ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店に増える事前注文&決済サービス。『スターバックス』でも開始

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

Photo by m01229「tarbucks in downtown DC

スターバックス コーヒー ジャパンが、事前に注文から決済までを完了できるスマートフォン向け公式アプリ専用サービス「モバイルオーダー&ペイ」を、6月26日より一部店舗でスタートした。

海外の店舗ではすでに導入されていたもので、利用できるのはテイクアウト時のみ。まずは丸の内や大手町エリアを中心とした都内56店舗から開始し、2019年内には300店舗、2020年末までに全国展開の予定だ。

「細かいカスタマイズのオーダーがしやすい」などのメリットも

利用者側の主な利点は、アプリ上で事前に注文・決済を済ませることにより、店舗の列に並ぶことなく、出来立ての商品を受け取れるということ。だが、そのほかにも便利なポイントがある。

■カスタマイズの内容を伝えやすい
事前注文は、生乳の種類やホイップクリームの追加といった、『スターバックス』の醍醐味であるカスタマイズにも細かく対応。「店頭で伝える」のではなく、落ち着いてゆったりと「入力する」かたちになるため、好みのオーダーがしやすい。

■「お気に入り」のオーダーも簡単
購入履歴からの再注文が可能。頻繁に利用する顧客にとって、お気に入りの商品や組み合わせを即座にオーダーできるのは嬉しいかぎりだ。

もちろん、店側にもメリットはある。レジ対応に追われることが少なくなるため、作業効率がアップ。テイクアウト利用率の高い店舗では、人件費の削減にもつながりそうだ。

Photo by Bong Grit「20100430 Starbucks

「モバイルオーダー&ペイ」とは?

そもそも「モバイルオーダー&ペイ」とは、会員制ポイントプログラム「スターバックス リワード」のメンバーを対象としたサービス。スマートフォン向けのスターバックス公式アプリに搭載され、決済は「スターバックス カード」のみに限定される。

■注文から決済までは3ステップ
1、受け取り希望店舗を選んだら、商品、数量、サイズのほか、エスプレッソのショット数など詳細なカスタマイズ項目を選択

2、アプリと連携させたプリペイド式「スターバックス カード」にて支払いを済ませる(受け取り番号と出来あがりまでの時間が表示される。待ち時間は店舗状況によるが、3~15分程度)

3、準備完了のプッシュ通知が表示されたら、指定した店舗の専用カウンターで商品を受け取る(おかわりチケット「ワンモアコーヒー」はeチケットにて配布される)

現時点では、「ドリップコーヒー」や「キャラメル マキアート」など人気の定番商品を中心とした約40品目が対象。今後、フードメニューへの対応も検討していくという。

Photo by kmf164「osaka starbucks

サービスを導入した狙いと背景

第一には、店舗の混雑による待ち時間の長さなど、客の悩みを解消すると同時に、レジ対応にかかりきりになる店側の負担を減らす目的がある。

一方で、10月1日からの消費増税に伴う、軽減税率制度への対応策という側面も。テイクアウト時は8%、イートイン時は10%という消費税体系に変わることで、これまで以上に持ち帰りの需要が高まることが見込まれる。

そのため、こうしたサービスの導入によって、混雑を理由に入店を避けていた顧客を獲得し、テイクアウトを中心とした利用を新たに促していきたい考えだ。

各方面で続々とスタートしている事前オーダーサービス。ますます広がりを見せそうだが、なかには行列そのものが人気店としてのアピールや、新規業種のプロモーションにつながる場合も少なくない。こうしたケースも含めて、今後どこまで浸透していくのか、興味深いところだ。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
田中恵実子

About 田中恵実子

編集プロダクション在籍時にグルメやライフスタイル、住まいなどをテーマとしたさまざまな雑誌・Webマガジンにて取材&執筆をおこなう。現在はフリーランスとして、女性向けショッピングサイトなどの編集執筆を担当。世代より少し上の歌謡曲やJ-POPを愛聴。