ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

「現金お断り」。完全キャッシュレス店舗をロイヤルホールディングスが開業。その狙いを聞いた

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

会計の際は、店舗のスタッフが楽天ペイアプリの入ったスマートフォンと Bluetooth接続されたカードリーダーを持って客席に向かい、目の前でクレジットカードを預かってカードリーダーに挿入。暗証番号を入力してもらう。電子マネーの場合は、客自身がカードリーダーにタッチする仕組み

割り勘もスムーズに。スマートな会計はお客様にも好評

では、実際に利用する人は従来とは異なる会計方法に戸惑うことはないのだろうか。店内にレジはなく、会計は客席で行うものの、キャッシュレスであることは店頭看板、注文用の専用タブレッドなどでアピール。入店時には、従業員から決済方法の説明がある。そのため客が会計で戸惑うことはなく、これまでにクレームは一度もないとのこと。それどころか、嬉しい声が上がっているという。

「スピーディに決済ができ、割り勘もできますのでスムーズな会計に驚かれる方が多いですね。小銭を出す必要がないので、小さなお子様連れのお母様やビジネスマンの方々から『便利だ』とお声をいただいています。また現状では、クレジットカードでのお支払いが電子マネーよりも多いです。『これから先決済方法を増やす予定はあるか』などの問い合わせもいただいているので、今後、検討・開発を予定しています」

入店時は「キャッシュレスチャレンジ」をキーワードに従業員から直接説明がある。また、ホームページ、店頭看板 、店内でのお声掛けのほか、セルフオーダーの HELLO画面にも案内がある

今後は『GATHERING TABLE PANTRY』で、さまざまな研究を継続。そのなかから、良いもの・結果が出るものについては、部分的に既存ブランドへの展開を考えている。

「ただし完全キャッシュレスについては、『ロイヤルホスト』などでの導入は考えておりません。調理機器のイノベーションや掃除ロボット、在庫管理などについて、当社グループのコントラクト事業や外食事業においての展開を想定しています」

少子高齢化による生産労働人口の減少や市場変化、人件費の高騰など、外食産業を取りまく環境が年々厳しくなっているのは周知の通りだ。そんな最中、テクノロジーを活用して業務を軽減することで、「従業員が楽しく働くことのできる」環境作りを徹底している『GATHERING TABLE PANTRY』から学ぶことは多い。今後の動向にも注目だ。

GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店
住所/東京都中央区日本橋馬喰町1-5-4 中庄ビル1階
電話番号/03-3527-3503
営業時間/15:00~22:30(L.O.22:00)、土・日・祝13:00~21:30(L.O.21:00)
定休日/不定休

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
逆井マリ

About 逆井マリ

フリーライター。音楽、アニメ、ゲーム、グルメ、カルチャー媒体などに取材記事を執筆。現在の仕事に就く前に、創作居酒屋、イタリアン料理店での業務経験あり。写真は大好きなアイスランドで撮影したもの。