飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

箱庭療法体験レポート。話題の『ココロゴトカフェ』に行ってきた

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly
DSCN7032

店舗前で無理やりポージングしてもらったものの、若干テレがある様子

心理カウンセラーが作ったカフェって、どんなお店?

“話題の飲食店へ行ってみよう!”。そんなシンプルなコンセプトのもと始まった当企画。主役は当社運営の「求人@飲食店.COM」で法人営業を担当する久能麻梨乃。当社スタッフの中でも天然キャラで通っている彼女が、実際に飲食店へ足を運び、その魅力をレポートします。

やってきたのは、渋谷・明治通り沿いにある『ココロゴトカフェ』。今年6月12日にオープンしたばかりの新店舗です。じつはこのカフェには心理カウンセラーが常駐しており、ごはんを食べながらカウンセリングを受けることができるんです。

もともとは中目黒で営業していたそうで、久能はその頃から“一度、行ってみたい”と気になっていたのだとか。今回、渋谷に移転オープンしたという情報をつかみ、“行くなら今!”と自信満々の顔で企画を上げてきたのだが……。

_DSC1740

優しい色合いを基調とした居心地のいい店内

一応、取材する前に、心理カウンセラーの方に相談したい悩みを聞いてみたところ……。

編集T:どんなこと相談するの?

久能:片付けとか料理とか洗濯とか、家事全般が面倒でなかなかできないんです。あと髪を短くしたいんだけど彼氏がロングヘア好きで…。

編集T:そ、それはさ、カウンセラーに相談するほどの悩みかな? 髪型の相談をしてもなぁ……。もっと、記事にできるような悩みないの? 仕事のこととかさ。

久能:あ! 営業担当なのに押しが弱いってことですかね。それが原因で営業成績がなかなか上がらないし。

編集T:押しが弱い…ね。平たく言うと対人関係ってことかな? それでいってみよっか。

という感じで相談すべき内容を決めて取材に臨んだのですが、実際に相談した悩みはまったく違う内容。果たして、どんなカウンセリングになったのか!? こうご期待です!

30分の簡易カウンセリング「ココロトーク」にチャレンジ

『ココロゴトカフェ』では、大きく分けて2つのカウンセリングが用意されています。ひとつは「ココロトーク」と呼ばれる簡易カウンセリング。これは写真やクレヨン、ミニチュアなどを用いるカウンセリングで、30分3,000円(税別)。もうひとつは本格的なカウンセリングで、こちらは60分8,500円(税別)、90分12,800円(税別)、120分18,500円(税別)のコースが用意されています。

で、今回選んだのは「ココロトーク」。ミニチュアを用いたコースを選択しました。このミニチュアを用いたカウンセリングは「箱庭療法」と呼ばれており、心理療法の代表的な手法として知られます。方法はとても簡単で、砂で敷き詰められた箱の中に、自由にミニチュアを配置していくだけ。これだけで対象者の深層心理がわかり、現在抱えている悩みが浮き彫りになるのです。ちなみに『ココロゴトカフェ』で用意されている箱庭は通常より小さなサイズで、かつ砂ではなく、もし口に入っても大丈夫な素材が用いられています。飲食店ならではの配慮ですね!

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
[PR]
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店.COMが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。