、飲食業界でも関心が高まりつつある。

11月1日にはガッツリ系ラーメンで知られる『野郎ラーメン』が、サブスクリプションモデルを使ったサービス「1日一杯野郎ラーメン生活」をリリース。月額8,600円(税抜)を支払えば、1日一杯、ラーメン(「豚骨野郎 780円」、「汁無し野郎 830円」、「味噌野郎 880円」から1種を選択)が食べられるというサービスだ。18~38歳の“野郎”世代限定という年齢制限はあるが、「豚骨野郎」であれば月12杯で元が取れる計算になる。

『野郎ラーメン』を運営する株式会社フードリヴァンプ広報課の黒木勝巳さんに、制度導入について話を伺った。

人気メニュー「豚骨野郎」780円(税込)

定額サービス導入のきっかけは、“超”常連への感謝の気持ち

飲食店業界では、まだ少数派であるサブスクリプションモデルを、ラーメン店でいち早く導入するにいたったきっかけは何なのだろう?

「これだけ飲食店がある中でラーメンを選択し、さらに当店にお越しいただく。我々にとっては一回一回の出会いがとても貴重で、奇跡的だとすら思っています。その中でも週に1回、2回お越しいただく“超”常連様にどうやって感謝の気持ちを還元していくか、ということを常々考えていたんです」

そこで常連客への還元の施策としてスタートさせたのが、「1日一杯野郎ラーメン生活」。常連客からの反響は大きく、より高額なメニューをラインナップしたワンランク上の定額サービスを望む声も上がっている。

ちなみに客が制度を利用し、1日一杯ラーメンを食べた場合、豚骨野郎なら1カ月で24,180円(税込)相当となる。客にとってのメリットがかなり大きくなるが、店側としてはどのように考えているのだろうか。

「もとより、常連様へ還元するための施策です。12杯以上の注文があると利益は減っていくことになりますが、それでも当店を選んでいただいているということは非常に嬉しいことであり、奇跡的なことだと思っています」

実際に、11月1日のサービス開始から11月30日までの1カ月間、毎日『野郎ラーメン』へ通い続けたという“超”常連客は7名。『野郎ラーメン』の各店舗では、感謝の気持ちを込めて感謝状を贈呈している。店から感謝状を贈られることで、手軽にラーメンを楽しめるだけでなく、常連客の中でも大きなステータスとなる。まさに「野郎ラーメンファン」のためのサービスといえるだろう。

使用時は専用のアプリ画面を店員に見せるだけ。決済などの手続きはすべてアプリで完結する

新規客の来店で売り上げもアップ!

今回のサービス導入に当たり、客側だけでなく、店側にとってもさまざまなメリットが生まれているという。

「12杯で元が取れる計算なので、お客様の中には元を取ろうとして、元々の来店回数より頻繁に通ってくださる方もいらっしゃいます。また注文の際はアプリをかざすため、店員とのコミュニケーションが生まれ、より常連様との距離が近くなったと感じています」

「1日一杯野郎ラーメン生活」を利用するためにはアプリを店員に見せる必要があるため、常連客との距離が近くなったという。また、サービス利用者以外からも「1日一杯野郎ラーメン生活」の話題を振られるなど、客から声を掛けてもらう機会が増え、コミュニケーションのネタとなっているようだ。

さらに、今回の制度導入は直接的な売り上げアップにも繋がっているというから、店側にとってのメリットは計り知れない。

「今回数多くのメディアの方に取り上げていただいたこともあり、新規のお客様に非常に多くご来店いただきました。サブスクリプションモデルの利用だけではなく、サービスをきっかけに当店を知っていただいたお客様にも多くご来店いただき、前年度と比較して売上が伸びています」

飲食店にとってまずは店に来てもらうことが大切なのはいうまでもないが、「1日一杯野郎ラーメン生活」は、新規顧客と常連客どちらにもアピールできるサービスとなっているようだ。

さらに12月1日には、月額300円(税抜)で1杯のラーメンにつき人気のトッピングが1つ選べる「野郎まんぷく定期券」をリリース。積極的にサブスクリプションモデルを導入する『野郎ラーメン』だが、今後も新たな定額制サービスを企画中とのことなので、その動向に注目していきたい。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
サトウカオル

About サトウカオル

グルメ、ライフスタイル、ITとさまざまなジャンルの執筆を経験。現在は、ポップカルチャー系のウェブサイトでグルメ関連の記事を執筆中。趣味は、料理とネットサーフィン。ネットで気になった料理を自分流にアレンジして食べるのが最近のマイブーム。