ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

「お客様の笑顔をやりがいに」──『シロノニワ』佐藤奈菜さん|ルーキーズ・スナップ

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

背筋が自然ときれいに伸びる姿が印象的な佐藤さん

飲食店で働く看板スタッフをご紹介していく当企画「ルーキーズ・スナップ」。第4回目となる今回は『シロノニワ』の佐藤奈菜さんを取材。仕事へのこだわりについて教えていただきました。

【PROFILE】
趣味:映画鑑賞
特技:バドミントン
チャームポイント:目
休日の過ごし方:ディズニーランドへ行く!
好きな異性のタイプ:優しくてメガネをかけている人
将来の目標:自分のお店を出す
お店のおすすめポイント:席から見える素敵な景色(特に夜景!)
お仕事のやりがい:お客様の笑顔が見られること

直接「ありがとう」と言われる仕事に魅力

普段はトリマーとして活動をしている佐藤さん。隙間の時間に別の仕事をしようと思った中で、たどり着いたのが飲食店の仕事だったとか。「もともと人と話すことが好きで、『ありがとう』と直に言われる仕事をやりたいと考えていました。そしたら、飲食店で働くのが一番いいと感じたんです。まだこのお店に入って数か月しか経っていませんが、勉強しながらも楽しんでいます」。

本日のおすすめメニューを説明中

お悩み相談室:「もっと接客の技術を磨きたいです」

---編集部にこんなお悩みが届いています。佐藤さんならどう解決しますか?

Q.ホールの仕事を始めて数か月が経ちますが、先輩から褒められたことは一度もなく、お客様からお礼を言われたこともありません。もっと接客の技術を磨いて、褒められたり、「ありがとう」と言われたりされたいのですが、どうすればいいですか?

A.私が一番心がけていることは「先輩のうまい技術や手法を真似する」ということです。以前に、会話に夢中の女性グループの席がありまして、いかに雰囲気を崩さずに取り分け皿を差し出すかを考えていました。そのときに、先輩がやっていたことを思い出して、私の存在感をわかってもらいながらも、お声がけをせずに自然とお皿を差し出すようにしたんです。そしたら、自然とお客様から『ありがとう』と言ってもらえました。経験が浅い人は、とにかくうまい人の技術を真似して自分のスタイルとして取り入れてみるのがいいんじゃないかと思います。

---なるほど、先輩の技術を真似して自分のものにすることがコツなんですね。本日はありがとうごました!

屋上庭園を望む絶景のロケーション

『シロノニワ』
住所/東京都渋谷区恵比寿南 1-6-1 アトレ恵比寿西館8F
電話番号/03-6452-3351
営業時間/11:00〜24:00 (L.O.23:00)
定休日/不定休 (施設に準ずる)
http://www.bistro-shiro.com/shirononiwa/

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
小川迪裕

About 小川迪裕

フリーランスライター・編集者。ファッション誌の編集を経験後、アウトドア、フード、健康などの記事を執筆。趣味が高じて、オートキャンプインストラクターの資格を取得。カルチャー教室「イオンカルチャークラブ」にて教室を主幹。そのほか、ポッドキャスト番組「ワンコと一緒にくるま旅」のパーソナリティも務める。