ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

2020年は「おもて無グルメ」が外食シーンを席巻!? 新たな消費者ニーズに注目!

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

二子玉川『ルナティック』の人気メニュー「ロブスターのロースト」。セルフサービスを導入することで1500円というお値打ち価格を実現している

リクルートグループが毎年発表している「トレンド予測」。集積したデータから予測される、各界の動向や変革の兆しをキャッチーな言葉で表現し、それぞれの業界の活性化や課題解決に貢献することが目的だ。

2010年から始まり11回目を迎えた今年、飲食領域ではトレンドキーワードとして「おもて無グルメ(おもてなしグルメ)」が発表された。日本人にはなじみ深い「おもてなし」に、あえて「無い」というエッセンスを加えた理由とは!? ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の稲垣昌宏氏に話を伺った。

【この記事にも注目】10年後の飲食業界を大胆に予想! 「FOODiT TOKYO」が考える未来の外食産業

ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の稲垣昌宏氏

変わりゆく消費者のニーズと外食業界の課題

消費者が飲食店に求めることといえば、大きく分けると「料理の美味しさ」、そして空間や設備、接客などを含めたいわゆる「サービスの質」の2つだろう。一体、どちらがより求められているのか? リクルートが2019年11月に行ったインターネット調査では、外食をする際に重視するものとして「料理(調理技術、食材)を重視する」という声が全体の64.9%を占めた。つまり消費者は「サービス」よりも「料理」を飲食店に求めているというわけだ。

一方、近年の外食業界は「サービス」の在り方について見直す動きがみられ、業務効率化の一環としてサービスを簡略化する飲食店も増えつつある。ここ数年の人件費の高騰により必要に迫られて行っている面もあるが、キャッシュレス決済やモバイルオーダーなど、業務効率化を可能とする新しいテクノロジーが次々と誕生しているのも大きな要因といえるだろう。

これらを背景に、消費者が求める「料理の美味しさ」を担保しつつ、サービスを簡略化することで、より安価に食事を楽しめる店舗が人気を獲得するだろうと稲垣氏は予測。「おもて無グルメ」とネーミングし、2020年の飲食トレンドとして発表した。

「消費者は、すべてのサービスをいらないものだと考えているわけではなく、例えば、ファミリーレストランの深夜料金などは、そこに人件費がかかることまで理解したうえで必要なサービス料だと受け入れています。一方で、お通しのようにサービスの価値がわかりにくいものは必要性が薄いと感じるようになってきています。そうした消費者意識も鑑みて、飲食店経営者は自店舗にとっての『価値が高いサービスと低いサービス』を精査することが重要になってきます」

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
高橋健太

About 高橋健太

10数年の飲食業界での経験を経て、物書きとして独立。交通新聞社『散歩の達人』、Webメディア『FOOD STADIUM』などのグルメ記事を中心に活動。インタビュー記事を得意とする。