飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

すかいらーくHD、『ガスト』など全店舗を禁煙に。進む飲食店の禁煙化、大手各店の状況は?

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

2020年4月、従業員を雇っている飲食店を原則禁煙とする東京都の「受動喫煙防止条例」が施行される。これを受けて、早い段階から全面禁煙に踏み切る外食チェーンが増えている。

「ガスト」や「ジョナサン」が全面禁煙

ファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、2019年9月にすべての店舗を禁煙にすると発表した。「ガスト」や「ジョナサン」など、全国約3,200の店舗について4月から禁煙化を進め、9月には全面禁煙とする方針。喫煙室は一切設けず、今まであった分煙ルームは、おむつ交換や授乳スペースなどに改装することを検討しているという。店外に置いている灰皿も撤去するそうだ。

全面禁煙に踏み切った理由は、家族連れでの来店が増えているほか、店舗で働くアルバイトの約3割が未成年のため、従業員の健康を考えた結果、全面禁煙化が望ましいと判断したという。さらに、すかいらーくでは、社長がビデオメッセージで従業員の禁煙を促すほか、人事制度も変更。たばこを吸わない社員を増やした管理職はボーナスの評価を上げるなど、社内でも禁煙化を進めるとしている。

画像素材:PIXTA

外食業界で急速に広がる禁煙化の動き

外食業界での全面禁煙に向けた動きが本格化。多くの飲食店が禁煙化を発表している。

■サイゼリヤ
2019年9月までに全国すべての店舗で原則禁煙とする方針を打ち出した。これまで店内での分煙をおこなってきたが、新規店は分煙席を設けず完全禁煙に、既存店舗も改装を行うと発表した。公式ホームページでは、全席禁煙の取り組み店舗数を表示。現在80%以上の店舗の禁煙化が完了しているようだ。

■ココス
2019年9月末日までに全583店舗と、今後出店する店舗を全席禁煙化すると発表。運営するゼンショーホールディングスは、「子ども連れを中心に全席禁煙を求める多くの要望があり、今まで以上に受動喫煙防止を徹底させるため、全席禁煙にすることを決定した」としている。東京都と千葉県の計3店舗にある喫煙ルームはそのまま活用する。

■モスバーガー
2020年3月までに国内の全1,344店を完全禁煙にすることを明らかにした。現在、店内で喫煙できるのは分煙の約600店と、喫煙専用室のある約100店舗。順次改装を進め、喫煙専用室も設けない完全禁煙にするという。

都内の飲食店で原則禁煙の対象になる店舗は約13万軒。約84%が対策をしなければならない。大手ファミレスが全面禁煙化に踏み切ったことで、多くの飲食店が追随しそうだ。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
[PR]
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌・テレビ情報誌の編集者、求人ライターを経て独立。インタビューしたり執筆したり、平日の昼間にゴロゴロしたりしている。肉食・ビール党・猫背。カフェと落語が好き。