powered by 飲食店.COM ログイン

グーグル出身者が作る最先端カフェがすごい理由。ITの力で提案するコーヒーショップの未来

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

『アルファベータコーヒークラブ』代表・大塚ケビンさん。「ニトロ」を淹れるサーバーの前で

今年5月、IT技術を積極的に取り入れたカフェ『Alpha Beta Coffee Club(アルファベータコーヒークラブ)』が誕生した。テクノロジーの力でコーヒーの美味しさを管理し、また米国で流行の「定額制サービス」も導入しているという。コーヒーショップの“未来のカタチ”を提案する話題店だが、オペレーションやシステムはどのようになっているのだろうか。同社CEO、大塚ケビンさんを取材した。

グーグルで「コーヒーが人と人をつなぐ面白さ」に目覚める

『アルファベータコーヒークラブ』は自由が丘駅から徒歩2分の場所にある。テラスから自然光が差し込む明るい店内には、アーティストの作品や、提携するロースターを紹介するカードが飾られ、とてもフォトジェニックだ。ここをプロデュースした大塚ケビンさんは、米グーグルでアジア太平洋地域のデジタルマーケティングを担当していた経験を持つ。一見結びつかない「グーグル」と「コーヒー」の接点は何だろか。

「グーグルの社内にはたくさんのコーヒーメーカーがあったんです。僕はもともとコーヒーが好きだったので、ラテアートを勉強して、会社のみんなに作ってあげていました。日本で『お茶しない?』と言うのと同じように、アメリカでは『get a coffee?』と言ってコーヒーを楽しむ文化があります。コーヒーを通してたくさんの人とつながりができたし、先輩からもすごくいい話が聞けました」

一杯のコーヒーを通じて、大勢の人とつながる面白さに目覚めていった大塚さん。本社から日本に移ったときにはちょうどサードウェーブコーヒーがブームになり始めていた時期で、『ブルーボトルコーヒー』をはじめとするさまざまなカフェを巡ったそうだ。

「当時、周囲から『どこのコーヒーが美味しいの?』と聞かれることがとても多くて。そこで『美味しいコーヒーを紹介することがサービスになるかもしれない』と考えるようになりました。スペシャリティコーヒーは本当に需要があるのか、まずはオンラインにフォーカスして試してみることにしたのです。それが通販サイトの『ABC coffee』です」

まずは通販サイトでスペシャリティコーヒーの需要を測ったと語る大塚さん

彼が2014年にサイドビジネスとして始めた『ABC coffee』は、スペシャリティコーヒーに特化し、毎月3種類の豆をセレクトして届ける定期購入型のサービスだ。「一杯のコーヒーを通じて、人と人を繋げ、地域コミュニティの絆を深める」ということをコンセプトに、全国のロースターが焙煎したコーヒー豆を発送する。このビジネスが軌道に乗ったことで、グーグルを退社し、リアル店舗の出店を決意した。

「通販サイトでは、コーヒーの味がわからないので注文し辛いというハードルがありました。今後はリアル店舗でコーヒーの味を楽しみ、気に入った人がオンラインのサービスを利用するという流れを作りたいと思っています。お客様への教育も大切です。もともとコーヒーに関心の薄い人は、オンラインで豆を買おうとは思わないですよね。カフェを通して、コーヒーの産地やロースターの焙煎の違い、抽出方法などに興味を持ってもらえたら、業界の裾野もどんどん広がっていくのではないでしょうか」

店舗ではオンライン同様に、月替わりで3種類のスペシャリティコーヒーを提供しているほか、樽に入れたコーヒーを窒素ガスとともに注入することで黒ビールのような泡が楽しめる「ニトロ」も用意。コーヒーのワークショップやテイスティングイベントなども行い、コーヒーの体験価値を高める工夫をしている。

独自開発した会員カードリーダー

ITを活用し「美味しいコーヒー」の再現性を高める

同店のユニークなところは、店舗のいたるところにITを活用しているところである。たとえば、Suicaにも使われている「RFID(非接触型チップ)」を使った会員カードや、カードリーダーも独自に開発。カードをかざすだけで会員情報を瞬時に読み取ることができる。

「会員情報をデータ化することで、どんな人に、どんな風味のコーヒーが好まれているのかという情報をストックできます。その傾向を分析すれば新商品の提案もしやすくなりますよね。将来的には多店舗展開して、会員はどこの店舗でも自由に行けるようにする予定です。会員の分母が大きくなれば、さらに効率よくデータの収集や分析、情報提供ができるのではないかと思っています」

レシピを保存するために用いている「acaia デジタルスケール」

コーヒーを淹れる際にもITを駆使しているという。たとえばコーヒーサーバーの下には「acaia デジタルスケール」を敷き、豆の種類や、お湯と粉の比率、コーヒーを抽出するまでにかかった時間を記録。アプリと連動し、レシピを細かく保存している。また出来上がったコーヒーは、アメリカのVST社が開発したコーヒー濃度測定器に滴下することで、酸味や苦み、濃さを数値化している。

「データを取った上で、実際に飲んで『思ったより苦かった』とか『もっと薄い方が美味しい』ということがあれば、バリスタがレシピを調整していきます。このレシピをチームで共有することで、おいしいコーヒーの再現性を高めているのです。沸騰させたお湯にスムーズに水を足すことで、最適な温度をキープするための特別な機械も導入しました」

アメリカのVST社が開発したコーヒー濃度測定器

スペシャリティコーヒーといえば、職人的な知識と経験が問われる世界というイメージがあるが、大塚さんはどうしてITを導入したのだろうか。

「すべての情報をデータにして分析し、結果を調整するというのは、IT業界では日常的に行われているパターンです。こういうテクノロジーをカフェに持ち込んだら面白いのではないかなと思いました。他の飲食店でも応用できるのではないでしょうか。たとえばお茶をいれるときに、茶葉を蒸らす時間や温度などをデータ化することもできますよね」

デジタルデバイスで美味しさを担保したコーヒーはもちろん、メッシュネットワークと呼ばれる高速Wi-fiが整備された店内は、 ITを活用する人にとっても魅力的だ。いわゆるノマドと呼ばれるフリーランサーや営業マンにとって、気兼ねなく作業できるスペースは貴重である。そういう人たちと相性が良いと思われるのが、同店の環境であり、「コーヒーの定額制サービス」だ。

高速Wi-fiが整備された店内はノマドワーカーにも好評だ

コーヒーの定額制サービスの狙いは?

『アルファベータコーヒークラブ』の大きな特徴は、コーヒーの定額制サービスを導入していることだ。普通に頼めば1杯500円のコーヒーが、月額7500円でボトムレス(飲み放題)となる。月に15杯以上飲めば元が取れる計算だ。定額制にするメリットとは何だろうか。

「このカフェはコミュニティスペースのような使い方をしていきたいので、リピーターを大事にしたいと考えています。自由が丘に住んでいたり、働いていたりする人に対して特典を作ることで、『いろんなカフェに行くより、ここをメインにしたらどうですか』という提案ができます。私たちも会員とコーヒーを共有しながら良いつながりを作っていきたいし、その中からコラボもどんどん生まれると思っています。先日は会員である大学院の講師と組んで、学生を支援するセミナーを行ったんです。そんなふうに一杯のコーヒーを通して、いろいろなことが展開していくのが楽しいですね」

定額制にすることで赤字になることはないのか聞いたところ、「コーヒーは原価がそんなに高いものではないし、一日何杯も飲めるわけではないので、会員全体で見ればバランスがとれると考えている」とのこと。あえて人の多い都心ではなく、自由が丘を選んだのは、ゆったりとコーヒーを飲み、会員同士でコミュニケーションを楽しむという雰囲気に適しているからだそうだ。

コーヒーは1杯500円

Win-Win-Winの営業を目指して

最後に、今後の展開について考えていることを聞いてみた。

「僕の古巣であるグーグルのスローガンは、「Do the Right Thing(正しいことを行え)」でした。自分のビジネスのことだけ考えるのではなく、周囲の人や社会に対しても良いことをしようというのがグーグルの考え方です。自分のビジネスにとってもいいし、誰かの支援にもなり、社会貢献もできる。そんなWin-Win-Winのことを探してやっていきたいんです。ロースターやアーティストを探して店で紹介するのもその一環です。先日は、ドリンク1杯の注文につき、途上国の子供たちに本を一冊プレゼントする『Beer for Books』というイベントにも参加しました。これからも、コーヒーを通じていろいろな出会いやコラボが生まれる空間を育てていきたいです」

最先端のテクノロジーを駆使した快適さと、人を大切にするアナログ的な心地よさが同居しているのは、『アルファベータコーヒークラブ』の唯一無二の魅力かもしれない。

将来的には多店舗展開も計画中

大塚ケビン(おおつか けびん)
スタンフォード大学を卒業後、グーグルのアジア太平洋地域におけるデジタルマーケティングの責任者を務める。本社で1年、日本で3年勤務。サイドビジネスとして2014年に会員制のコーヒー豆通販サービス『ABC COFFEE CLUB』を立ち上げる。その後独立し、自由が丘に『アルファベータコーヒークラブ』をオープンした。現在2店舗目を検討中。

『Alpha Beta Coffee Club(アルファベータコーヒークラブ)』
住所/東京都目黒区自由が丘2-10-4 ミルシェ自由が丘 3F
電話番号/03-5726-8433
営業時間/7:00~23:00(月~金)、10:00~23:00(土・日・祝)
席数/店内32席、テラス約20席
定休日:無休
http://www.alphabetacoffeeclub.com/

<関連記事>飲食店の業務効率化をフレンチの名店に学ぶ。なぜ『L’AS』は5000円のフルコースを実現できるのか?
<関連記事>「これからは賃料0円の店しか経営しない」。東京ピストル・草彅洋平氏の型破りな飲食店経営術
<関連記事>10年後の飲食業界を大胆に予想! 「FOODiT TOKYO 2016」が考える未来の外食産業

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

[PR]
三原明日香

About 三原明日香

これまでに、百貨店の会報誌や、フリーペーパー、グルメ冊子、地域の経済新聞などで取材記事を執筆。社会保険労務士や年金アドバイザーの資格を持ち、人事労務の分野にも詳しい。趣味は都内のカフェめぐりで、とくにチョコレートには目がない。