ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

『ラーメン二郎』ツイート炎上、マネーの虎・川原ひろし社長吠えた「ノーマネーでフィニッシュ」

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

『ラーメン二郎』のツイート問題で初めて口を開く川原ひろし社長

熱狂的なファンを持つことで知られる『ラーメン二郎』のツイート炎上問題で、『なんでんかんでん』の川原ひろし社長が吠えた。自身が人気ラーメン店を運営していただけに他人事とは思えないこの騒動について、メディアの前で初めて口を開いた。

麺の本数を数えた客「いつもより少ない」

騒動は『ラーメン二郎 仙台店』の名で刺激的なつぶやきがされたことに始まる。大盛りサービスが有名な同店で、初めてやってきた客に対し店員が「大は多いので初めての方は小でと再三お願いした」という。しかし、その客は「大」を頼み、半分以上残し、笑いながら「食えるわけねーよ」と言ったとされている。これに対して「金払えば何してもいいと言う勘違いした態度。半分以上残した後笑いながら食えるわけねーよ。とクソ野郎三連コンボのお客様がいらしたので帰り際に人生初の『2度と来ないでくださいね~』が自然と口から出てて驚く」(原文のまま)とつぶやいたのだ。

『ラーメン二郎』といえばこの量の多さ。Photo by Takeshi Kiriya「ラーメン二郎 環七一之江店」

このつぶやきが炎上し、テレビ等でも取り上げられた。店側の対応を批判する声もあれば、客のマナーを問題視する意見も出された。こうした中、『なんでんかんでん』の川原ひろし社長が、人気ラーメン店を経営・運営していた立場から語った。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
松田 隆

About 松田 隆

青山学院大学大学院法務研究科卒業。スポーツ新聞社に29年余在籍後にフリーランスに。「GPS捜査に関する最高裁大法廷判決の影響」、「台東区のハラール認証取得支援と政教分離問題」等(弁護士ドットコム)のほか、月刊『Voice』(PHP研究所)など雑誌媒体でも執筆。ジャーナリスト松田隆 公式サイト:http://t-matsuda14.com/