ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

【新型コロナ】飲食店向け「融資制度」まとめ。コロナ禍の資金調達に

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

1月14日、政府は緊急事態宣言の対象地域を11都府県へと拡大。対象地域の飲食店に対し、営業時間を20時までに短縮するよう要請している。協力した店舗には協力金を支給するとしているが、それだけでは資金繰りが厳しい店舗もあるだろう。そこで今回は、コロナ禍で飲食店が活用できる融資制度を改めて紹介していく。資金繰りに悩んでいる飲食店経営者は参考にしてほしい。

【注目記事】わずか10坪で月商650万円を誇る『食堂かど。』。異例の「三毛作営業」が功を奏す

コロナ禍の資金繰りに。飲食店向け融資制度まとめ

■新型コロナウイルス感染症特別貸付(日本政策金融公庫・沖縄公庫)
新型コロナウイルス感染症の影響で、最近1か月の売上高または過去6か月の平均売上高が、前年または前々年の同時期と比べて5%以上減少している事業者等を対象とした融資制度。後述する特別利子補給制度と併用することで実質的な無利子化を実現している。

用途:運転資金、設備資金
担保:無担保
貸付期間:設備20年以内、運転15年以内(うち据置期間5年以内)
融資限度額:中小事業 6億円、国民事業 8,000万円
金利:当初3年間は基準金利-0.9%、4年目以降は基準金利
▼新型コロナウイルス感染症特別貸付

■危機対応融資(商工中金)
商工組合中央金庫が実施している融資制度。対象者は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、最近1か月の売上高または過去6か月の平均売上高が前年または前々年の同時期と比べて、5%以上減少している事業者等。特別利子補給制度と併用することで実質的な無利子化を実現している。

用途:運転資金、設備資金
担保:無担保
貸付期間:設備20年以内、運転15年以内(うち据置期間5年以内)
融資限度額:6億円
金利:当初3年間は基準金利-0.9%、4年目以降は基準金利
▼新型コロナウイルス感染症に関する特別相談窓口

画像素材:PIXTA

■特別利子補給制度
日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」や、商工中金の「危機対応融資」等で借入を行った事業者のうち、下記要件を満たす事業者を対象に利子補給を実施する制度。

売上高要件:個人事業主=要件なし、小規模企業者=売上高15%以上減少、中小企業者=売上高20%以上減少
利子補給期間:借入後当初3年間
補給対象貸付上限額:中小事業・商工中金2億円、国民事業4,000万円
▼特別利子補給事業

■セーフティネット保証4号・5号
セーフティネット保証は、経営が悪化している中小企業者を対象にした保証制度で、一般保証とは別枠で最大2.8億円の保証を利用できる。「4号」は、最近1か月の売上高が前年同月と比べ20%以上減少している全国47都道府県の事業者等が対象。一般枠とは別枠で借入債務の100%を保証する。一方「5号」は、最近1か月の売上高が前年同月と比べ5%以上減少している事業者等が対象。一般枠とは別枠(最大2.8億円)で借入債務の80%を保証する。
▼セーフティネット保証4号・5号

■危機関連保証
一般保証とセーフティネット保証枠とは別枠(最大2.8億円)で、借入債務の100%を保証。全国・全業種(一部対象外の業種あり)の事業者が対象で、最近1か月の売上高が前年同月と比べ15%以上減少していることが条件となっている。
▼危機関連保証

画像素材:PIXTA

■民間金融機関における実質無利子・無担保融資
セーフティネット保証4号・5号または、危機関連保証のいずれかの認定を受け、下記の売上減少要件を満たしている事業者等を対象として、保証料・利子の減免を行う制度。

売上減少要件:個人事業主=売上高5%以上減少(保証料ゼロ・金利ゼロ)、小・中規模事業者=売上高5%以上減少の場合は保証率1/2、売上高15%以上減少の場合は保証料ゼロ・金利ゼロ
担保:無担保
融資上限額:4,000万円
補助期間:保証料は全融資期間、利子補助は当初3年間
融資期間:10年以内(うち据置期間最大5年)
▼民間金融機関における実質無利子・無担保融資

経済産業省は1月8日、緊急事態宣言の発出を踏まえ、日本政策金融公庫や商工組合中高金庫等に対して、資金繰り支援等を要請。政府系金融機関に対しては、実質無利子・無担保融資の売上減少要件について直近1か月に加え、直近2週間以上の売上減少実績も対象とする運用の柔軟化を行うとしている。

今回ご紹介した融資制度を既に確認済みという方もいるかもしれないが、前述のように新型コロナウイルスの影響を踏まえて、貸付要件の緩和や限度額の拡充などが行われている融資制度もある。資金繰りに悩む飲食店経営者は今一度、融資制度を確認してはどうだろうか。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
サトウカオル

About サトウカオル

グルメ、ライフスタイル、ITとさまざまなジャンルの執筆を経験。現在は、ポップカルチャー系のウェブサイトでグルメ関連の記事を執筆中。趣味は、料理とネットサーフィン。ネットで気になった料理を自分流にアレンジして食べるのが最近のマイブーム。