ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

「食べログアワード2020」授賞式、寺門ジモン「僕らにとっては、全店がゴールド賞!」

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

Gold受賞店の代表者。今年は過去最多の34店舗が選出された

1月29日、東京都内にて「The Tabelog Award 2020(食べログアワード2020)」の授賞式が開催された。4回目の開催となった今年の「The Tabelog Award」では、「食べログ」に掲載されているレストラン約90万軒の中から、総合点4.00を超える店舗を対象にユーザー投票を実施、624店舗が受賞した。

授与される各賞は、Gold・Silver・Bronzeの三賞と、3つのテーマ別部門賞。Goldには「この国のどこにあったとしても、生涯通い続けたいお店」として34店、Silverには「一生に一度は味わっておきたい、匠の技に出会えるお店」として102店、Bronzeには「レストランを語るなら、必ず押さえておくべき名店」として488店が選ばれた。

「おいしいを、讃えよう。」をキャッチコピーに、食べログユーザーの投票によって選出される同アワードは、いわゆる料理の専門家といったプロではなく、レストランへの愛や敬意にあふれた、純粋に食を楽しもうとする一般の人々の目線が反映されるのが大きな特徴。こうした点からも、毎年大きな関心が各界から寄せられている。

会場となったのは、東京虎ノ門にある「The Okura Tokyo」平安の間。ウェルカムドリンクを片手に、全国から集まった500人を超える料理界のトップシェフたちが交流を図るなど、場内は開演前から華やかな雰囲気に満ちていた。

【この記事にも注目】飲食店の検索サイトで利用率が高いのは「食べログ」。テスティーが10~30代対象に調査

左からプレゼンターの太田雄貴さん、寺門ジモンさん、MCの渡部健さん、平井理央さん

MCを務めたのは、今回で4度目の登壇となるアンジャッシュの渡部健さんと、フリーアナウンサーの平井理央さん。そのほかにも、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんや俳優の髙嶋政宏さん、日本フェンシング協会会長の太田雄貴さんがプレゼンターとして登場し、授賞式を大いに盛り上げた。

主催者である株式会社カカクコム 取締役・食べログ担当の村上敦浩さんは、アワードを開催する理由のひとつに「お店のランク付け自体が目的ではなく、日本が世界に誇る素晴らしい店や料理人をもっと多くの方に知ってもらいたい、そして今年も皆さん同士で讃え合って日本の食を盛り上げてもらいたい」との思いがあることを述べ、「今年は特に東京以外のお店の受賞が増えた。このアワードが全国に広がっていることを実感し、嬉しく思います」と挨拶。発表への期待がより高まった。

「料理人として最も尊敬を集める料理人」に『カンテサンス』の岸田周三シェフ

最初に発表されたのは、部門賞のひとつである「Chefs' Choice」賞。ノミネート店の料理人による事前投票で最多票を集めた「料理人として最も尊敬を集める料理人」に贈られる賞だ。受賞したのは、『カンテサンス(フレンチ / 東京)』の岸田周三さん。トロフィーを手に「こんなすごい賞を頂けてびっくりしています」と驚きと感謝の思いを述べた後、こう続けた。「飲食業界は、これからますます人材難になる。昨年テレビドラマを監修した理由は、若い方々にもっと料理人への憧れをもってほしかったからなんです。こうした思いが、多くのシェフにも届いたのかもしれません」。さらに、「今後は水産資源の保護活動にも力を注いでいきたい」と、未来を見据えた意気込みを語った。

「Chefs' Choice」のトロフィーを受け取る岸田周三さん。プレゼンターは、昨年の受賞者である『本湖月』の穴見秀生さん

「BEST NEW ENTRY」には、オープンから1年5か月のミシュラン一つ星店も

続いての「BEST NEW ENTRY」賞は、初ノミネート店の中で、食べログユーザーからの投票数が多かった店に授与される部門賞。今回は、『ヴィラ・アイーダ(イタリアン/和歌山)』『紀茂登(日本料理/東京)』など、11店舗の料理人が受賞した。なかでも、『山﨑(日本料理/東京)』はオープンから1年5か月での受賞となり、その期待値の高さがうかがえる。登壇した料理人たちは皆、新鮮な表情をたたえながらも、名店の確かな貫録を漂わせていた。

「BEST NEW ENTRY」のプレゼンターを務めたのは、俳優の髙嶋政宏さん

どんなに時間をかけてでも足を運びたい「Best Regional Restaurants」

部門賞の最後を飾ったのは、「たとえ時間をかけてでも食べに行く価値がある」店に贈られる「Best Regional Restaurants」賞。東日本、西日本から各1店舗ずつ選出される本アワードは、江戸料理の真髄を味わえる『日本料理 たかむら(日本料理/秋田)』と、発酵料理による表現が秀逸と評価される『徳山鮓(日本料理/滋賀)』がそれぞれ受賞した。

『日本料理 たかむら』の髙村宏樹さんは、「これを機に、東北エリアへ旅行を兼ねておいしいものを食べにきてもらいたいですね」とコメント。プレゼンターであるフードコラムニストの門上武司さんも、「しっかり継承された技と、食材の魅力が見事に融合している。いずれも東西を代表する素晴らしいお店だと思います」と絶賛の言葉を寄せた。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
田中恵実子

About 田中恵実子

編集プロダクション在籍時にグルメやライフスタイル、住まいなどをテーマとしたさまざまな雑誌・Webマガジンにて取材&執筆をおこなう。現在はフリーランスとして、女性向けショッピングサイトなどの編集執筆を担当。世代より少し上の歌謡曲やJ-POPを愛聴。